« 「WARRIOR」詳細! | トップページ | 函館の旅2 »

函館の旅1

長い夏休みをもらい、長い事北海道(実家)に帰っていた。ああ、やはり最高だったぜ…。東京に戻ったら、トレンチコート来てるガールなどいて、北海道帰る前は灼熱の東京だったから軽くウラシマタロウ現象に陥った…ってはなしは置いておいて、完全実家ボケのままであるが、今回は函館など色々行ったので、旅の思い出を。

出発した日、すごく良い天気で、裏切られた!って思うぐらい函館も暑くて参った。ダメダメ、北海道暑くちゃダメ。
それでも天気いいし、無駄に早い飛行機だったからすごい寝不足と引き換えに、時間たっぷりあるし、ずっと待ち望んでいた函館だし、ウキウキしまくりだ♪
お気に入りの宿、ラビスタ函館ベイに荷物を預けたら、4月にもいらっしゃったワタクシに対し、説明などショートカットしたりお得意様扱いになったり、良い気分にもさせてくれた。

で、ちょっと距離あったけど、慣れ親しんだ函館。宿からテクテク歩き、今回行こうと思っていた一つ目。
「土方歳三最後の地碑」

Dsc_0010

ここ、存在を知らず、友達に「そんなところがあるらしい」って噂を聞き、調べたら駅から近かったから行ってみた。
公園の一角に「一本木関門」と地碑が。近くのベンチに地元っ子と思われるおじいさんが日中ぼっこしていて、まだ朝早かったからかもしれないが、それ以外人いない、静かでキレイな公園である。暑いから木陰のベンチで私も日向ぼっこ。途中で、タクシーで乗り付けた老夫婦が観光に来ていたのみで、のんびりつくろいだ観光スポットであった。

それから、ラッキーピエロで早い昼食を取り、路面電車に揺られ、五稜郭へ。平日だったんだけど、観光客や修学旅行っぽい若者がわんさかいて、結構にぎわっていた。

五稜郭駅から五稜郭公園までちょっと歩くんだけど、ここら辺は通っていた学校も住んでいた下宿も近かったから、よく行ったレストランとか、よく行ったCDショップとか、よくバスが来るまで吹雪をさけて入った靴屋さんがカラオケになったいたりとか、懐かしい気持ちで寄り道したり、あっついなあ!と思いながら歩く。

Dsc_0019

暑いけど、天気いいからキレイな五稜郭公園。
五稜郭公園に出向いた目的は、去年あたりに復元した、「箱館奉行所」である。

Dsc_0034

ここ、五稜郭公園の中にあり、昔は博物館的なものがあったような記憶があるんだけど、『全国から結集した宮大工などの職人による日本伝統建築の匠の技により、当時の姿が再現されました。』(パンフレットより)といった感じで、なんかすごい気合いを入れて作った建物である。
中は再現された部屋があり、人があまりいなくて縁側とか畳とかあるいているだけで気持ちいい。建築のVTRをみる部屋、歴史の解説をする部屋など、小規模だけど、好き勝手にのんびり見れるこういう場所、とっても心地よかった。受付の人も親切だったし、(ひいき目入っているが)さすが函館!いいなあ~♪

それから、近くにある六花亭へ。五稜郭公園の近くにある六花亭はカフェが併設されていて、景色がビューティーらしいから行ってみたかったのだ。

Dsc_0042_2

そこでパンケーキ♪ワッフルとか生ケーキとかあったけど、一番惹かれたパンケーキ♪これ、美味しかったなあ!また食べたい。お店もちょうどいい感じで空いていて、ホットコーヒーは無料で飲み放題だし、時間たっぷりあるし、歩き疲れたし、けっこうゆっくりしちゃった。お店でもいくつかお土産など買いつつ、行きたいところもう行きつくしたなあ…と思っていたら、ちょうど、あと一時間で到着する!という連絡が母からあり、慌ててお店を出たところで、続きはまた!なのだった。

|

« 「WARRIOR」詳細! | トップページ | 函館の旅2 »

その他」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「WARRIOR」詳細! | トップページ | 函館の旅2 »