« 気付く! | トップページ | 偉大かもしれない »

最高の一日

私には、最高の一日と言える日がある。
それは、高校受験の前日。受験と言っても、推薦だったから面接と、論文もあったかな…ぐらい、受検自体は記憶があやふやなんだけど、その前日。ただ、母と一緒に函館一泊をしただけの一日だ。

実家はお店屋さんをやっていて、休日は無い。だから、家族旅行とかも数えるほどしか行った事が無く、それも、すごく小さいころにルスツとかルスツとかルスツとか。
函館は旅行というより、目的が仕入れになり、仕入れは朝なので、出発はいつも早朝。それで、お店を長くしめてられないから、家族全員で行く事は滅多になく、あったとしてもパッと買い物や用事を済ませてすぐ帰る感じ。

私にとってはそれが普通で、たまに、友達や親戚の家族とお出かけすると、景色のいいところや遊ぶところに寄り道したり、帰りが遅くなるぐらいにいっぱい遊ぶから、すごく新鮮だったりした。

受験の前日は、母と二人で函館に向かったんだけど、まず、母と二人で函館に行くって事自体がすごく珍しかった。もしかしたらこれが初めてだったかもしれない。その日は吹雪で、雪道を嫌がってあまり冬は運転しない母だから、すごく安全運転でノロノロ。でもこの日ばかりは急ぐ必要はなく、一泊するだけだから、ゆっくりゆっくり走る。これだけで楽しい。

受験する高校の近くにホテルをとっており、どこかで夕食を食べ、本屋で雑誌を買い、いつもなら絶対ダメ!って言われるけど、この日ばかりはミスドでドーナッツ買うことを許され、ホテルで食べたものだ。
このミスドって所が、重要ポイント!田舎者の子供にとって、ミスドとかって、何かすごい特別なブツなのだ!小学校の修学旅行で札幌に行った時、当時札幌に住んでいた姉がホテルにミスドを持ってきてくれ、みんなでワイワイ食べた思い出もまた、ミスドが何かすごい特別なブツだって事を証明していたり!していなかったり!

で、確か、音楽雑誌だったと思うんだけど、それを見つつ、ドーナツを食べ、一応受験前日だからちょっとだけ予習をし、何故かツインじゃなくてダブルの部屋で、母と二人でゆっくり過ごした。

ただこれだけの一日なんだけど、多分これ以上の日は今後無いんじゃないかって思えるぐらい、最高の一日だった。

大人になってからは、母と二人、東京で買い物したり、箱根温泉行ったり、ふたりっきりをそれなりに楽しんだが、何でかはよく分からないけど、あの日以上の日は未だ無い。

ところでGW周辺で数日休みを取り、また実家に帰ろうと思っていて、一泊付きのツアーにした。前々から泊まりたいと思っている「ラビスタ函館ベイ」いっぱあく!をバギっと予約し、楽しみにしている。
ちなみにこのホテルは海に近いから、津波の被害にあったようだけど、復興してくれてよかった。

年末に帰る時、函館一泊するたびに母も来ないかと誘うが、冬だから運転ムリムリと断れるばかりで、いつも父が仕入れついでに早朝迎えに来る感じになる。だけど、今回は冬じゃないじゃん!何なら北海道は桜ちょうどいいんじゃね?ぐらいだから、母も一泊出来ないかしら?と、ダメもとで誘ってみたら、行く!って言うから、速攻ホテルに追加をお願いしてみた。時期がら、一人追加だけでめっちゃお高くついたけど、母と二人、ずっと泊まりたいと思っていたホテル、温泉もあるよ、でゆっくりできるから、お金なんて何てことない。他で節約すればいい。

だから最高の一日の、次ぐらいの一日になればいいなあと、そんなGWを楽しみに、がんばろうと思うのだった。

|

« 気付く! | トップページ | 偉大かもしれない »

その他」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 気付く! | トップページ | 偉大かもしれない »