« 観劇の8月 | トップページ | 思い出のアイス »

好きなものに会いに行く

スピッツの「夜を駆ける」ループが止まらない。元々好きな曲だったけど、なんっか止まらない。
中学時代から好きで聴き続けているスピッツは、恐らく一番好き期間が長いアーティスト。「ロビンソン」で知って好きになったから、「ロビンソン」が入っているアルバム「ハチミツ」以降と、それ以前の楽曲、っていう風に、私の中で、スピッツ第一期、第二期みたいなイメージで区切りがついている。

その第一期の中では、アルバムで言うと、名曲揃いの「名前をつけてやる」、オーケストラちっくが素晴らしい「オーロラになれなかった人のために」が好きなんだけど、曲単位だと最初のアルバム「スピッツ」に入っている「テレビ」は長い事トップに君臨していた。スピッツ好きの友人には「?」って言われ続けた「テレビ」好き。何がいいって、何がいいかわかんない所が良い。意味不明な歌詞がまた更に良い。こう解釈する。とか、こんなメッセージを受けた。とか、いっこも関係ないぜ!って感じが良い。

それで、第二期に入り、「ハヤブサ」収録の「甘い手」ですっかりやられちゃって、この二曲が第一期と第二期を代表する好きな曲だったんだけど、ここにきて何度も聴いていた「夜を駆ける」がきちゃった。

スピッツは、マサムネさんがチョイスする言葉の感覚が独特で、ちょっと不思議。ちょっと変。な感じが好きだ。
「夜を駆ける」は、ちょっと調べてみたら、無機質な場所で遊ぶ子供たちの光景がオアシスに見えて、イメージを膨らませたとあったんだけど、一方では浮気の曲っぽいとも解釈されているようで、オアシスはいいとしても、浮気には驚いた。

誰もがわかりやすーい歌詞じゃない限り、解釈はどうとってもいいんだろうし、「夜を駆ける」を10人が聴いたら、10人が全く違う情景を思い浮かべるかもしれない。

で、最近、よくわからないけど「夜を駆ける」を聴くと心がグッとなって、中島みゆきの「忘れたふりを装いながらも、靴をぬぐ場所があけてあるふるさと」っていう歌詞に、「泣いちゃったよオレ」ってなった黒板五郎の如く、泣けてくる。
何でだろう?と考えたら、とにかく、好きなものに会いに行くってイメージがあるからかもしれない。

ちょっと気が遠くなりそうな最近。長い。次の旅まで長い。旅っつーか、ポルノのライブまで長い!実際の日数的にはそんなに長くないんだけど、最近の状況を踏まえ、心境的にながーい!
そんなモンモン抱いているから、「好きなものに会いに行く」イメージがある、「夜を駆ける」ループが止まらないのか。それも、なんか頑張ってイヤな所から飛び出して、「君と遊ぶぅぅ~♪」ってなるから、はやく遊びたいわ!ってヤキモキしてるっつーか。

そんな最近。この前、二個目の更新グッズが届き、おやおやもう私はポルノファン3年目に突入ですか。ってなったし、とにかく来週末の和歌山!を「夜を駆ける」スピードで、好きなポルノさんに会いに行くのだった。

|

« 観劇の8月 | トップページ | 思い出のアイス »

その他」カテゴリの記事

ポルノライブ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 観劇の8月 | トップページ | 思い出のアイス »