« 東北に∠TARGET! | トップページ | 「いばらのもり」DVD感想 »

ストラップ合戦

今日は!「いばらのもり」DVD発売日ダー!というわけで、いそいそとローソン屋敷に討ち入りし、ついでに次のどうでしょうDVDを予約し、そそくさと帰宅し、バギっ!とDVDプレイヤーに入れ、ビシっ!と再生している今日である。
ここ最近のNACS関連のDVDで、発売を楽しみに待つのは、どうでしょうを抜くととっても久々。
いばらのもりは、いくつか見た事あるけど、全部はない。もん太編DVDから見出したら、しょっぱなのモリ侍リターンズとか色々見たことないのが入っているから嬉しい。現在のモリと洋ちゃんの枠があるのも嬉しい。この二人っていう組み合わせ、珍しいからとっても新鮮で、洋ちゃんがモリで遊んでいる感じ、好きだなあ!そして、ハナタレよりも昔のいばらのもり。そう、若い!若いぞなっくすー!って感じが、面白いなあ!

ところでもん太セットにしたんだけど、ローソン屋敷の奥から取り出されたソレは思いのほかデカイ。しょうがないから胸に大切に抱え、帰宅ラッシュにもまれ、なしてこんなにデカイんだべ?と開くと、額っぽい入れ物に入っていて、後ろの紐にはもん太がぶらさがっている柄。じゃまくさいから捨てたいんだけど、ちょっと捨てるのに困る。だって!ぽっかーんとした顔のもん太が白タイツを惜しみなく見せ、紐にぶら下がっているのだ!なんか、捨てるの申し訳なくなる!どうせそのうち捨てるけどね!

で、もん太くんベアブリック。いい。なんかいい。ストラップ形式になっているので、早速携帯につけてみたら…じゃまくさい(笑)
しかしそこは愛してやまないもん太くん。だけど愛してやまないオナー兄さんとぶつかる。もん太VSオナー兄さんの戦いが今!始まった!つまり、モミ手VS足りない足りなあーいの戦いが今!始まった!だから、白タイツVS赤玉の戦いが今!って、しつこいか!

ストラップと言うと、話はポルノのほうへ、愛が呼ぶほうへいくんだけど、ターゲッ湯ね。ターゲッ湯のチャームね。
これ、可愛い。ちゃちな感じだが、可愛い。最初は、どれか一個でもあればいっか♪ぐらいに思っていたんだけど、実際ライブに行って売り場にあると欲しくなり、人がつけているのを見ると欲しくなり、富士市では買えなかったから、神奈川で二個買い、その後、盛岡、青森でも一個ずつ買っている。つまり、一ライブ一個。
神奈川では「アニマロッサ」と「IN THE DARK」湯だったので、どっちでもいいんだけど、何となく、こうしてみた。
富士市「IN THE DARK」
神奈川「アニマロッサ」
盛岡「MONSTER」
青森「ネガポジ」
次は、大宮♪なので、そこでもまた違うモノを狙おう。
だが、いかんせん入浴剤を使わなければ、チャームは入手できない。入浴剤を使わずにチャームだけを取り出すのが性格上出来ないので、家ではシャワー人間を決め込んでいるが故に、旅行先のホテルなどで入浴剤を使わなければチャームが取り出せない。
盛岡と青森ではきっちり入浴し、だから、緑が可愛い「MONSTER」と、ピンクが可愛い「ネガポジ」はゲッツできているから、次の大宮含め、未使用が三つになる。そう、三つ。ということは、三入浴。ああ、三泊かあ!と叫んだのは、ジャンボリー北海道旅行が三泊だから!三入浴し、三つ取り出せちゃうわけ。ナイス三泊♪

結論として、何年つけてるんだかわっかんないオナー兄さん、もん太くん、ターゲッ湯チャームいくつか。というストラップ構成になっているマイ携帯。正直、オナー兄さん取るとしっくりくるんだけど、どうしても外せない。そしてもん太くんは、乱暴に扱う携帯ストラップでは壊れちゃいそうなので、ある程度満足したら携帯から卒業し、コルクボードなどに移動してもらうとして、しばらくはコレで楽しむ、すっかりNACSとポルノナイズされた携帯なのだった♪

|

« 東北に∠TARGET! | トップページ | 「いばらのもり」DVD感想 »

NACSテレビ・DVD」カテゴリの記事

ポルノ雑記」カテゴリの記事

コメント

あなたの、オナー兄さんへの愛は、とっても一途なのね☆
すばらしい!

1週間前は、ありがとうございました♪
楽しかったーヽ(´▽`)/
シアワセです! ←私が言っちゃった(^皿^)

投稿: ストラップ替えまくりR先輩 | 2010年6月27日 (日) 18時55分

オナー兄さんへの愛は不滅です!!!
HONORもオナー兄さんもストラップ自体も好きなうえ、長いことつけてるから、非常な愛着も相まっており…。
こちらこそ!ありがとうございました♪
楽しかったね、私もシアワセです♪(笑)

投稿: イコ | 2010年6月27日 (日) 22時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 東北に∠TARGET! | トップページ | 「いばらのもり」DVD感想 »