« レッツ相殺 | トップページ | 元気の糧 »

かりと様の謎

今日は牡蠣の土鍋を食べた。美味しかった。
…という日記ぐらいどうでもいい最近の出来事を。

私が住んでいる家の前を通り過ぎる時、大声で歌っている人が時々いる。外の声って普通に話している程度でも内容がわかるぐらいだから、大声で歌っていると嫌でも耳に入ってくる。

金曜や土曜に遭遇確率が高いのは、酔っ払いが多いせいだろう。酔っ払い歌のクオリティなんてたかが知れているし、チャリとかだとドップラー速度だからそんなに気にならないんだけど、最近遭遇率が高い歌い手が気になっている。なんで気になっているかというと、歌のクオリティが非常に高いからだ!

声、強弱、感受性、ビブラート共に、窓の外の歌い手としては本格的すぎる。例えるなら、がくとっぽい感じだ。どうでもいいけど、お正月、芸能人が食べ物とかの高価な方を当てるってヤツを家族勢ぞろいで見ていた時、兄がやたらがくと様がくと様と「様」付けで言っていたのに気がついた。私以外はその番組も以前から見ていたらしく、がくとはいつも当ててすごいらしく、やっぱがくと様はすげぇなぁ!と言う兄。それが移ったのか、両親もいつの間にかがくと様がくと様と「様」付けで言っていたのにも気がついた。そんなにもがくと様を愛する我が家族。

で、その歌い手はがくとっぽいので、がくと(仮)と勝手に呼んでいたんだけど、(仮)とするにはクオリティ高すぎるので、がくとかりでもちょっとアレなので、かりとと呼ぶことにした。更に歌のクオリティがやっぱり高すぎるので、家族を見習って「様」付けをして、かりと様と呼ぶことにした。

かりと様はチャリ派じゃなく、徒歩っぽいので、素晴らしい歌声をたっぷり聞ける。悔しいのはいつも何の歌かわからない事。がくとのかもしれないが、がくとの曲はよく知らない。だからといってポルノを歌って欲しいとは思わない。複雑だ。
いつの間にやらかりと様の歌を待ち望んでいる自分がいることに気がついた…って、そんなわけはなく、大声で歌いながら歩いている人が、やたらとクオリティ高いってのがちょっと面白いだけで、窓を開けてお姿を拝見!ってのも全く(怖いから)したくない。だから尚更、頭の中でかりと様はがくとになっており、いつかバッタリ外で遭遇してものすごいおっさんとかだったら…と思うともっと好きになりそうなので、そんな事があったらまた報告する。
…って、ホント、どうでもいい事書いたが、かりと様の謎は深まるばかりなのだった!

|

« レッツ相殺 | トップページ | 元気の糧 »

その他」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« レッツ相殺 | トップページ | 元気の糧 »