« 最高を越えて | トップページ | 金曜、土曜(ライブ前) »

「東京ロマンスポルノ’09 ~愛と青春の日々~」感想

記憶がホットなうちに書きます!長いです!いやんなるぐらい長いです!最長です!気が遠くなります!
前提条件としては、今回初めてライブ中にメモを取る手段にでた事と、アリーナ前方ステージ向かって左端の方にいたという事。

会場が暗くなって、わー!となるあの瞬間が好きだ。鳥肌が立つ。そしたら後ろの方で和太鼓とか笛?とかの演奏が始まる。結構長くて、来た…ホントに「和」が来た…と思いつつも、ポルノはいつだ!

セットリスト通りに行こう。メモを取っていたのに順番間違えていた…。だから公式に出てたのがありがたい。

1曲目は「Jazz up」。実はこれ、お友達のミナちゃんが前々から、1曲目は「Jazz up」じゃないか?と予想していて、段々私も「Jazz up」な気がしてきて、最終的には1曲目「Jazz up」以外考えられなくなっていたもんだから、ホントにそうなった時、妙な納得があったものの、やっぱり大!興!奮!ワーキャー言いながらもう興奮しすぎてあんまり覚えてないぐらい。
でも早速晴一が左端に来てくれて、うわー素敵…と思っていたら、大画面では髪型を直している昭仁が映っていて、あやうく見逃すところだった。
ポルノの言うまでもなく素敵なお二人が登場した時の事。晴一が出てきたのが見えなくて、どんな出方だったのかわからなかったんだけど、昭仁は逆立ちして出てきたのはわかった。だから曲中髪型を直す強行に出たのかと今では思うが、その時はよくわからなくて、え、なに?演出?と、まぁ大!興!奮!してるから頭も回らない。

2曲目に「グァバジュース」が来た時には、ゾクっとした。昨日も書いたけど、今日は何かが違うって感じがした。
私が参戦したポルノライブではそれぞれ当然最高な所もあったけど、「ロマンスポルノ'08」はSランクがひとつも無く、FCUW3はえ?ベストの宣伝?だったし、「ロイヤル ストレート フラッシュ」はSランクいっぱいあったけど、シングルも多かった。
だから、予想というか希望通りの「Jazz up」、そしてまさかの「グァバジュース」。もうわかった。今回のセットリストは最高にスペシャルだと決まってる!

次の「Time or Distance」で思い出深いのは、お友達のみなさんが曲名わからなかったって事。私は最近ファンになったクチだから、ポルノ的知識は薄いが、その分古いのから新しいのまで満遍なく曲はバカみたいに聴いていて、「Time or Distance」もそう。割りと好きな曲だ。だから何だかそんなやりとりがしっくりきて面白かった♪

そして!そして!そしてぇー!きてしまった!「ラック」!あの「ラック」だ!みんなが好きな「ラック」だ!曲もライブもPVも何から何まで最高な「ラック」だ!
何が何やら!と、狂喜の最中わけわかんなくなるぐらいだったんだけど、この時、昭仁が近くに来てくれて、そう、あの「ラック」を目の前で拝んだのだ!この光景は絶対に忘れられないものになるだろうと、もう魂!で聴いたね!汗とか涙とか鼻水とか体中からあらゆる水分が出てきたね!何度も何度もライブDVDで見て、憧れた「ラック」。生涯初の生「ラック」。ええ、それはそれは最高でした。

ところで話が変わって、その「ラック」に入る前ぐらいまで、大画面で昭仁の顔を見ていた時に思ったのが、「ロイヤル ストレート フラッシュ」代々木一日目か二日目で、良い話を聞いたという話をしていた時の昭仁の表情と似ているという事。どう表現してもしっくりこないぐらい説明が難しいんだけど、近い言葉をがんばって捜すと、無表情、緊張の顔、決め顔、ジーンとしている顔、それらをいい感じに混ぜたような…難しい。とにかくその表情が大好きで忘れられなく、その近い表情が東京ロマンスポルノ序盤でも見られたのだ。
で、その昭仁。ちょっとふっくらしていたみたいで、黒のスーツだったから、言い方悪いけど灼熱の中外回りをして疲れたサラリーマンみたいに見えて、それがもう、可愛くって可愛って(笑)
好きです。ええ、好きですとも。

そしてメモによりますとここでMCに入る。
朝一でポルノ公式チェックしたから、ギリギリ録画成功であーよかった♪の、めざましテレビで放送されてたけど、昭仁の「ようこそライブハウス東京ドームへ」と、晴一の「この大きさを例えるなら東京ドーム1個分」はここのMCだったはず。浮かれ気分でぇー!もやった。大好きな「テンキュー」も聞けた。
年齢にちなんで、35曲という大ボリュームだったから、MCは短かったように思う。

「アニマロッサ」はあまり覚えてないけど、チュールチュッチュッチュール♪も歌っていたなぁー!という感想しか…。というのも、次が「ビタースイート」で、FCUW3東京の1曲目で衝撃を受けた以来の「ビタースイート」がとっても嬉しく、もちろん大好きな曲。ライブでもかっこいい。夢が次々叶って目まいがしそうな程だった。

続く「Name is man ~君の味方~」はとっても意外!ビックリした。「グァバジュース」以上にビックリした。CD聴く限りあまり好きな曲じゃないんだけど、マニアックな曲をライブで聴くのがとっても快感なので、全精力を上げて歓迎♪
「ダイヤモンド」ではメモによるとお尻フリフリ。昭仁だ。この曲でも近くに来てくれて、この曲もあまり好きじゃないんだけど、そのフリフリ具合と明るい曲調と昭仁の可愛いらしさと(笑)で、思いがけず楽しい曲だった。

終わりが見えません。続いて「ドリーマー」。この曲は「SWITCH」を見て、残酷な程の編集な「SWITCH」であるが、それでも楽しそう!と思ってた。いつかライブで聴きたいと。あのプップップーから、「タダイマ画像ガ」の辺りが聴きたかった。プップップーみんなでやってて楽しくて、ただ、「乱レテイマス」の所、「SWITCH」見るとスゥーッ!と上がっててそれがツボに入ってたもんだから、そんな弾けた感じじゃなく、柔らかく歌っていたように記憶していて、ちょっと残念に思った。

「アゲハ蝶」はやっぱりやるだろうと思っていて、でもちっとも残念ではなく、真新しさは無いがとにかくラララーが感動的で歓迎している。今回はラララーが長かった。振る腕も疲れたもの。それで、会場のラララーをじっくり聴きたくなって、会場の声だけになった時、何度か歌わず聞き耳立てた。感動的かつ、腕も小休憩。でっかい会場だから、音の伝わりも時差があってラララーもズレるがそれもまた感動的。その後に昭仁と会場のラララーが一緒になる所も感動的。総評、超感動的!

そして「うたかた」の前に、琴が入る。ここ結構長くて何の曲だろう?とヤキモキしたのを覚えているが、始めて見る琴の演奏に芸術を感じて見惚れていたのも覚えている。
それで、「うたかた」が流れた時、な~る~ほ~ど~ザ・ワールド!状態。予想に反して「ロイヤル ストレート フラッシュ」でやらなかったし、「SWITCH」のちょこっとと「横浜ロマンスポルノ'06」を見ていつか生で体験したいと思っていた曲だから、これもまたとっても嬉しくて、琴が入りますます美しい「うたかた」に惚れる。

で、「ラビュー・ラビュー」は、ずっと前からやるだろう予想に入っていた1曲。というのも、「ロマンチスト・エゴイスト」枠というのが私の中にあって、例えば「ロイヤル ストレート フラッシュ」で言えば「リビドー」がソレ。ライブで1曲は必ず定番やシングルじゃない「ロマンチスト・エゴイスト」の曲が入るだろうと勝手に思っているのだ。だから、ずっとやってない「ラビュー・ラビュー」が来るかも!と、そして来た時は、僕は本当いっしょうけんめい~嬉しいね~♪だった!もちろん予想に入ってるって事はやって欲しい曲だったって事もある。

言うなれば荘厳!だった「元素L」。「ラビュー・ラビュー」からだったかもしれないけど、バイオリンとかの弦楽器隊がいつの間にかいて、何重にも重なる音色が美しく荘厳。CDより何倍も素晴らしかった1曲。今回では一番、ライブだからこそ素晴らしかった曲かもしれない。「雨なら傘を晴れたらランチを」部分がとっても好きで、ライブでもそこでジーンときた。

「夕陽と星空と僕」はやられた!と同時に、うん、今日ならそれさえも叶うんだな。と妙に納得した。これも「うたかた」同様、「横浜ロマンスポルノ'06」見てずーっと聴きたいと思っていた大好き曲。「元素L」に続いて荘厳だったのかもしれないが、「元素L」に押されてあまり覚えてないけど、体験できて言う事ない。そういえば後半の星空がキレイだったのを思い出した。
いわゆる中盤のバラード流れの最後、「ライン」も意外。切なくて辛くて美しくてちょっと好きだ。メモには「ライン」の所で「出だし」とあるから、全く覚えてないけど何か違ったアレンジがあったのかも。

中盤のバラード流れと言っておきながら、大ボリュームな東京ロマンスポルノの事、まだ20曲ある。どうしよう終わりが見えない。

次の「邪険にしないで」の前は覚えている。広島弁で告白をみたいなMCがあったからだ。
ここではR先輩の書いたメモを拝借(解読)し、覚束無い記憶を加えますと、「お前の事ブチ好きじゃけ」最初だからこれは昭仁か。「映画の内容覚えてないよ、お前の事見てたし」これは晴一だ。広島弁じゃないから、これを広島弁にすれば正解にたどり着くと思う。次の昭仁は長かった。電気消したいとか最終的に「させろ」とかになったはず(笑)
晴一は恥ずかしがって、ノリノリな昭仁に苦言を呈したような。そして、え?言った?みたいになったような。そして最後は昭仁の「邪険にしないで」で、曲に入る。
この曲は徐々に好きになってきた。言うなれば、好きか嫌いかで言うたら好きよ♪

「Light and Shadow」はあー!と思った。やるか!と。アルバム「ポルノグラフィティ」の中でも、好き3曲のうちに入る。正直今はジワリジワリ来ている「空蝉」が聴きたかったが、昔からこういう「流れる曲」的なものが好きだった。聴けてよかった。

そう、次は「惑星キミ」だ。好きです。大好きです。「渦」を抜くと、「WORLDILLIA」の中で一番好きです。かなり早い段階でハマッた曲だ。どっぷり来て、とっくりとじっくりと一時期は繰り返し聴いていた。愛して止まない「74ers」の叶わぬ夢がドンっ!と突然降って湧いたような、だから本当にこの日は茫然となるぐらい震えた。天井に惑星の映像が投影されていてとってもキレイだったのも覚えている。
ここまで夢が叶ったら、そりゃー「まほろば○△」だってやるわ。思い出した。この曲も昭仁が近くに来てくれたのだ。そこで寝そべって卑猥な動きをしたのだ。というかそれしか覚えてない。

ここから長い映像タイムに入り、メモには「魚」って書いているから、全く覚えてないけど魚の映像があったのかも。
映像を見ながらがんばってメモしていったんだけど、単語だから意味不明。「手のひら」「熱気」「汗」「タオル」「愛する手」「夢」「青春」「よしお」(ちなみによしおは2回)「大切なもの」「つわたってる」「音楽届いてる」「つむいだ言葉」「そばにおいている」ほうら意味不明…。
映像のポルノのお二人が交互に、大切そうに話す。何か単語があって、その単語から疑問の言葉が発展していく感じ。○○ですか?○○じゃないですか?○○だと思いませんか?みたいな感じ。最終的には「愛と青春の日々」という言葉になったはず。
「これからも続くと思いませんか?」と書いているのは、「愛と青春の日々」が、かもしれない。
覚えているのは、晴一の「毛先を遊ばせてみた」と、昭仁の「分け目を変えてみた」。大切そうで難しく、覚えていたいという気持ちと、その時感じたいという気持ちがぐっちゃになって結局どっちもうまくいかなかったこの映像タイムだけど、そういった笑いもあって、すごく不思議なひとときだった。

ステージ上にミュージシャンが帰ってきて、髪型とか服装とか変わって始まったのが新曲、「Rainbow」。
この曲、ポルノの曲だと思えなくて、昔の誰かの曲かと、だからコピーだと思ったのだ。でもコピーなら誰かが知ってそうだし、でもまわりを見わたしてもそんな反応がなくて、誰もが初めて聴く曲だ。という顔をしていた。最終的には新曲?と確認し、新曲だと落ち着いたんだけど、二つ目の新曲まで、「Rainbow」という新曲だと発表なかったもんだ。
そんな「Rainbow」は、とにかくポルノの曲だと思えない感じ。あまり覚えてないけど、私はとっても好きになると思った。CDになるのが楽しみだ♪

さてさてとうとう来た。「渦」。そう、うず。もう、うずうずしちゃった♪
…って、下らないこと書いちゃうぐらい「渦」は、発狂した。発狂して茫然とした。だって「74ers」じゃあるまいし、「ラック」やったから、「渦」までやってくれるなんて、そんな贅沢考えられない。でも来たのだ。夢じゃないか?ドリーマーなのは私じゃないか?と思ったけど、どう聴いてもそれは「渦」で、そんな感じでどうしようもなかったのであまり覚えていない…。好き過ぎる曲ってのは大概こうなるジレンマだ!

この直後、興奮のあまり、隣のR先輩にあと「音のない森」が来たら死んでもいい!と叫んだのを覚えている。で、来ちゃった(笑)
いやー「74ers」じゃあるまいし、まいっちゃったよ。「音のない森」にまいっちゃったよ。
それも、「PURPLE'S」と同じ、間奏が長いバージョン。「音のない森」をいつか聴けるとしたら、「PURPLE'S」バージョンが良い!と思っていたんだけど、それが来ちゃったよ。しかも和太鼓、琴が加わって更に素晴らしくなっているし。でっかい和太鼓のドン!ドン!という鬼気迫る音が忘れられない。
最後の歌声だけになる所は、昭仁のギターが入って、声だけにならなかったのが残念。ここは声だけ!絶対声だけ!でもそんなのもどうでも良くなる。だって「音のない森」だ。とにかく好きなんだ。曲も歌詞も世界観も全部全部完璧に好きなんだ。CDだけでいつもジーンと震える程なんだ。ライブとなったらどうしようもないんだ。何度も思った「夢でしょ?」を一番思ったのがココ。こんなに最高な瞬間が訪れるなんて信じられなくて、幸せすぎて立ち尽くす。

「音のない森」でこんな風に魂抜かれたから、次の「ナイトトレイン」は反応が遅れ、何の曲だっけ?と、森にイっちゃってた魂が戻るのに苦労したもんだ。というわけで「ナイトトレイン」は省略!

もういっそ、ココログの限界に挑戦している気になってきた。終わらないライブ、そして私!
「Century Lovers」は横がワゴンになって後ろに移動。その間にでっかい風船が飛んできて、それが割れると通常サイズの風船が登場。緑色の風船をいただけた。ライブのロゴが入っていて可愛い。
そんな事をやっていたらポルノのお二人がワゴンで左右から後方ステージに到着。後方ステージに行かれると全く見えないので、チラチラと前の大画面を見つつ、フーフータイムはやってくる。フーフータイムは場所によって分けたりせず、結構短かったかも。
「Century Lovers」は飛びまくる曲で、とにかく楽しむ曲。そういえばこんだけやって、飛びまくる曲が「Jazz up」以来だ。
その場所のまま、「幸せについて本気出して考えてみた」。ここではポルノのお二人が並んでお尻をフリフリしていたのが可愛くって目頭も熱くなるし、拳も熱く突き上げるし、「ロマンスポルノ'08」では見よう見まねだったこの曲もスキルアップした今や100%楽しむ事が出来た♪楽し過ぎるぞこの曲も!

そこから前ステージに戻り、「今宵、月が見えずとも」になる。これは意外だった。「ロイヤル ストレート フラッシュ」のが印象深すぎたから意外だった。でもやっぱりかっこいい。バババババ!ってとこが好き。
そしてMC。めざましテレビでも映っていた「一生懸命」の垂れ幕が落ちる。これ、晴一が書いたんだ!と知ったのはめざましテレビのおかげ。
どうでもいいけど、この垂れ幕あたりから、目の前の大画面の他に、ステージサイド席の為の大画面も見えて、大画面が二つ見れたんだけど、しばらくして垂れ幕落ちた頃か、更にその後ろにも大画面が見えて、昭仁ばかりを映す映像。アンコールの新曲では歌詞が映ってた。良くわかんないけど、大画面が3つも見えるという不思議な経験をした。

「A New Day」は、あ、そうか。と、納得した。言うなー!を大声で叫びたかったので、それが出来て満足♪そしてこの曲も好きになってきたのは、ライブの魅力が大きい。言うなー!の前に、昭仁が「わかっとる?」って言ってのも楽しくて、わかっとるわ!それこそ言うまでもないわ!言うなーじゃ!と心が飛び跳ねてハシャイだ♪
あーもう楽しい♪

ここから怒涛のシングルが続き、あーもう楽しい♪に追い討ちをかける「ミュージック・アワー」。
何度も書いているように思うが、ジェーオーピージー♪を聴くだけで血が煮えたぎるのだ!これは本能だから仕方ない!とにかく楽しい。とにかく大好き。何度経験しても飽きない。何度もライブで血が煮えたぎり、飛び跳ね、変な踊りをしたいって思わせてくれる曲。この時も昭仁が目の前に来たのも最高!
その真逆、「ジョバイロ」は、省略!と言いたいぐらいの曲だけど、前述の昭仁ばかりを映す大画面が見えたので、それを楽しむ。本間さんの良い仕事レクチャーをR先輩から受けたのも楽しかった♪
「サウダージ」は何故かいつもそうだけど、あまり覚えていない。あまり好きじゃないのかもしれない。
そして辿り付いたアンコール前の最後の曲、「この胸を、愛を射よ」。この曲もあまり好きじゃないから、事前にやらなくてもいいなぁなどと思っていたんだけど、「ワンウェイチケット」時代から、ライブで聞くとわりとジーンとくる。ライブの力って本当に凄いと思うのは、こういう曲を聴いた時。そう、これもまた荘厳だったのだ。

ここまで来たら誰も読んでないじゃないか?と思いつつも、自分の記録のために書くけど、いよいよアンコール。
まずMCが入り、ポルノポルノ卑猥な言葉を…といつもの昭仁の言葉。そして新曲について。さっきの新曲は「Rainbow」だと言ったのもココ。
そして新曲二つ目へ。タイトルは未定。これが次のシングルになるんだろう。
これもまたあまり覚えてないんだけど、早口だったのと、これはポルノらしい曲だとは思った。そして、初聴きでは不思議な曲だと。難しくてついていけなかったんだけど、何度も聴いたらすごく好きになるかもしれない。早くCD欲しい。

その後メンバー紹介になり、晴一ー!と昭仁ー!と大声で叫ぶって、ホント何とも言えない快感だ。お二人の良いコメントがあったかもしれないけど、覚えてない。
「アポロ」が来る。いっぱい観客が歌って会場一体感。えっと…その他省略!
「ハネウマライダー」が来る。省略しないぞ!だって好きだもん!「ミュージック・アワー」と同じ意味で大好きだもん!タオルを回す。タオルを投げる。あー楽しい!そしてここでは、晴一が近くに来てくれて、ナント!ギターソロを!目の前で!いやーまいっちゃった。今回の「ハネウマライダー」も最高!

さてさて辿り付いた最後の「ジレンマ」。アンコール3曲目に「ハネウマライダー」だったから、マサカ終わりじゃないよな?とビクビクしたけど、あって良かった。最後はどうしてもコレが大好き。ライブの最後は終わっちゃう…と寂しく思うけれど、「ジレンマ」があるからそれにワクワクする気持ちが重なって、何とかなるのだ。そんな意味でも、ただただ飛び跳ねて最後の力を振り絞って楽しむって意味でも、大切なのだ。

そんな35曲。すごかった。すごい人たちだ。そしてすごい楽しい事をしてくれる人たちだ。次のツアーも春に…みたいな事を言っていたし、こんな楽しい事がまだまだ続くのかと思うとゾクゾクする。
DVDにならないみたいだけど、DVDになっていたら間違いなくトップランクに君臨するDVDになっていただろう、ものすごいライブだった。こんなの初めてだ。最高を越えた!今でも震える。半年分のライブ飢えが一気に解消されて、次のライブまでの活力も貰って、それでもまだ余りある感動、感激、感傷、最高!

最後に、最後の生声。メモりました。
晴一「好きじゃけねー!」
昭仁「お前等の事一生離さんけーねー!」

ええ、大好きですとも。ついていきますとも。と思った、最高にスペシャルな2009/11/28なのだった♪

|

« 最高を越えて | トップページ | 金曜、土曜(ライブ前) »

ポルノライブ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 最高を越えて | トップページ | 金曜、土曜(ライブ前) »