« セミが死んだ | トップページ | 絹ずれ »

「赤鼻のセンセイ」と「コールセンターの恋人」

何だかんだ言っても、最後まで見た「赤鼻のセンセイ」と「コールセンターの恋人」。

まずは「赤鼻のセンセイ」について。
最初はきもちわり~!って思ってた石原役の洋ちゃん。いや、マンマとドラマの思惑に乗せられてしまい…。慣れって恐ろしいね!という結論に。前半は石原が色々破天荒にやっちゃう事件勃発だたいへ~ん!でもそんな事件を通して、徐々に子供たちと近づいていくみたいな、ありがちなドタバタ人情だったんだけど、後半は病気が深刻化にズームアップ。
そのズームアップにマンマと乗せられ、アノ子はどうなるのか!と気になるハメに。
というか、やっぱり子役…というには大きいけど、中学生が良かった。特に、和田っち役の子が良かった。調べたら、須賀健太という役者で、なんか見たことあるなぁと思っていたら、大好きな「ALWAYS 三丁目の夕日」のあの子じゃないか!「続」は見てないけどね!
演技に関してあーだこうだ言うまでには、演技というものを知らなすぎるからアレだけど、自然に可愛いし、年相応に捻くれているし、精一杯生きようとしているし、何より見ていてすごく惹かれた。このドラマを見続けられたのも、そんな役者の力だと思う。あの役、惹かれて見られる人が演じないと、洋ちゃんが主演だ!というドラマでも厳しかったろうなぁ。
そんなこんなで、最終回は、おや…なんだろう…目から水が出ているぞ?という状態になったドラマだった。安易なハッピーエンドは嫌いなんだけど、このドラマはハッピーエンドで良かった。和田っちがハッピーエンドでホントに…。

ところで、最終回後に恒例の次作ドラマ予告を何気なく見ていたら、おっ!と思う一瞬があって、慌てて巻き戻す。そしてもう一度見る。やっぱり?と思って巻き戻す。そしてもう一度見て、更に停止をする。モリだ!モリがなさけなーくいる!
そういえばも日記に「働くゴン!」について書いてあったんだ。
そのあまりのモリらしい、なさけなーい立ちっぶりに思わずプッと(笑)
やってくれるもんなー。洋ちゃんドラマで泣いた後、モリで笑わされるもんなー。見事なNACSコンビネーションだ!

そして、「コールセンターの恋人」。
これは最後まで見られたのが不思議だった。顕ちゃん目的で見るにしても、顕ちゃんアレだし(笑)
ダメダメな感じが微笑ましかったが、キャラが中途半端で、すごく変な人でもなく、すごく普通でもなく、あえて言えば、東京に強烈な憧れがあるのに一回も行った事がないのにやけに東京に詳しい…という設定か?
ドラマは、南極の青山に対する執着が、過去になにやら事件的なものがあったのか?と思わされて気になっていたんだけど、結局なんだ特になにもなく?って感じで、悪役ぶりが心地好かった南極も最後にはいい人になってるし、もっと変人を期待していた青山も中途半端。泣けもせず笑えもせず、ただただ主役の人が最初から最後まで気持ち悪かったなぁという印象だ。
なんで最後まで見た私?って思ったら、たぶん、ふーんって感じで何にも考えず何かをしながら横目で見れたドラマだったからなんだろうな。
「ハケンの品格」が面白かったから、同じ部類のドラマだって事に期待はしていたんだけど、結論ガッカリ。

ま、そんな印象の二つのドラマ。
公式発表にすらついていけないほど、これからもNACSは色々出るみたいだけど、それは喜ばしい限り♪なんだが、やっぱりドラマや映画は、いくらNACS目的で見ているとは言え、面白くないと辛い。だからこれからも、面白かった~!と、素晴らしかった~!と思えるものに出演してくれれば、NACSも見れて、ドラマや映画も楽しめて♪っていう、一粒で二度美味しいグリコ作戦が成り立つのにな!と思うのだった。

|

« セミが死んだ | トップページ | 絹ずれ »

NACSテレビ・DVD」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« セミが死んだ | トップページ | 絹ずれ »