« M-ONポルノ1DAYスペシャル | トップページ | 嬉しいニュースと思い出す言葉 »

水曜どうでしょうDVD第11弾

一ヵ月後ぐらいには、衝撃のドームパスタが記憶に鮮明なアラスカが入る、DVD第12弾が発売されようかというこの時期に、今更だけど、「水曜どうでしょう」DVD全集第11弾をゲーット!…していたのはちょっと前で、やっと見た。

企画が、何度も見ている上にそんなに好きなものじゃないから、何となく見る気がしていなかったんだけど、最初のon、offのやりとりにビックリし、更にリアルうれしーが出てきて唸る!最初からやってくれる!なに、この面白さは!特典映像にDISC1と2まとめてあるから、そこだけリピートすることこの上なし!
うれしーって所が絶妙だ。タレント陣はもちろん、藤やんでもダメ。うれしーじゃないとこの面白さは出ない。その上、激似のリアルぶりだし、「まてぇーい」の言いぶりとか、「うれしのでした!」と、ヤケに勢いのあるうれしー(笑)
もう…大好きだ!

と、しょっぱなからやられちゃったんだけど、そしておっ!っと思ったのは、枠がある!久々だ!後枠のゆるい面白さに、どうでしょうしゃべり。目頭が熱くなるのも仕方ないと思う。それにしても「何らかの決起する方が出てくる」勢いで、ホントずっと新作やっていないどうでしょうだけど、今年も無理…か?新作見たいのは当然だけど、こういう後枠見ると、久々に再会しても相変わらずの面白さっていう所があるから、「いつか」やってくれるだろうというぼやーとした考えでも、何とか食いつなげるのがどうでしょうクオリティ。
などと思いつつも、指は自然と副音声へ。何度も何度も見ているどうでしょう。DVDが出たら副音声から見るのはデフォルト。
そしたらしょっぱなに、熱く!熱く!あつくるしー!ぐらいに、テレビ論を語るディレクター陣。というか藤やん。その内容はとっても賛同するもので、テレビの事を真剣に考えている人なんだなと改めて好きになるんだけど、DVDの副音声でしなくても…。

11弾は、「桜前線捕獲大作戦」「十勝二十番勝負」「サイコロ5」の3つの企画で成り立っており、桜前線は岩手に行く前に事前予習で見ているし、そこ行った行った♪と思うのみでだらーっと流すばかりだが、最後の十勝に続く、ゴルゴからの拉致が大好きだから注意深く。昔のゴルゴの風景を見れるだけで貴重だ!ホント、この時のゴルゴ聞いてみたいが、相当前だからさすがに無理だろう。

で、十勝に入り、十勝と言えば!もちろん、onが初登場の企画。onと言えば!もちろん、顕ちゃんが初登場の企画。そうなると副音声には、当然顕ちゃん出るんだろうな?と思ってたら思ったとおりで嬉しい限りなんだけど、「安田さんの話をたっぷり…」と言いつつ、しゃべってるのは藤やんばっかじゃねーか!って、それはいつもの事だからいいとして、うれしーが顕ちゃんに何かを聞いても、お前は過保護な母ちゃんか!と鋭い突っ込みが鳩尾にキマルぐらい、藤やんの安田論が。それはそれなりに聞きたいものではあるが、顕ちゃんの話もそれなりに聞けた感じはあるが…。最後は「あ」で終わったが(笑)
ところで、顕ちゃんの副音声とっている時は下荒井の脚本を書いている時期だったみたいで、そんな話が出てきたが、顕ちゃんがふと言った、「長く続ける中の一本」という言葉がとっても嬉しかった♪

十勝の最終夜は洋ちゃんが副音声ゲストだったんだけど、やっぱり面白い。藤やんとの掛け合いもグット。聞いててホッとする。そして、どうでしょうについての顕ちゃんの話を聞けるのが貴重って感じがしてとっても好きだ。
そういえば、拉致のとこ見ていて思ったけど、顕ちゃんがどうでしょうに入ると、洋ちゃんは生き生きといじめるという図式が大好きで、確かonちゃんカレンダーの企画だったか、車内でどうでしょうの厳しさを顕ちゃんに教える洋ちゃんの面白さが忘れられない。
副音声でも、安田さんがいるといじる人がいるから安心とかナントカ言っていた。
顕ちゃんのヒゲ剃るタイミングがわからないという話を聞いて、ヒゲを剃っているそばからまたヒゲが生えているんじゃないかというぐらい、ながーい事ヒゲを剃っているという洋ちゃんの話をどっかで聞いたんだけど、何だったのかは思い出せず。

DISC2はサイコロ5で、サイコロシリーズはそんなに好きじゃないんだけど、5はその中でも一番好きかもしれない。鹿児島へ行く「つばめぇー!」とか、奄美に行くフェリーの中とか面白い。札幌に帰ろうというのに、南国の海で泳いでいるのがバカバカしいのだ。最後のはかた号再び!には震える。
「つばめぇー!」とか、最後のはたか号とか、ベトナム最後の全部を振り返るラストに出てきたシーンはやっぱり感慨深い。
ところで年々凝りに凝っている感が否めないシークレット。もう、公式にあるシークレットの出し方見ながらじゃないと出せない。見ながらでも悪戦苦闘した今回は、もう凝らなくていいから…と、リモコン片手にグッタリだ。

そんな感じの、どうでしょうDVD11弾。どうでしょうにハマって初めて予約を逃してしまったから、ハガキは無いんだけど、ま、いっか!って感じで、次はワクワクのアラスカだし、初代釣りバカもあるし、その次のDVDには絵ハガキとか、クリスマススペシャル!涙無しでは見られない試験にでるどうでしょうまで入るかわからないけど、続いて満を持しての四国!震える。DVDでも言っていたけど、いよいよツブ揃い満載の1999年ものな、アメリカ!カブ東日本!夏野菜!ヨーロッパリベンジ!ああ、震える!
これからはどのDVDが出ても、人にオススメ出来る黄金時期に入ってきた!と、長い事イマイチな初期を見続けた今は激しい震えと共に思うのだった!

|

« M-ONポルノ1DAYスペシャル | トップページ | 嬉しいニュースと思い出す言葉 »

NACSテレビ・DVD」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« M-ONポルノ1DAYスペシャル | トップページ | 嬉しいニュースと思い出す言葉 »