« 愛と青春のポルノ | トップページ | 気がつきゃ夏が終わるがドームがあるさ! »

深夜の大脱走

古くなった資料どうしますか?と聞かれ、残して欲しい気持ちもあるけど…、運が良かっただけでしょと♪と、思わず歌いだしたくなった近頃も相変わらずポルノってます♪
で、久々に書く日記でアレだけど、気持ちが若干落ち着いてきたので、とある深夜の出来事を。

あれは、大荷物をかかえて汗ダクダクグッタリ状態で帰宅し、お風呂に入りさっぱり♪よーし撮り溜めた洋ちゃんと顕ちゃんのドラマを見よう!と、まずは、「赤鼻のセンセイ」を見ていた時だった。

目の端に何かが映る。折りしもドラマでは、黒い悪魔に大騒ぎしてエアコン壊しちゃった!みたいなストーリー。
長い事住んでいるけど、東京に来て始めての発見に目を疑いつつ、震える手。頭ではものすごい速さでこれからの行動を決める。
震える手でテレビを消し、パソコンを閉じる。急いで着換えて、髪はお風呂上りで濡れていたけどすぐ乾くだろうと、というか髪を乾かす余裕がなく、辛うじて眉毛だけは描く。
携帯とDSをバックに入れ、外に飛び出し、壊れかけのチャリでドラックストアに駆け込む。お風呂に入ってサッパリ♪だったのに、余程必死だったのかまたもや汗だくだ。
この時点で、22時過ぎ。一番近いドラックストアが閉まっていたので焦ったが、駅前はセーフ。

そこでFとHの間に位置するアレを倒すグッズを大量購入し、脅えつつ説明書を玄関で読み、水を入れ、部屋を煙でいっぱいにする。一つでいいと思うんだけど、こうなったら毒の部屋にしてやる!と、煙は二つにした。

そこからまた急いで部屋を出て、壊れかけのチャリで街へ。24時間営業のマックに入り、コーヒーを買い、DSを開く。煙は2時間締め切らなきゃいけないので、ぐったりで眠かったけどマックで2時間ドラクエやりつつ、帰りたいのに帰れない切なさを味わいつつ、それなりにドラクエを楽しむ。

深夜の1時過ぎ、もういいだろうとほとんど人が居なくなった道をドキドキしながら帰り、部屋の扉を開いた瞬間、グワ!っとなった。予想以上の毒部屋になっている!
急いで換気扇を回し、窓を開く。でも鼻がピリピリして、死ぬ!人間がこんなに厳しい状況ならアイツもダメだろう!と、怖くて現れた冷蔵庫の後ろを確認出来ずに今に至るが、きっと何とかなっているに違いない!
で、本当に疲れ切っていて、脅える気持ちも治まらないし、とにかくまたお風呂に入って寝たかったんだけど、毒部屋は中々治まってくれず、窓から新鮮な空気を吸い、何とか毒部屋で生きる。ドラマの続きを見つつ毒が納まるのを待っているうち、ドラマが止まらなくなって、顕ちゃんのドラマも併せて見ちゃって、かなりな夜更かしに。

…そんな事があった。アレ以来FとHの間に位置するアレは見ていないから作戦成功ってことでいいね?となっているんだけど、いつまた深夜の大脱走状態になるかわからないから、脅える日々は変わらない。だから、これが…東京で住むことなのか…と、今更だけど北海道が恋しくなるのだった。

|

« 愛と青春のポルノ | トップページ | 気がつきゃ夏が終わるがドームがあるさ! »

その他」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 愛と青春のポルノ | トップページ | 気がつきゃ夏が終わるがドームがあるさ! »