« 最近のポルノ | トップページ | シルビアとジェロニモ、ハネウマとプライムもそうだった »

「OPEN MUSIC CABINET」DVD

意味も無く、突然「OPEN MUSIC CABINET」DVDの感想を!
「OPEN MUSIC CABINET」は「横浜ロマンスポルノ'06」と一緒に、一番初めに買ったライブDVD。当時は「ポルノグラフィティがやってきた」が発売される直前ぐらいだったから、これが一番新しかったというのが、買った決め手。

大好きで名作ばかりのポルノライブDVDだから、この「OPEN MUSIC CABINET」は特別って感じじゃないんだけど、ボリューミーだし、ジェロニモとかジェロニモとかジェロニモとか酷いツボがあるから、良く見る一枚ではある。

m-NAVIの音楽からライブはスタート!一曲目は何だかCD通りの「ハネウマライダー」だ。この時にはタオル回しが確立されているみたいで、しょっぱなハネウマかよ!って感じが今ではするけど、ま、ハネウマはいつでもどこでも楽しい♪がモットーであるからして、観客と言い、ポルノのお二人といい、何とも楽しそうだ。
そしたら、私の夢の一つである「オレ、天使」が二曲目に来るんだからニクイ!セリフ部分もライブバージョンだし、後ろの羽に昭仁がピッタリしている画像もニクイ!大画面に映像が出ているんだろうけど、場所によっては昭仁が羽にピッタリくるのを生で見れた人がいるのだろうか?うーん、羨ましい!そして、やっぱり「オレ、天使」ってば超かっちょいい曲で、更にポルノのお二人も黒のスーツっぽいの着てるから、「OPEN MUSIC CABINET」ってかっちょいい!ってイメージ。
で、上手い具合の流れで「Devil in Angel」へ。曲については特に無いけど、この曲に入る前の「悪魔が」っていうセリフは大好物♪それにしても、このDVDの会場は「ロイヤル ストレート フラッシュ」でも行った、さいたまスーパーアリーナなんだけど、「OPEN MUSIC CABINET」では横に花道があって、お二人があっちこっち行ったりしていて、やっぱり花道いいなぁ~と思ったり。

続いてのMCでは、しょっぱなから昭仁の良い笑顔が見れるし、「わしらがー!ポルノグラフィティじゃ!」っていういつもの言葉の後の手を上で握るやつもツボ。晴一の「お前らゆるさんど」後「何をか知らんけど」的なやり取りもツボ。

私にとって「m-CABI」は凄く好きな曲と、そうでもない曲がある両極端なアルバムなんだけど、次の「BLUE SKY」は結構好きな部類に入る。…ま、何が良いって、このDVDでは昭仁の嬉しそうな顔が見れるってのが一番なんだけど(笑)
何で「OPEN MUSIC CABINET」に「アポロ」が盛り込まれているのか不思議だが、「アポロ」挟んでの「BLUE SNOW」と来るから、ここまで「m-CABI」に入っている曲はCD通りに進む。ちなみに「BLUE SNOW」は雪が降っていて、これしばらくは会場でホントに雪が降っているのかと思った純粋な一面も持っている。

「ヴォイス」から印象的なハートに目がある画像が出て、ここからのキャビネット的固まり中ずっとだから、この画像がすごく「OPEN MUSIC CABINET」っていうイメージ。あれ?「ハート」やらないんだっけ?と思うぐらいなハートぶりだ。
で、「ヴォイス」。この曲はホントにインパクト強くて、一回聴いたら忘れられなかった。頭から離れなくて苦しんだ事も(笑)曲もそうだけど、歌詞が特に。ちなみに「うぉおおお」っていうコーラスが好き。
ゆっくりな「休日」になり、その後昭仁の裏声を堪能しつつ「Winding Road」へ。…「休日」は特に感想が無かった。
「Winding Road」も優秀なバラードって感じで結構好きだ。特にPVが好きなんだけど、ライブでも聴いてみたい。「ロイヤル ストレート フラッシュ」で聴けると思ってたんだけどなぁ~。歌詞が出てるから、間違えられない一曲だったろうなぁ~。
「OPEN MUSIC CABINET」の「サウダージ」は特に感想無く、「これでもくらえ!サウダージ」(BITTER SWEET MUSIC BIZ)が忘れられないのがその証拠(笑)

で!で!で!いよいよ超個人的にだけど、「OPEN MUSIC CABINET」の最大の見せ場、「Mr.ジェロニモ」へ!
「Mr.ジェロニモ」はCDで聴いていた時はそんなにピンと来てなかったんだけど、このDVD見てグッと来た。それも、何度も何度も見ての後にグッと来た。これ、めちゃめちゃ良くないか?とある時突然ハッとしたのだ。それ以来大好きで、「OPEN MUSIC CABINET」の「Mr.ジェロニモ」だけを見ること数え切れない。今では、「ロイヤル ストレート フラッシュ」でジェロニモさんがちょこっと登場なさっただけで超興奮したほどだ!
そんな「Mr.ジェロニモ」は、とにかくかっこいい。最初はギター持ってる昭仁が途中からギター置いてクルクル動き出すし、「これはデスティニー」の不思議な手つきなんてツボだね!「それはデスティニー」って歌っちゃってるどうでもいい間違いを発見するぐらいツボだね!もちろん最後のシャウトと「ヨヨヨヨヨッシャー!」もツボだね!願わくば、CD通りにちょっと笑っちゃった声も入れてくれたら良かったね!

大!興!奮!の「Mr.ジェロニモ」の後に、「m-FLOOD」が。これ、ダンスももちろん楽しくて好きだけど、曲が大好きで、ベスト出るまでCDになってなかったから、このDVD何度見た事か。最初のダンスレッスンで、テレビの向こうのお友達である私もそれに習い覚える。覚えた後は曲だけ聞きたいから、ダンスレッスンと曲のチャプター別けて欲しいと思ったけど。ま、フラッディーの言う「音楽の洪水が」が大好きでテンション上がった後、これまたいちいち素敵な人が歌いだすからね!「m-FLOOD」の何が良いって、かっこいいからね!かっこいい上に、やけに勇ましくアキヒッティが踊り出すからね!盛りだくさんだね!ちなみにツボは、踊り出した後の、「10だけ数える~」で指差しながらカメラに向かってくるアキヒッティ。

それから怒涛のように「PRISON MANSION」。これも「Mr.ジェロニモ」と同じく、このDVD見て大好きになった曲。何ともライブで楽しそうだ♪「どなた様でもどうぞ~」の後の、「カモン」がツボという方が身近にいらっしゃるが、花道先端で足かけて~の「カモン」。うん!確かに!「カモン」の先端から逆の先端へと忙しい「カモン」の人だが、こういうの見ると、ああ、あの花道の近くにいる人に私はなりたい…と思ったり思わなかったりって、思うに決まっている!
そんな酷いツボだらけな流れの中、次の「横浜リリー」ってどーにもこーにも苦手で、次の「DON'T CALL ME CRAZY」が言わずもがな大好きソングだもんだから、このDVDでの流れではこれがな…って思うポイント。寧ろ「月明りのシルビア」が聴きたかったぞ!

「OPEN MUSIC CABINET」の「DON'T CALL ME CRAZY」と言えば、社会の窓事件が記憶に鮮明だが、初見では気付かなかった。MCで「うそーん」って言ってるのを微笑ましく見た後に戻って、確かに!と堪能したものだ(笑)
ライブでの「DON'T CALL ME CRAZY」の何が良いって、ギターの音がガツン!と来て、取り付かれたように歌うボーカルもグッと来て、とにかく最高にかっこいい。社会の窓なんて…気にならないと言えば嘘になるが、どうでも良くなるぐらい最高!
そんな「うそーん」が記憶に強烈な「Century Lovers」からは、「うそーん」な人が上着を脱いでおり、さて、それでは、もっと熱くなりますか!といった号令みたいだ。「もっともっといけるぞ叫べ!」ってところ、寝そべった昭仁に首を傾げる晴一などが好きで、ま、結局全部好きで、どうしてこうも見てるだけでワクワクするもんなのだろうか♪

次の「NaNaNa サマー&ウィンターガール」は、曲自体はあまり好きじゃないけど、ライブではすごく楽しいって聞いたので、というか、「NaNaNa サマーガール」をライブで聴くという夢を見たことがあるので、深層心理ではライブで体験してみたいのかもしれない。
「Mugen」はこれとか他のDVD見て、ライブで聴いてみたいなと思っていた所、「ロイヤル ストレート フラッシュ」で夢が叶ったので満足な一曲。曲も好きだけど、これもまたPVがそこはかとなく面白くて好きだ。間奏が終わってナンカ出てくるボーカルとかが好きだ(笑)
そしてライブでよくやるシングルが続き、「アゲハ蝶」へ。大好きな曲だけど長くなってきたので飛ばす!
本編ラストは「グラヴィティ」。ホントに幸せ。が良い。本編ラスト前の言葉って、どうしてこうもジーンと来るのだろうか。更にただでさえジーンと来る「グラヴィティ」だもんだから、ジーン、ジーン、ジーン祭りでございます!といったジーン。CD通りにワンワンとかやけにメルヘンな終わり方だけど、DISC2しょっぱなにはもっとメルヘンなものがおでましになるので、さぁ!さぁ!とDVDを入れ替える。

そんなアンコールは貴重!「ウェンディの薄い文字」始まりだ。うん!ストロベリーボイス!
とにかく可愛い「ウェンディの薄い文字」は、メガネがとっても好きなんだけど、「撫ぜるだけさ」で耳に手を当てて、観客の「撫ぜるだけさ」レスポンス後、嬉しそうに笑うのもとっても好き。花畑に立つ晴一の映像なんて、もう、ちょーメルヘン♪

「ライン」がアンコールに来るのは意外って感じがするけど、何となくライブであまりやらなそうな「ライン」。聞くと苦しくなるけど実はすごく好きな曲だ。一回でいいからライブで聴いてみたい。泣けるやもしれん!「何も最初からなかった」とかってもうホント…。どうしてこんなに切ないのだ、どれ、父さんに話してみなさいって、大黒柱が意味無く登場しちゃうぐらい切ない。

で、存分に切なさを味わった後のMCがまた格別で、何がって、高いとこにいきすぎちゃった「ウェ♪」いじり後の睨みとか格別!更に、「呼ばれたいんか」の流れとか格別!
ま、一番格別なのがラストの「ジレンマ」なのは当然。
「OPEN MUSIC CABINET」の「ジレンマ」は、「とびたーい」「あばれたーい」があるのが良い。やっぱり、どうしたい?って聞いて欲しい!更に、とんでそして?って聞いて欲しい!
「OPEN MUSIC CABINET」に限らずだけど、DVDの「ジレンマ」見ると、ホントライブに行きたくて仕方なくなる。この世にこんなに楽しそうな事があるのか!って、初めてポルノのライブDVDを見た時に思った。そして、参戦してからは、ホントにあった!って素晴らしいものを見つけたって感じになった。

過去のセットリストってあまり熱心に調べないので、これが全部なのか良くわからないんだけど、二枚組みだし、最後にあっちゃこっちゃ行って観客に挨拶する所まで入っているし、盛りだくさんな「OPEN MUSIC CABINET」DVD。ポルノのお二人がすれ違う時に、あ、どうもどうもみたいな感じでお辞儀をするのが微笑ましい最後までたどり着き、何故に生声挨拶は無いのか、やってないのか入っていないだけなのか疑問だが、とりあえずDISC1に入れなおし、やっぱり「Mr.ジェロニモ」をもう一回見るのだった♪

|

« 最近のポルノ | トップページ | シルビアとジェロニモ、ハネウマとプライムもそうだった »

ポルノライブ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 最近のポルノ | トップページ | シルビアとジェロニモ、ハネウマとプライムもそうだった »