« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »

2009年7月

共感出来るって素晴らしい!

4日間ぐらい全くポルノの曲を聴かない期間があって、ポルノにハマってから4日間も曲を全く聴かなかった事は無かったから、5日目に聴いたら何と言うか、すごく良い!ってグッときた。曲も、歌詞も、特に声が!あーやっぱり大好きだ!と改めてポルノ愛を感じた最近。

一人で外を歩いている時に、大体いつも音楽を聴いているんだけど、例えば大雨が降っていたら、ココゾと「蝙蝠」に切り替える。例えばちょうど良い夕陽だったら、「夕陽と星空と僕」に切り替える。見つめていたら、ココゾと「見つめている」に切り替える…って経験は未だ無いけど、そんな感じで、人知れずこっそりと楽しんでいる。
で、岩手で、R先輩と気持ちよいポルノちょこっとNACSドライブを楽しんでいた時、夕暮れ時になってきたもんだから、ココゾと「夕陽と星空と僕」を聴き、いつも一人でこっそり楽しんでいた事が、一緒に楽しめるって事に、何だか感動した。

そして楽しい週末の今日。ミナちゃんと銀座でお食事♪
練り香水という私にしてはヤケにおしゃれなブツを、R先輩に便乗して買ってきてもらったんだけど、それをいただきに参上仕るという口実に、マンマと会ってやった!会ってやったぞ!
明日から待ちに待った休みだってだけでも楽しいんだけど、その前の金曜日にお食事とか行くのが大好きで、微妙な気持ちの残業が続いていたもんだから、気持ちも晴れ晴れとなる。絶対定時で帰りたいから、いつになく真剣にテキパキと仕事をこなしたかいがあった。

そういえば、納得行かない仕事を提出され、やり直しをお願いし、その為に無駄な残業が続いていて、どうも気持ちが晴れない今週だったんだけど、東京で買えば当たると思っているらしい親にいつも宝くじを頼まれていて、サマージャンボが今日までだから慌てて買いに行った昨日。買ったという報告と、親が欲しがっていたDVDもついでに送るという話をしていて、それだけで気持ちが随分晴れた。

で、今日。やっぱり仕事中はしんきくさくなっていたから、こんな気持ちで週末を迎えるのは、ま、帰って好きな事をしていればすぐに忘れるけど、どうせなら楽しく週末を迎えたい。
そこにShe現る!のごとくミナちゃん現る!ポルノの話は当然として、ポルノの話じゃなくても時間が足りない、足りな~い、オナー兄さん現る!
…って、色々現る!んだけど、やっぱりポルノ愛についての話も現る!
東京ドームで何の曲やるか、5曲ぐらいそれぞれ出してみて、一番アタリが多かった人に何かご褒美…という提案がワクワクして、本気出して考えてみて、一番になってやる!とか企む。何なら5曲全部クリティカルヒットしてやる!とか企む。
そんな企みもまた、ドームへのワクワクの共感だ。
たった一日のスペシャルライブ。考えられる限りの楽しみを全部出し切りたい。その日の打ち上げの話とか、宿泊の話とかしているだけで楽しくて、終わっちゃうとまた悲しくなるので、早くその日が来て欲しいような、来て欲しくないような複雑な乙女心も現る!

ってなわけで、ほとんどの日を一人で秘かに楽しんでいるポルノデイズだからこそ、たまにそんな最高の楽しみを共感できるのが貴重で、何て素晴らしい事なんだろう!と改めて思った楽しい週末なのだった♪

| | コメント (2)

シルビアとジェロニモ、ハネウマとプライムもそうだった

キーボードを打つ手をDSに持ち替えていた最近は、ブログ更新がままならない程、ドラクエ9に夢中!…夢中になっている時に限って妙に残業とかあるもんだから、貴重な帰宅後の時間はドラクエに費やす毎日。
まわりの皆も面白いって言うし、たまにはこう…ブームに乗ってみようかとやり始めたんだけど、あまりゲームってやらない上にRPGやるのはいつ振りだろう…ぐらいな勢いだが、恐らくドラクエやるのは初めてだ。
というのも、自分で名前をつけるRPGが初めてだったから。
こういう名づけって適当に出来ないタチだもんだから、すごく迷う。まわりの人みたいに自分の名前とか、自分の名前を基本にちょっと工夫した名前とか、色々考えたんだけどしっくりこない。いまいち今日もノリ切れない…と、きた所で、ハッとする。ジェロニモ!

ドラクエ9は名前の他にも、見た目、性別を選べるから、主人公は女の子がいいかな~と思っていたんだけど、ジェロニモと言えば「Mr.ジェロニモ」。男だ。だから無理やりMs.ジェロニモにでもしてやろうかと秘かに企み、他にも三人仲間を作れるって知っていたので、全部ポルノの曲名から拝借しようと思い立つ。

それで、自作のポルノ全曲リストを見つつ、色々考えたんだけど、ジェロニモと同じキャビネットに収まっている「月明りのシルビア」「横浜リリー」はパッと思いつき、「ハネウマライダー」もいいな~と試行錯誤。
これはゲームを始める前の話で、実際キャラ作りになったら、落とし穴が。名前は五文字!それもひらがなかカタカナのみ!
どうしてだか字数制限を無視し、漢字も使えると思い込んでいたもんだから、お!となって、いちから考え直さなきゃならなくなった。
ローマ字ぐらいあってもいいと思うんだけど無かったから、Ms.ジェロニモの夢はうたかたと散り、でも主人公はジェロニモっていう名前が良かったので、しょうがなく男にした。
男にしたら、ミステリーマンなジェロニモのこと、ミステリーな見た目をチョイス。
服装とか武器とかすごく豊富にあって、画面上の見た目もその格好になるんだけど、それがやたら楽しくて、ストーリーが進むにつれ増えるグッズにウキウキファッションショーをやっていたら、ミステリーマンなジェロニモ。どれも似合わない…。
で、学校の制服をゲットし、黒縁メガネもあったから試しにお着替えしてみたら、そこにShe現る!の如く、やたらと似合うファッション現る!あだ名は委員長!しかしどこかミステリー!って感じになる。だから、装備として優秀な色々を無視し、何度か生き返る為の教会にお世話になりつつ、やっぱり制服が外せないジェロニモだ。

そして三人の仲間の名づけ。ファッションが男女によって着れたり着れなかったりするから、色々試したいので男と女二人ずつにしようと決め、ジェロニモは男で決まりだから、後は女二人に男一人。
最初に思いついたシルビア、リリーは女で、ハネウマもおてんばな女の子って感じがするから、どれか外さなきゃいけない。どうでもいいけど、シルビアの「月明かり」カットはいいとして、ハネウマの「ライダー」カットは悲しい。無理やり「ハネウマラ」にしても舌っ足らずな感じになるからイケナイ。他にも「メリッサ」とか「ウェンディ」とか悩みつつ、結局、おてんばなハネウマと美しいシルビアをチョイス。

残るは男一人。文字種、字数制限を無視していたあの頃は、男なんてラララな「狼」とか、感情なんてもういらない「空想科学少年」とか、雨が突き刺さる「蝙蝠」とか、悲しいスターな「TVスター」とか、やたらと戦いが好きそうな「敵はどこだ?」とか、天使じゃないけど「オレ、天使」とか、職人気質な「天気職人」とか、ある意味「渦」とか、守ってくれない「ラスト オブ ヒーロー」とか、無意味に強そうな「稲妻サンダー99」とか、新曲記念で「この胸を、愛を射よ」とかめちゃめちゃ色々考えていたんだけど、制限発覚後どれも無理じゃないか!ってなる。ま、「オオカミ」や「こうもり」「オレてんし」はいけるけど、どうもヤダ。「うず」に至ってはもっとヤダ。
結局、好きな曲から…ってワケで、「PRIME」にしようと、英語使えないから泣く泣く「プライム」に。正直、スライムとかぶっているんだけどいっか!って事にする。

そんなワケで、ドラクエ9のメンツは、ジェロニモ、ハネウマ、シルビア、プライムの四人になり、主人公のジェロニモはやたらと名前が使われるもんだから、空回り御大な「Mr.ジェロニモ」ってより、色々と感情移入してきて、制服が似合うニクイアイツがジェロニモってイメージになりつつ、今日も今日とてドラクエ9を楽しむのだった♪

| | コメント (0)

「OPEN MUSIC CABINET」DVD

意味も無く、突然「OPEN MUSIC CABINET」DVDの感想を!
「OPEN MUSIC CABINET」は「横浜ロマンスポルノ'06」と一緒に、一番初めに買ったライブDVD。当時は「ポルノグラフィティがやってきた」が発売される直前ぐらいだったから、これが一番新しかったというのが、買った決め手。

大好きで名作ばかりのポルノライブDVDだから、この「OPEN MUSIC CABINET」は特別って感じじゃないんだけど、ボリューミーだし、ジェロニモとかジェロニモとかジェロニモとか酷いツボがあるから、良く見る一枚ではある。

m-NAVIの音楽からライブはスタート!一曲目は何だかCD通りの「ハネウマライダー」だ。この時にはタオル回しが確立されているみたいで、しょっぱなハネウマかよ!って感じが今ではするけど、ま、ハネウマはいつでもどこでも楽しい♪がモットーであるからして、観客と言い、ポルノのお二人といい、何とも楽しそうだ。
そしたら、私の夢の一つである「オレ、天使」が二曲目に来るんだからニクイ!セリフ部分もライブバージョンだし、後ろの羽に昭仁がピッタリしている画像もニクイ!大画面に映像が出ているんだろうけど、場所によっては昭仁が羽にピッタリくるのを生で見れた人がいるのだろうか?うーん、羨ましい!そして、やっぱり「オレ、天使」ってば超かっちょいい曲で、更にポルノのお二人も黒のスーツっぽいの着てるから、「OPEN MUSIC CABINET」ってかっちょいい!ってイメージ。
で、上手い具合の流れで「Devil in Angel」へ。曲については特に無いけど、この曲に入る前の「悪魔が」っていうセリフは大好物♪それにしても、このDVDの会場は「ロイヤル ストレート フラッシュ」でも行った、さいたまスーパーアリーナなんだけど、「OPEN MUSIC CABINET」では横に花道があって、お二人があっちこっち行ったりしていて、やっぱり花道いいなぁ~と思ったり。

続いてのMCでは、しょっぱなから昭仁の良い笑顔が見れるし、「わしらがー!ポルノグラフィティじゃ!」っていういつもの言葉の後の手を上で握るやつもツボ。晴一の「お前らゆるさんど」後「何をか知らんけど」的なやり取りもツボ。

私にとって「m-CABI」は凄く好きな曲と、そうでもない曲がある両極端なアルバムなんだけど、次の「BLUE SKY」は結構好きな部類に入る。…ま、何が良いって、このDVDでは昭仁の嬉しそうな顔が見れるってのが一番なんだけど(笑)
何で「OPEN MUSIC CABINET」に「アポロ」が盛り込まれているのか不思議だが、「アポロ」挟んでの「BLUE SNOW」と来るから、ここまで「m-CABI」に入っている曲はCD通りに進む。ちなみに「BLUE SNOW」は雪が降っていて、これしばらくは会場でホントに雪が降っているのかと思った純粋な一面も持っている。

「ヴォイス」から印象的なハートに目がある画像が出て、ここからのキャビネット的固まり中ずっとだから、この画像がすごく「OPEN MUSIC CABINET」っていうイメージ。あれ?「ハート」やらないんだっけ?と思うぐらいなハートぶりだ。
で、「ヴォイス」。この曲はホントにインパクト強くて、一回聴いたら忘れられなかった。頭から離れなくて苦しんだ事も(笑)曲もそうだけど、歌詞が特に。ちなみに「うぉおおお」っていうコーラスが好き。
ゆっくりな「休日」になり、その後昭仁の裏声を堪能しつつ「Winding Road」へ。…「休日」は特に感想が無かった。
「Winding Road」も優秀なバラードって感じで結構好きだ。特にPVが好きなんだけど、ライブでも聴いてみたい。「ロイヤル ストレート フラッシュ」で聴けると思ってたんだけどなぁ~。歌詞が出てるから、間違えられない一曲だったろうなぁ~。
「OPEN MUSIC CABINET」の「サウダージ」は特に感想無く、「これでもくらえ!サウダージ」(BITTER SWEET MUSIC BIZ)が忘れられないのがその証拠(笑)

で!で!で!いよいよ超個人的にだけど、「OPEN MUSIC CABINET」の最大の見せ場、「Mr.ジェロニモ」へ!
「Mr.ジェロニモ」はCDで聴いていた時はそんなにピンと来てなかったんだけど、このDVD見てグッと来た。それも、何度も何度も見ての後にグッと来た。これ、めちゃめちゃ良くないか?とある時突然ハッとしたのだ。それ以来大好きで、「OPEN MUSIC CABINET」の「Mr.ジェロニモ」だけを見ること数え切れない。今では、「ロイヤル ストレート フラッシュ」でジェロニモさんがちょこっと登場なさっただけで超興奮したほどだ!
そんな「Mr.ジェロニモ」は、とにかくかっこいい。最初はギター持ってる昭仁が途中からギター置いてクルクル動き出すし、「これはデスティニー」の不思議な手つきなんてツボだね!「それはデスティニー」って歌っちゃってるどうでもいい間違いを発見するぐらいツボだね!もちろん最後のシャウトと「ヨヨヨヨヨッシャー!」もツボだね!願わくば、CD通りにちょっと笑っちゃった声も入れてくれたら良かったね!

大!興!奮!の「Mr.ジェロニモ」の後に、「m-FLOOD」が。これ、ダンスももちろん楽しくて好きだけど、曲が大好きで、ベスト出るまでCDになってなかったから、このDVD何度見た事か。最初のダンスレッスンで、テレビの向こうのお友達である私もそれに習い覚える。覚えた後は曲だけ聞きたいから、ダンスレッスンと曲のチャプター別けて欲しいと思ったけど。ま、フラッディーの言う「音楽の洪水が」が大好きでテンション上がった後、これまたいちいち素敵な人が歌いだすからね!「m-FLOOD」の何が良いって、かっこいいからね!かっこいい上に、やけに勇ましくアキヒッティが踊り出すからね!盛りだくさんだね!ちなみにツボは、踊り出した後の、「10だけ数える~」で指差しながらカメラに向かってくるアキヒッティ。

それから怒涛のように「PRISON MANSION」。これも「Mr.ジェロニモ」と同じく、このDVD見て大好きになった曲。何ともライブで楽しそうだ♪「どなた様でもどうぞ~」の後の、「カモン」がツボという方が身近にいらっしゃるが、花道先端で足かけて~の「カモン」。うん!確かに!「カモン」の先端から逆の先端へと忙しい「カモン」の人だが、こういうの見ると、ああ、あの花道の近くにいる人に私はなりたい…と思ったり思わなかったりって、思うに決まっている!
そんな酷いツボだらけな流れの中、次の「横浜リリー」ってどーにもこーにも苦手で、次の「DON'T CALL ME CRAZY」が言わずもがな大好きソングだもんだから、このDVDでの流れではこれがな…って思うポイント。寧ろ「月明りのシルビア」が聴きたかったぞ!

「OPEN MUSIC CABINET」の「DON'T CALL ME CRAZY」と言えば、社会の窓事件が記憶に鮮明だが、初見では気付かなかった。MCで「うそーん」って言ってるのを微笑ましく見た後に戻って、確かに!と堪能したものだ(笑)
ライブでの「DON'T CALL ME CRAZY」の何が良いって、ギターの音がガツン!と来て、取り付かれたように歌うボーカルもグッと来て、とにかく最高にかっこいい。社会の窓なんて…気にならないと言えば嘘になるが、どうでも良くなるぐらい最高!
そんな「うそーん」が記憶に強烈な「Century Lovers」からは、「うそーん」な人が上着を脱いでおり、さて、それでは、もっと熱くなりますか!といった号令みたいだ。「もっともっといけるぞ叫べ!」ってところ、寝そべった昭仁に首を傾げる晴一などが好きで、ま、結局全部好きで、どうしてこうも見てるだけでワクワクするもんなのだろうか♪

次の「NaNaNa サマー&ウィンターガール」は、曲自体はあまり好きじゃないけど、ライブではすごく楽しいって聞いたので、というか、「NaNaNa サマーガール」をライブで聴くという夢を見たことがあるので、深層心理ではライブで体験してみたいのかもしれない。
「Mugen」はこれとか他のDVD見て、ライブで聴いてみたいなと思っていた所、「ロイヤル ストレート フラッシュ」で夢が叶ったので満足な一曲。曲も好きだけど、これもまたPVがそこはかとなく面白くて好きだ。間奏が終わってナンカ出てくるボーカルとかが好きだ(笑)
そしてライブでよくやるシングルが続き、「アゲハ蝶」へ。大好きな曲だけど長くなってきたので飛ばす!
本編ラストは「グラヴィティ」。ホントに幸せ。が良い。本編ラスト前の言葉って、どうしてこうもジーンと来るのだろうか。更にただでさえジーンと来る「グラヴィティ」だもんだから、ジーン、ジーン、ジーン祭りでございます!といったジーン。CD通りにワンワンとかやけにメルヘンな終わり方だけど、DISC2しょっぱなにはもっとメルヘンなものがおでましになるので、さぁ!さぁ!とDVDを入れ替える。

そんなアンコールは貴重!「ウェンディの薄い文字」始まりだ。うん!ストロベリーボイス!
とにかく可愛い「ウェンディの薄い文字」は、メガネがとっても好きなんだけど、「撫ぜるだけさ」で耳に手を当てて、観客の「撫ぜるだけさ」レスポンス後、嬉しそうに笑うのもとっても好き。花畑に立つ晴一の映像なんて、もう、ちょーメルヘン♪

「ライン」がアンコールに来るのは意外って感じがするけど、何となくライブであまりやらなそうな「ライン」。聞くと苦しくなるけど実はすごく好きな曲だ。一回でいいからライブで聴いてみたい。泣けるやもしれん!「何も最初からなかった」とかってもうホント…。どうしてこんなに切ないのだ、どれ、父さんに話してみなさいって、大黒柱が意味無く登場しちゃうぐらい切ない。

で、存分に切なさを味わった後のMCがまた格別で、何がって、高いとこにいきすぎちゃった「ウェ♪」いじり後の睨みとか格別!更に、「呼ばれたいんか」の流れとか格別!
ま、一番格別なのがラストの「ジレンマ」なのは当然。
「OPEN MUSIC CABINET」の「ジレンマ」は、「とびたーい」「あばれたーい」があるのが良い。やっぱり、どうしたい?って聞いて欲しい!更に、とんでそして?って聞いて欲しい!
「OPEN MUSIC CABINET」に限らずだけど、DVDの「ジレンマ」見ると、ホントライブに行きたくて仕方なくなる。この世にこんなに楽しそうな事があるのか!って、初めてポルノのライブDVDを見た時に思った。そして、参戦してからは、ホントにあった!って素晴らしいものを見つけたって感じになった。

過去のセットリストってあまり熱心に調べないので、これが全部なのか良くわからないんだけど、二枚組みだし、最後にあっちゃこっちゃ行って観客に挨拶する所まで入っているし、盛りだくさんな「OPEN MUSIC CABINET」DVD。ポルノのお二人がすれ違う時に、あ、どうもどうもみたいな感じでお辞儀をするのが微笑ましい最後までたどり着き、何故に生声挨拶は無いのか、やってないのか入っていないだけなのか疑問だが、とりあえずDISC1に入れなおし、やっぱり「Mr.ジェロニモ」をもう一回見るのだった♪

| | コメント (0)

最近のポルノ

ちょいと北に行っている間に、何やらポルノ的な動きがあったようで…。
新曲の情報がデター!

代々木で歌った新曲が、「この胸を、愛を射よ」に決定!
正直、「ワンウェイチケット(仮)」じゃなくてよかった…。
それにしても、バラードのままらしいし、曲調はあまり変わってないのかな。そうだとしたら、「この胸を、愛を射よ」って情熱的なタイトルどうなんだ?結構ゆったり目のバラードだった気がするんだけど。ま、そこら辺はプロだし、「ワンウェイチケット(仮)」よりかっちょいいタイトルだし、素人がグダグダ考えていても仕方ないので、ラジオあたりで初披露される日をワクワク待とうではないか♪

そして、「この胸を、愛を射よ」の作詞作曲が晴一なのに対して、カップリングは作詞作曲昭仁。その名も「ダイヤモンド」!ダイヤモンドだねぇ~あぁ~あぁ~♪と、浮かんだ人は数知れず!
…って事はどうでもいいけど、明るい曲らしい。最近の昭仁作詞作曲カップリングで、明るい曲というと、「グッドニュース」が思い浮かぶので、そんな感じなのかな?と思った所で、もっと期待したいと考え直す。

だから、昭仁作詞作曲のカップリング限定で、明るい曲を探してみた。
明るい曲…明るい曲…と、古い曲から眺めていくと、まず「見つめている」が出た。ある意味!次に「Swing」暗い!「音のない森」カップリングは「音のない森」の一部って感じがするから飛ばし、「見えない世界」名曲!明るいか暗いか言われたら明るいが、明るい曲と言うより、名曲!更に「夕陽と星空と僕」名曲!「Theme of "74ers"」CD持ってないから良くわからない!「Sheep」いいぞ、明るい!「ジューンブライダー」明るいというか、何というか!「Devil in Angel」明るいというか、何というか!「Stand for one's wish」あんま聞いてないから良くわからない!「ホール」穴蔵!「サマーページ」良くわからないから飛ばす!「グッドニュース」で以上だ。
こう並べると「Sheep」がいい感じなので、「Sheep」っぽい曲ならいいなぁという結論に達してみた。「見えない世界」レベルまでいっちゃえば言う事ないが!

ところでap bank fesだけど、いいなぁ、行きたかったなぁと思いつつ、どうやら「今宵、月が見えずとも」「リンク」「ハネウマライダー」と来たらしい。全部「ロイヤル ストレート フラッシュ」でやった曲だけど、野外というか夏フェスではまた別ものだろう。
特に「ハネウマライダー」なんて最高♪
apで「ハネウマライダー」やってそれはもう盛り上がっただろう数日後に、私は岩手で必殺!ハネウマ殺し!をおみまいされていたわけか(笑)

そんな感じで、最近のポルノは少し動きがあったわけで、それだけでワクワクは加速してゆく。何はともあれ、早く新曲聴きたいな~と思うのだった♪

| | コメント (0)

夏を満喫!グルメといで湯!ぶら~り岩手の旅2

さて、岩手の旅最終日。
宿を出て、近くのコンビニへ。水を買おうと思って行ったんだけど、ウコンの力を目にし購入。本当にこの日は良い天気で、日なたはジリジリする暑さだけど日陰は風が涼しい。北国の夏って最高!
R先輩が迎えに来てくれるまで、近くのバス停で涼しい風とキレイに晴れた空、名物らしい風鈴の音色がどこからともなく聞こえてきて、うっとりしながら、ウコンの力を一杯ひっかける情緒のない私。
うっとりひっかけていたらR先輩が現れ、本当に岩手にいる私を一通り笑いながら出発だ!

車に乗ったら、ポルノがかかるとばかり思っていた所、ナント!「おねがい! NACS SUMMER!」が流れ出した!ビックリ、後、爆笑!さすが先輩だ。しっかりと「おねがいナックスサマぁ~♪」と歌って踊る車内。やばいぐらい楽しい。

まずは小岩井農場へ。そう、水曜どうでしょうの名作、対決列島、岩手対決で伝説の「ありがとう安田顕」が記憶に強烈なアソコに行くのだ!
改めて対決列島を見ると、小岩井農場で対決するという発表、やっぱり湖を背景にしている。前日に雨の中歩いた湖だ!対決場所に向かう途中も、同じ景色。先輩にここも映っていると言われ、熱心に写真を撮ってよかった。
岩手対決の場所は小岩井農場の中ではなく、外で、ロケ地を事前に把握している先輩の案内で行ったんだけど、それにしてもこんな所、ぽっと行っただけでは絶対見つけ出せない。
そして牛乳二本と牛乳まんじゅうを買う。ロケ地はここか!見覚えがある!おおマサに!と興奮し、熱心に写真撮影をした後、本気で牛乳を早飲みし、溢れ出る牛乳を大地に戻してニヤリ。二本目は味わって飲む。伝説の地に立っているし、牛乳は美味しいし、天気も良いし、とにかく最高だ!そんな最高な気分と、ウコンの力と、牛乳とが色んな具合で交じり合い、二日酔いもどっかへ飛んでった。

それから、桜前線や、牛が吊るし上げられた東北バスツアーでオナジミの「前沢ガーデン」へ。道中のお供はもちろんポルノの曲。普段車に滅多に乗らないというか、免許を持っていないので、車でポルノの曲を聞きながらドライブするって、結構難しい夢だったんだけど、それが叶って言う事無い。先輩が用意していてくれた、ブラボーな参戦記録のチケットとか昔のポルノが出ている雑誌を熱心に見、目がハートになっていたらいつの間にか到着していた。
「前沢ガーデン」では牛が吊るし上げられたのはここか!それともここか!恐らくここだ!と、普通とは違う着目点になるのは仕方ないと思う。ランチは前沢牛のメインがあるコースを食し、どれもこれも素晴らしく美味しくって、大!満!足!

更に、同じ企画の、厳美渓、郭公団子へ。郭公団子は、岩手と聞けばココ!と、ずーっと行きたいと思っていた所だ。美しく清潔な渓谷には目もくれず、郭公団子ホントにあるぞ!とまたもや大興奮。観光地らしく人が多かったんだけど、次々飛んでくる団子を激写する手は止まらない。すごく暑くて、汗ダラダラになりながら、夢の板を叩く。カンカン♪と叩いたら、向こう岸の人がロープを手繰り寄せ、しばらくして団子が飛んできて、二人なのにもう一人見えたのかわからないけど、お茶が三つ入っていたのは…もしや。
日陰に団子と腰を下ろし、桜前線と同じ団子だ!と感動の涙に気持ち塩っ辛くなる団子を食べる。もちろん一串五発で、とっても美味しかった。そして、事前予習の成果で、洋ちゃんとミスターが座っていた岩を見つけ、興奮して座る。普通は渓谷をバックに写真を撮るんだが、私にとっては岩に座っていた事が重要なので、渓谷はいっこも映っていない岩の写真を撮り満足。

どうでしょう岩手の旅は続く。次はこれまた同じ企画、でっかい団子でオナジミの「鬼の茶屋」へ。あの団子を食べるのか?食べられるのか?でも来たからには食べるか?とか色々思っていたが、閉店していた!ちょっと安心した(笑)
だからお店の写真を撮り、来れた事に満足する。
盛岡に戻る道中、アイスが食べたかったので、「芽吹き屋」というお店に寄る。先輩が教えてくれたけど、ここもナニゲに縁の地で、藤やんが大好きなお店なのだ!そこでずんだとストロベリーのダブルという奇跡のコラボにしたジェラートを。そういえばずんだ買って帰るの忘れてた!でもここでジェラートだけどずんだ食べたからいっか♪

ここら辺で、ある神がかり的な出来事が。ポルノの曲を聞きながらドライブ♪という夢があったと書いたんだけど、特に「ハネウマライダー」が良い。ハネウマのように乱暴だけど、爽やかに晴れた日、爽やかに駆け抜けるドライブには最高の曲じゃないか♪と思っていた。
そして、満を持して「ハネウマライダー」が来て、もう最高♪と思っていたら、カンジンのサビになった所で、前にノロノロ車が。サビが終わるとノロノロ車がいなくなる。そして次のサビこそ!と思っていたら、またもやサビでノロノロ車が。やっぱりサビが終わるとノロノロ車がいなくなる。で、でもまだサビはあるし!と思っていたら、最後のサビで赤信号(笑)
必殺!ハネウマサビ殺し!が炸裂した神がかり的な岩手にある意味感動!

そんな神がかりを経験しつつ盛岡に到着。最後の食事は、満を持しての冷麺!おにぎりあたためますかで、本気でわんこそばに挑戦するマミちゃんを置き、シゲ洋二人で行った「もりしげ」というナイスな名前のお店に行く。そのお店にはしっかり写真つきのサインがあって、大阪とかおにぎり縁のお店で最近サインを見かけなかったので嬉しいなぁ~♪と激写!
カンジンの冷麺はめちゃめちゃ美味しくて、これは最高にアタリ!なお店だ。ああ、今でもまた食べたい。

帰りの新幹線まで時間がたっぷりあったので、先輩に教えられ、うれしーが大好きな一風変わった狛犬がいる神社へ。階段を登ると、ちょうどいい具合の夕陽で、遠くの山と雲の間に光る朱いオレンジな光が幻想的なぐらい美しくって、先輩と見入る。狛犬はホントに変わっていて、こま…いぬ?って感じの、不気味であり可愛くもあり、不思議な魅力があった。

盛岡駅では、サイコロを振った場所を教えてもらい、そこでも激写!これ以上無いってぐらいどうでしょう的な岩手を満喫する。
時間までお茶しながら、おしゃべりは続く。東京ドームへのワクワクも高まる。
本当にこの日、先輩に色々してもらって、遊んでくれただけでも嬉しかったのに、感謝!感謝!感謝!ばかりだ。

そんな感じの、最高!続きな岩手の旅。宮澤賢治が好きなので、次は花巻や、夜しか知らない小岩井農場の昼など、また色々行きたいと思った岩手。特定の場所とか、お店とか、人とかで各地好きな所はあるが、岩手は底知れぬ魅力がある気がしている。こんなに忘れられない景色を感じた旅も珍しい。
二泊三日と短かったけど、最大級に満喫して楽しく過ごした。だからいっぱい元気を貰って、またしばらくつまらない東京の日常も始まるわけだが、次の楽しみの為に色々がんばろう♪と思うのだった。

| | コメント (3) | トラックバック (1)

夏を満喫!グルメといで湯!ぶら~り岩手の旅1

岩手に行ってきたので、その思い出などを。

ずーっとワクワクして待ち望んでいた岩手への旅。東京駅で駅弁買って、友達とホームで会う所からワクワクは加速してゆく。2時間半友達とおしゃべりしていたらあっと言う間に付いた盛岡は、予報どおりの雨。チェックインまでに時間あったので、地元デパートで翌日買う予定のお酒などを下見する。

慌ただしく結婚式出席の準備をして、会場へ。新郎新婦共、東京に住んでいるんだけど地元が岩手なので、親戚から友人から地元っ子だらけで、人見知りの私は友達と始終ベッタリだった。
式の最後に花火が上がって、すごく楽しかったんだけど、後で聞いたら、晴れていたらもっとキレイに花火が咲いたらしい。そして超美味しい料理にお腹イッパイになって、ドレスのウエストが大変な事に(笑)

二次会も出席するので、ホテルに荷物を置いて近くの二次会会場へ。披露宴以上に地元っ子が集まりワイワイで、肩身が狭い狭い。そしてその日は4時起きで髪型の試行錯誤をしていたので、ドロドロに眠く、忙しい花嫁と話出来るチャンスだけを待ち望み、超キレイな花嫁さんと話をしたり写真撮ったりして満足する♪

翌日も雨で風も強く、何なら嵐と言ってもいい。盛岡ではタクシーを何度か使ったんだけど、方言が強い運転手さんの時、東京っ子の友達は何を言っているか分からなかったと言っていてビックリした。私は全部分かったからだ。そう考えると、やっぱり東北は北海道と方言も似ているんだなぁとつくづくだ。お土産屋さんで「ちょさないで下さい」と書いていて、友達はどういう意味?と聞いてきたけど、ちょすってなまら使うべさ。
岩手三大麺のひとつ、じゃじゃ麺の「白龍」がデパートに入っていたので、そこで食べる。私も友達もイマイチだったね…と感想を述べたじゃじゃ麺。ま、名物は食べたという経験が大切なので、その点では満足だ。

それからバスでつなぎ温泉へ。ドロドロに眠かったので、心地好いバスの揺れに任せて眠っていたら、危うく乗り過ごしそうになって、慌てて運転手さんに「降ります!」と叫んだり。
宿に着いて可愛い浴衣を選び、雨が降っていたけど湖までそぞろ歩く。温泉街って温泉饅頭とか売ってるお土産屋さんがあるもんだとばかり思っていたら何も無く、コンビニでお土産がちょこっとあったぐらいな商売っ気の無さにビックリだ!

夕食までに一度温泉に入ったら、空いていてノンビリ露天風呂に浸かり、どうでしょうの洋ちゃんのごとくガッツポーズもそりゃーやりたくなる。
脱衣所で、あまりにもダメダメな帯の結び方を見かねた盛岡から来たご婦人たちに、キレイに帯を結ってもらう。それにしても岩手では、このご婦人やR先輩をはじめ、駅員さんからタクシー運転手、ホテルや旅館の人と、とっても親切にしてもらって、一気に岩手が大好きになった。そして、各地を色々行ったけど、やっぱり北の方はしっくりくるというか、ホッとする。気候や方言、人柄などが生まれ育った北海道に似ているからだと思うんだけど、始終リラックスして楽しむ事が出来た。

朝にホテル朝食をしこたま食べ、それからすぐにじゃじゃ麺を食べ、あまり動いていなかったのでお腹が空いていなかったんだけど、宿の夕食。しっかり食べた。生ものが食べられないって事前に伝えていたら、しっかり違うもの用意していてくれて、とっても嬉しかったし、もちろんとっても美味しかった♪
ちょうど時期が良かったので、蛍が見られるツアーをお願いしたら、参加者私たちだけ!蛍の時期は終わりに近かったので、行く予定だった足場の良い場所はもう出ないらしく、足場が悪い芝生を行く小岩井農場の蛍スポットに変更になったんだけど、サンダルの私たちはそれでも見に行きたかったので色々覚悟をし望んだら、会う人会う人に驚かれた(笑)
でも思ったより歩けて、暗闇が怖かったけど星がめちゃめちゃキレイにいっぱい見えて、ギリギリ晴れた夜でも風が強くて寒いから、蛍があまり多くなかったけど、生まれて初めて見る生蛍の光に感動だ。
小岩井農場の蛍ツアーのお客さんたちもいたけれど、すれ違いに私たちだけになり、小岩井農場の人と、つなぎ温泉の人、二人につきっきりで蛍の事や星の事、小岩井農場の事までノンビリ蛍見ながらすごく沢山教えてもらい、プチ蛍博士になった私。このツアー、寒かったりサンダルがドロドロになったりしたけど、蛍ももちろん、特に広い芝生の向こうに木々があって、その上に満点の星空っていう景色が夢のようで忘れられない。説明をしてくれる人の話も楽しかったし、とっても親切だったし、ホント参加して良かった!最高!

それからまた温泉に入り、お酒が大好きな二人だったので、買い込んでいた地元のワインで夜通し酒盛りだ!最高!…と思いきや、またしても飲みすぎてしまい、いやー友達には迷惑かけた!眠っている友達の横でグルグル世界がまわり、何度トイレに駆け込んだか…。お酒が弱い事を認める時が来た。もう、お酒飲みすぎません。と、負け戦の誓いをする。
朝、朝食後時間あったので温泉に入り、朝から温泉に入る贅沢を噛み締めつつ、お酒を抜く事に必死だ。いち早く帰る友達を見送り、部屋に一人になる時間があったんだけど、布団に横になって、ものすごく晴れている空を眺めていたら、静かだし晴れているし、でも外から入る風が涼しくて気持ち良くって、これも忘れられない景色になり、岩手で何度も感じた幸せだなぁ~を改めて。

それからR先輩とお会いし、いよいよのどうでしょうツアーに突入するわけだが、長くなるので今日はこの辺で。とにかく幸せいっぱいの岩手なのだった♪

| | コメント (0)

予習の女

明日はap bank fesにポルノが出る日だ!…でも私は逆方向にものすごい速さで移動をする事になっている。そして北へ!更に北へ!もっと北へ!

で、北へは結婚式出席が目的ではあるけど、折り良く三連休。旅を楽しまないワケがない。旅と言えば!そう、水曜どうでしょう!
関東に住んでおり、北海道出身である私は、その間にある東北は盲点だったりする。実家の北海道に帰るとき、たまーに新幹線を使うことがあるんだけど、新幹線で通り過ぎるだけであまり満喫した事が無い東北。嗚呼、憧れの東北。特に、東北をどうでしょう的な楽しみ方で旅をするのははじめてだ!

というわけで、結婚式に出席するからには、いつもより念入りに身なりを整え、旅の準備を進める。それがやっと終わった所で、水曜どうでしょうをDVDプレイヤーに入れる。そう、予習すべくだ。

まずは桜前線を。久しぶりだなぁ~と感慨深げになりつつ、郭公団子やステーキやでっかい団子を特に熱心に見る。
そして、東北バスツアーを。久しぶりだなぁ~と感慨深げになりつつ、桜前線と同じ場所を特に熱心に見る。
最後に、対決列島。伝説の牛乳対決を特に熱心に見る。ホントこれ、何度見ても名作だ!もうダメだ。面白すぎる!
思いのほか時間が余ったので、ついでにおにぎりあたためますかの東北のヤツを、いっぱいあるDVDの中から苦心して探し、冷麺の所を特に熱心に見る。

そんな感じの、旅前日。不意にちょっと会いたい人から突然飲まない?という連絡が来ちゃって、でも予習をせねばならないので断ったどうバカな私。どうして今日なんだ…。
そういえば、明日は結婚式にap bank fesがかぶっているのの他に、友人が企画した楽しそうな事ともかぶって、どうして明日なんだ…。と、暇な日がたくさんあるのに、よりによってどうにもならない日に誘いが来るんだ!

ま、夏の旅の予定がこれっきりだもんだから、ものすごく楽しみにしていた明日からの旅。一緒に結婚式に出席する友人とは、温泉宿でしっぽり楽しむし、現地には地元っ子であらせられるR先輩がいらっしゃるわけで、遊ぶことができるのだ♪やーだー楽しみー♪と、長い事ワクワクしていた旅が明日から♪
そんなわけで、明日は早起きだから、熱心な予習もこのぐらいにしておいて、ワクワクしつつ明日を待つのだった♪

| | コメント (2)

指先を焼く日

昨日、たまたま朝の占いをテレビで見たら、私の星座が最下位だった。占いって滅多に見ないから、久しぶりに見た時に最下位ってちょっとヘコむ。でも占いなんてどうせ当たらないし、数分後には最下位だった事何て忘れちゃって、いつものようにポルノ聞きながら灼熱の中ルンルン♪と出勤。何事も無く仕事を終える。

ところで、どうでもいい話だが、私は小さな頃から白髪が多い髪質だ。次、髪を明るくする時はムラが出る事を覚悟で!と美容師さんに言われていたから、しばらくは黒髪で通そうとしているんだけど、白髪が目立ち始めた。黒髪なのに、黒のカラーリングを美容室でするのはもったいないので、自分でレッツ!白髪染め!をしようと、ちょっと前に泡になって出てくる楽そうなヘアカラーを購入していた。
めんどくさくて購入したまま部屋の片隅にそのヘアカラーは横たわっていたが、昨日思い立って実行!

説明書をざっと読み、グワ!っと豪快に泡を揉み込む。これは確かに簡単だ!…と思っていたら、思いのほか泡が余って、でも使い切らないといけない気がして、最後はドバーっと泡を出した。そしたらいっぱい出た泡が床に垂れちゃって、でも気にせずに作業は続いていく、一人暮らしの上京ladyベイベ♪
で、揉みこみ完了し、しばらく染まるのを待つ時間が黄昏と共に流れ出したとき、床に落ちた泡が見えた。片手だけゴム手袋を外し、掃除をする。…が!ここでビックリ!床がキレーに黒に染まっている!慌ててゴシゴシやっても取れる気がしない。よくよく説明書を読むと、床には新聞紙などをと書いてある。
自分でヘアカラーするなんて、学生時代以来だから、そんな注意点すっかり忘れてて、ものすごく気楽なテキトーな気持ちでやったらこうなってしまった!ちなみに肩とかオデコとかも若干黒に染まったが、お風呂でゴシゴシ洗ったら取れた。

お風呂でゴシゴシ下荒井…じゃなくて、まんべんなく洗い、ヘアカラー後のあの匂いは気になったが、カラーリング自体は豪快にやったのにキレイに染まっていて、自宅ヘアカラーの進歩に唸る…って、それどころじゃなく、床をナントカせねば!

早速ネットで調べた所、床についたら落ちません。という残酷な文字を目にしつつ、塩素系の液体でゴシゴシすれば取れると発見。でも木の床には使用しないで下さいとあったけど、ちょうど漂白剤があったので、試しに…と、ティッシュに含みゴシゴシしてみる。そしたら徐々に落ちてきて、落ちてきたらホッとしてきて、でも中々落ちないから夢中でゴシゴシする。これは、何らかのトレーニングか!というぐらいゴシゴシする。結果、翌日腕が筋肉痛だ。
その成果があり、だいぶ色が取れ、少し残っているけどめんどくさくなったので良しとする。木目が少し白くなったが、ま、あの真っ黒いシミが残るよりマシだ。

それにしても、よくよく説明を最後まで読まない自分にガッカリなんだけど、そのゴシゴシ作業中、指が痛み出した。漂白剤にも、塩素でゴシゴシすれば取れるとあった所にも、注意書きがあった。使用の際には手袋を。
慌てて、床をナントカせねば!ということばかり考えていた私は、徐々に落ちる染みに夢中になり、塩素を含んだティッシュを生で長い事触っていたのだ!再び慌てて手を下荒井…じゃなくて、きちっと洗い、手袋して染みを落とす作業は続いていく、一人暮らしの上京ladyベイベ♪…って呑気に「Jazz up」歌っている場合じゃなく、それからも指がキリキリ痛む。どうやら焼けている?みたいな、皮膚が薄くなっている?みたいな感じだ。

…そんなドタバタ続きでぐったりな昨日。そしてハッとする。占い最下位はこの事なのか?
ってなわけで、キリキリ痛む指を抱え仕事をしたわけだが、仕事柄キーボードばっか打っているから、打つたびに痛む指先。でも激しく荒れているわけじゃないし、そのうち皮膚が再生するだろうと自己治癒力を信じ、これからは何かをする時、ちゃんと説明書をきちっと読んでから挑もう…というありがたい教訓の代償に、汚れた床と痛む指先を抱えるのだった。

| | コメント (0)

カップリングゴーゴー♪

タッタッタータッタタターラー♪ってな風に「グッドニュース」が一日中頭に鳴り響いていた今日。それは私が都民だから!
ごく一部の人たちはとても「グッドニュース」何て鳴り響かない日だろうが、庶民である多くの都民はヨッシャー!とジェロニモばりに叫んだかもしれない。
これからもっと「グッドニュース」が頭に鳴り響くかどうかはわからないが、ま、堅苦しい話はここら辺で止めといて、もっと楽しいポルノの話へ♪

「グッドニュース」と言えばもちろん「Love,too Death,too」のカップリング曲。シングルA面よりカップリング曲が好きな事が多い私は、もちろんポルノもそう。分りやすいのは「サウダージ」「メリッサ」「愛が呼ぶほうへ」などの、A面も充分名曲だけど、カップリングが超名曲揃いなシングルたち。
それで、最近、私がポルノにハマッてから発売された「痛い立ち位置」以降の、新しいシングルのカップリング曲を良く聴くようになった。

今一番マイブームである「ダイアリー 08/06/09」は、ものすごく聴いている。
「ダイアリー 00/08/26」と比べると、「ダイアリー 00/08/26」の方が人気ありそうだが、私は「ダイアリー 08/06/09」がとっても好きだ。
それは、「ロマンスポルノ'08」以降ジワリと押し寄せ、A面の「ギフト」もジワリと押し寄せているから、カップリングの方が好きとは言い難いが、何というか、「ダイアリー 08/06/09」は楽しかった淡路の象徴みたいな曲になっている。
初めて体験したポルノオンリーライブである「ロマンスポルノ'08」は、色々思い出すことが多いんだけど、その思い出のほとんどが淡路だ。

今と比べると、ポルノに関して右も左も分からなかったあの頃。勢いで行った淡路であったけど、特に日が落ちてからの雰囲気は忘れられない。
淡路ライブを一緒に見た人から、昔ポルノのライブに参戦した時、音楽と一体になった瞬間があって、すごく気持ちよかったって話を聞いていて、多分私はまだそんな感覚になった事は無いと思うんだけど、「ロマンスポルノ'08」の「Report 21」以降、頭より先に体が動いているという感覚にはなった。それは、音楽とステージの強い光と、まわりの観客の興奮、淡路の夜風が全部相まって、だけど音楽以外全部無くなったみたいな感覚。すごく楽しくてすごく気持ちよくて、ますますポルノのライブがやめられないとまらない~♪かっぱえびせん状態になったもんだ。

それで、最後の「ダイアリー 08/06/09」。私の位置からは後ろを見る形になった、中央ステージにポルノのお二人だけがいて、ギターの音と歌声、途中からは観客の「ラーララララー♪」。シンプルで、だから余計に夜の淡路という情緒を感じたラスト。本当に忘れられないひとときだ。
「ジレンマ」でグワー!と終わり、飛び尽くして、もう…立てません…教官!私はドジでのろまなカメです!といった状態になるのが、当然最高の終わりで一番大好きなんだけど、「ダイアリー 08/06/09」終わりみたいなジーン…と終わるのもまた良い。特に、野外では。
そんなわけで、「ダイアリー 08/06/09」がジワリと来ていて、「ロイヤル ストレート フラッシュ」経ての今何故かマイブームになっている。

その他には、「Time or Distance」が今まであまり聴いていなかった分新鮮で良く聞き、カップリングじゃないけど、私にとってはカップリングなイメージの「A New Day」も同じく最近お気に入りだ。
「A New Day」は出勤途中不意に流れてくると、ちょっと元気になったりする単純さが良いではないか♪

カップリングが好きだからって、全部が全部そうではなく、全く聴かないカップリングもあったりし、「リンク」のカップリングは多分カラオケで歌えないぐらい聞いていない。でも、それらも今後もしかしたらハッと聴きだすかもしれないし、今まで苦手だった曲が好きになるのはポルノ曲ではありがちだ。
だから今日も今日とて、カップリング曲を中心に聴きつつ、レッツゴーゴー♪と働いちゃったりするのだった。

| | コメント (0)

気持ち悪いドラマ

楽しい週末♪…に行き着くまでの先週は辛かった…。何がってしこたま酔った翌日とか辛かった…。朝になっても酒が抜けず世界が回り、酒なんか二度と飲むか!って今まで何度も何度もなーんども~♪思ったんだけど、ま、どうせ飲むけど(笑)

で、顕ちゃん出演の「コールセンターの恋人」二週分と、洋ちゃん出演の「赤鼻のセンセイ」初回をやっと見る。
「コールセンターの恋人」は「ハケンの品格」っぽい感じなんだろうなぁと見たら、やっぱり同じ匂いがする。ナレーションとか、何かトラブルが起きて、すごい人がそれを治めるみたいなストーリ展開とか。しかしどうにもあの主役がダメで、気持ち悪い。何であんな気持ち悪い性格の男が主役なの?と思うぐらいだ。最初から気持ち悪いけど、それが徐々にまともになっていくんだろうか~などと思っていたら、二週目で随分な心変わりぶりで、付いていけなくて得体が知れなくて気持ち悪い。
そんな気持ち悪いのを我慢して見ていたら、顕ちゃんのビジュアル(笑)
あんな安田先輩ちっくなら、もっと安田先輩みたいなベタっとしたしゃべり方というか、主役よりも得体が知れなくて気持ち悪い感じにして欲しいが、割りとマトモな人だ。
ま、これは、気持ち悪さが何とかなったら見続けようかと思う。

そして「赤鼻のセンセイ」。思ってたよりも面白かったけど、確かにウザイ!そしてこちらも主役が気持ち悪く…(笑)
最近ドラマ見てなかったけど、気持ち悪い主役がマトモになっていくっていうのが流行っているのか?
ストーリーとか、特に子役が良かったので、主役のウザさと鳥肌ものの臭さと気持ち悪さが何とかなったら、これも見続けようかと思う。

そんな気持ち悪さを払拭しようと、カラオケへ…ってワケじゃないけど、とにかくカラオケへ。
そしたら、ずーっと望んでいた「おねがい! NACS SUMMER!」が入っててビックリ!もちろん歌ったけど難しい!練習しよう!
「KILL ME」とか「スマッシュヒット LOVE バシーン!」とかも入ってるのでは?と探したがこちらは無し。去年のジャンボリー曲からは「おねがい! NACS SUMMER!」だけっぽい。特にコレがリクエスト多かったのかな?
…って、曲名書いていくといかにバカらしいタイトルなのかが改めて。そんなとこも好き~♪

そんな週末。NACS関連で、ずーっと見たかったブツが手に入ったので、しばらくはNACS祭り!になりつつ、早速早速…と、NACS祭り開催をするのだった♪

| | コメント (0)

ついてつられてついつられ

ここ最近は…というと、ついてたりついてなかったり。

ついてた!という事をピックアップすると、とにかくNACSについて。
「宮城野」の先行、私は相変わらず取れたけどイマイチ…という席だったんだけど、お友達がナント!一列目をはじきだし、一緒にお芝居を見に行く予定は無かったが、顕ちゃんを間近で見れる機会なので顕ちゃんが好きなアナタを…とお誘いいただき、マンマと同行する事に。
私が取ったチケットでも見るので、結局「宮城野」は二回見る事になるが、ま、顕ちゃんだし♪ってわけで、ちょいと顕ちゃん不足になっている昨今であるからして、生で!顕ちゃんを!間近で!見れる!わけで!
「宮城野」というと、鬘は気になるが、着物な時代を感じるお芝居らしいから、着物が超似合う顕ちゃんを眺めつつ、もちろんお芝居も楽しもうと今からワクワクだ♪

で、「ライトフライト」。先行をすっかり忘れていたアレだ。
これも、友達が一列目をはじきだし、イヤ…マジで~!って叫んだ今日この頃、どうせ後ろの方しか取れなかっただろう私が申し込まなくて結果オーライ!ってなった。
実際、ライブならともかく、お芝居の一列目って見づらいんだけど、NACS関連のお芝居なら話は別だ。NACSを間近で見られるチャンス!不謹慎だろうが何だろうが、お芝居楽しみつつ、もっと生NACSを楽しもうと気合い充分だ。

ついてる事が私的に最高な感じなので、ついてない事が薄れていくが、しょうもないついてない事について。
朝の風物詩、通勤ラッシュの電車には色んな人がいて、思わぬ事態が起きることもある。座れてホッとした矢先、上からタバコの灰のようなものが降ってくる事だってある。服についたその灰をはらっても汚れが残って、これ以上降ってこられると嫌だから、サスガに人目もハバはらず、棚に荷物を置いた人に一言物申す。
それにしても、ヤケに怒り出す人は別次元として、特に朝の電車に乗っている人って大人し過ぎる。灰事件で、私の隣に座っている人の方がもっと被害受けていたのに何も言わなかった。朝から嫌な気分になりたくないとか、疲れたくないとかあるのかなぁ~と思うんだけど、お金とか猫とか幸せとか素敵な出会いとかポルノとかNACSとかが降ってくるならともかく、灰って!

そんな感じの昨今。体調が悪かったり、いつものように辛気臭かったりするが、何やらでっかい仕事が入りそうな雰囲気なので、ここはいっちょ頑張るか♪って感じになっているからして、仕事もNACSやポルノ的なプライベートもワクワクがいっぱいな感じなのだった♪

| | コメント (0)

東京に住む

昨日は仕事が手につかない程、引越し先について悩んだ。
日曜にRミナ両先輩に相談したのと同様、会社でも仲良い人を捕まえて相談する。そしたら、女性と男性で意見が全く違う面白い発見が。女性はキレイだったりオートロックとか、トイレお風呂別とかに良いね!とか言うが、男性は広さにこだわる。
会社ではどうしても相談相手が男性ばかりになって、相談した部屋はキレイだけど狭いので、俺ならここは絶対住まない!と言われる。そんな相談をしていると、何を話しているの?と言わんばかりに集まる仕事仲間。そんな男性たちから、その予算ならもっと良いとこあるとか、急いで探す必要が無いなら妥協するな!とか、もっと歩け!とか、俺の住んでるとこ良いよ(千葉)とか、俺の住んでるとこ安いよ(埼玉)とか、果ては断りの電話入れてやる!とか言われる。結構、そこにする気になっていたんだけど、そこまで言われるとう~ん!となって、ポルノのいちいちかっこ可愛い歌っている方と同じナイスな名字の営業マンに断りの電話をする結果に。

それにしても、男性陣が広さにこだわるのは、飲み会後などに、不意に女性を招くチャンスがあった時、狭いとかっこ悪いでしょ?って言ってて、男の見栄的なものを感じて面白かった。部屋を決めるときに、そんな事を考えているんだコイツ…とか思って(笑)

ま、同じ予算でも、オススメされた千葉とか埼玉とかにすればもっと素敵な部屋に住めるんだけど、私は住みたい街がバシっと決まっているから、そこは貫きたい。早く引っ越したいが、確かに焦っているわけじゃないし、もっとのんびり探し、東京ウンポコが埼玉ウンポコに変わらないようにがんばるか!

そんな感じで、東京に住む私。東京と言えば、今、都議会選真っ盛り。
駅では毎日誰かが演説をしている。紙を配っているから、見る価値無いという人以外のはもらって読んでいる。誰に投票するか考えているからだ。
投票券が無事届くとホッとするのは、届かないという人の話を良く聞くから。もしかしたら大切な投票券、何かしらの組織的なアレに利用されているかもしれないと思うと、きちんと税金払って住んでいる所の、色々ある不満に意見を言える貴重なチャンスなのに、そんな悔しい事は無い。
投票日は今週の日曜日だけど、会社帰りに行けるし、とっても便利だから、いつものように期日前投票しようと思っている。下らないテレビのニュースとか見て判断はしたくないので、それまでに誰にするか決めるべく色々調べるかな♪

そういえば、こういう選挙的な話をすると、誰に入れても同じでしょ?とか、テレビで面白い発言してたからアノ人にとか、個人の考えだから何とも言えないけど、それはどうなの?と思う事を言う人が本当にいる。
テレビで…は論外として、誰に入れても…は、まぁそう思うのも仕方ないけど、私が男だったらアプローチしている!というぐらい大好きな女友達は、投票したい人がいなかったら、堂々と白紙投票!と言っていた。そんな所も好きだったり♪

今まで政治的な事とか、時事的な問題とかに全く興味無かった友達が語学留学した時、授業でも雑談でも他の国から来た人たちがそんな話を真剣に、とっても詳しく話していて、全然知らない自分が恥ずかしかった…という、興味深い話を聞いた。だから、語学以上に考えた方の問題として、その友達はすごく良い経験をしたんだなぁ~と嬉しくなる♪

ってなわけで未だ東京に住んでいる私。とりあえず投票に行って、そして部屋探しを、NACSやポルノの魅力を知れてすごく楽しい思いをいっぱいした良い出会いと同じような、素敵な部屋との出会いが出来るまでがんばろうと思うのだった。

| | コメント (0)

おしゃべりと「音のない森」的景色

楽しい一日を過ごした。
R先輩が上京されたので、いつものようにミナちゃんと集結!やっぱり素敵なお店をよく知っているミナちゃんの案内で、青山の素敵なフレンチへ。外にある席だったんだけど、今日はほどよく曇りで涼しく、すごく気持ちよかった。表参道とか青山とか、マジでオシャレなばかりの街は全然行ったこと無かったので、ミナちゃんと友達になってから色々行けて、ますます東京を満喫している気になって楽しいな♪
そこで美味しいフレンチを食べ、ちょこっとだけど赤ワインを飲み、うれしたのしおいしく過ごす。
もちろん長々とおしゃべりをし、NACSの話とか、ポルノの話とか、その他の話とかいっぱいして、今日はR先輩が帰るまでたっぷり時間あったけど、足りない足りな~い♪オナー兄さんのごとく、すごくあっと言う間。恐らくまだNACSファンじゃないミナちゃんも、徐々にNACS話題を把握してきて、もうNACSファンって事でいいね?となる(笑)

余談だが、またもや引越し先の家について「音のない森」の如く悩んでいて、そんな相談もちかけられても困るとは思うんだけど、話を聞いてくれて助かった。それにしても胃的なナニカが痛みそうな程悩む。そんな感じでフレンチを後に。

それから東京駅に近づこうと丸の内に行き、そこでお茶を。カフェの窓から見える皇居の緑と、遠くのビルが相まって、ものすごく「音のない森」な雰囲気の景色に感動し、丸の内は良く行く場所なのに、高い位置から見ると「音のない森」的な景色だなんて気付かなかったから、素晴らしい発見をした!
そういや、「音のない森」のPVは都内で撮影されたらしいが、あの森がどこなのか気になる。その森で「音のない森」聴いたりして雰囲気を満喫してみたい。

そこでももちろんおしゃべりをし、ポルノのライブに行きたいね~という結論に達する。「ロイヤル ストレート フラッシュ」祭り真っ只中の時はホント楽しくて幸せで、嫌な事があっても楽しさで上書きされるぐらいなポルノのライブって、なんじゃろな~って感じだ。11月のドームが待ち遠しく、いつか発売されるであろうアルバムを経ての、次のツアーについて今からワクワク♪

そんな感じで楽しい一日を過ごす。日曜日に楽しい事があると、また始まる平日への気力も湧くってもんだ。だから次の楽しみの為に、また働いて稼ごうと思うのだった!

| | コメント (3)

麦茶記念日、サイダーに恋をする

吉祥寺の近くに用事があって、久々、吉祥寺に出没した今日。人混みを避けるように小道を歩いていたら、垣根を覗き込んでいるカップルが目に入り、なんだろ?と思った矢先、猫が二匹飛び出してきた。当然、お!となった私は、そのうちの一匹が目の前をゆっくり歩いていたので、怖がらせないように近づいて、ナデナデ成功♪人に慣れているその猫は、ただじっとして私の欲望に身を任せる。私と言えば、何年かぶり、生猫の手触りにハアハアだ(笑)

そんな今日も相変わらずひたすら歩いていて、途中でお買い物をしたりしつつ、やけにヘトヘトになる。足の疲れはそうでも無いんだけど、お買い物した荷物が重くて、肩とか腕とかやられ…。というのも、吉祥寺全く関係ないけど、麦茶大作戦を発動したからだ!

今まで2リットルのミネラルウォーターが、私の家に常備されているメイン水分だった。でも、ヘタすると一日に2リットル飲むし、ゴミの量がハンパないし、買いに行くのも大変だし、以前自転車に乗ったまま車に跳ねられ、体は何とも無いが、それ以来調子が悪い自転車に乗りたくないし、最近スーパーに行く時間と気力がなかったし…ってワケで、徐々に減っていく水たち。その時、ハッと思い出す。最近どの家に行っても、自分で作った麦茶が出てくる。簡単だし経済的だってみんな言うけど、どうにも面倒で避けて通っていたが、これはやるしかないか?

だから、今日、水漏れしてきて殆ど使えないヤカンにグッパイすべく、新しいヤカンを買う。出来た麦茶を入れるアレも二つ買う。熱いのでもOKなちょっと高級なヤツだ。そして、カンジンの麦茶パック。初めて買ったんだけど、あまりの安さにビックリした。200円以内で、すごくいっぱい入っている。これは確かに経済的!と、その他にもお買い物した洋服とか色々持っていた上に、この荷物だ。両手も肩もふさがり、長い事歩いた最後にコレだからヘトヘト振りも尋常じゃない。
こんな風に疲労し、汗をいっぱい出した後に飲みたくなるのって、何故か炭酸飲料だ。普段炭酸飲料って滅多に飲まないんだけど、ポルノのライブ後、やけにジンジャエールが飲みたくなった症候群と同じ症状が。
でもそんな症状が出た時には家の近くまで来ていて、それからコンビニとか行くのマジで勘弁だったので、家に一番近い自動販売機へGO♪ジンジャエールは無かったけど、ミツヤサイダーがあったので、精一杯の気力を振り絞りボタンを押す。

家に着いてまず何をしたかって、当然サイダーを飲んだわけで、くー!と、あー!と、間をとって、くあー!となりながら、何年ぶりだ?ぐらいのサイダー満喫!五臓六腑だ!これはマサに五臓六腑だ!

…と、今日もどうでもいい日を過ごしたわけだが、それから早速麦茶作りに取り掛かり、グワ!とお湯を沸かし、グワ!と麦茶パックを入れ、グワ!と入れ物に注ぐ事二回。ハネウマのように乱暴だけど、何とか麦茶らしきものは出来上がった。だから冷蔵庫で冷えるのを待ち、この調子でペットボトルとオサラバ!する生活をしばらく続けようと思う、麦茶記念日なのだった♪

| | コメント (0)

ヤケに慎重になるSランク

前に、ポルノ曲のSランクについて書いた事があった。その時出たSランクは、「渦」「音のない森」「空想科学少年」「Search the best way(冷たい手~3年8ヵ月~)」「月飼い」「Twilight, トワイライト」「DON'T CALL ME CRAZY」「ビタースイート」「見えない世界」「Mr.ジェロニモ」「ラック」「惑星キミ」。

基本的にSランクになった曲は、Sランクから落ちることが無いので、これらはそのままで、「ロイヤル ストレート フラッシュ」もろもろ体験した今、ナニカ追加されたかも?と考えてみた。
そしたら、「ロイヤル ストレート フラッシュ」関係ないけど、「PRIME」がパッと思い浮かぶ。

Sランクって、言うまでも無く最高ランクって意味で、最高のSだ!…ってワケはなく、Sって何だ?スペシャルか?
ま、そんなことはどうでもいいんだけど、私の定義するSランクは、正直良くわからないが、たまらなく好きで、ライブでやってくれたら発狂ものだし、当然CDで何度聞いてもやっぱりすごく好きな曲。だから、「ジレンマ」とか「ハネウマライダー」とか「ミュージック・アワー」とか、ライブではSランクだけど、CDではSに至らない曲はSランクにはならない。

…と、ここまで考えた所で、「PRIME」。CD持ってないじゃないかー!とビックリ発見が。いい加減「ミュージック・アワー」シングル買えばいいんだけど、ライブDVDで聞いて覚えたからいっか!ってなってるから、まぁ…そのうち…。
だから、ものすごく好きな「PRIME」のSランク入り、ちょっと待てよ、となる。

次に思い浮かぶのが、「リビドー」。もちろん、「ロイヤル ストレート フラッシュ」でハマッたからだ。そしてここで無駄に慎重な気質が。「リビドー」、ホントにSランクか?
「リビドー」はライブで何度体験しても最高で、いつもワクワクしていた。そしてCDでも良く聴くようになったんだけど、今はあまり聞いていない。例えば同じ「ロイヤル ストレート フラッシュ」でやった「空想科学少年」は、ライブで最高、CDでも最高、何度聞いても最高。これがSランク。そう考えると、「リビドー」は保留だな!

そして、恐らく一番好きなアルバム「雲をも掴む民」から、長らくアルバムイチ好きだった「n.t.」が惜しくも外れた前回。「ビタースイート」に続き、「敵はどこだ?」が抜いた。「敵はどこだ?」はもー!好きだね!これは悩む必要なくSランクで良い!前に書いた時にジワリと来ていたけど、ポータブルプレイヤーでポルノシャッフルして、「敵はどこだ?」の前奏が来ただけでグッとくるようになったから確定!

ここでハッと気付く。何で入ってないか分らない「LIVE ON LIVE」。正直忘れていただけだ。間違いなくSランク。「PRIME」と同じく、CD持ってないが…というかCDになっていないからどうする事も出来ないんだけど、それが理由でSランクから外すには好き過ぎる。だから即仲間入りだ。

結果、「敵はどこだ?」「LIVE ON LIVE」の二曲がメデタクSランクに追加された最近。次点で「PRIME」「リビドー」が待ち構えているし、これから発売される曲や、何度も聴いてるけど不意にグッときたりして別な曲が仲間入りするかもしれない。どうでもいいけど、打合せの資料に重要度のランクがあって、今まで最上がAランクだったんだけど、今回からSランクを作りましたという発言を聞いて過敏に反応したり(笑)
そんな、Sランクを考えつつ、毎日のようにポルノの曲を聴くのだった♪

| | コメント (0)

そんな7月

何だか良くわからないけど忙しい。何だか理由が特定できないけど忙しい。
思えば、ポルノあーんどNACS祭り真っ盛りだった5月まで、仕事の忙しい時期とも重なり、大変だがそれはそれは充実した楽しい期間を過ごしたもんだけど、6月に入ってからというもの、ぱったりと…あ…何も無い…という状態に突入!
でも、コレはお祭りが終わってから、アレはお祭りが終わってから、というものが思いのほか溜まっていて、仕事の話じゃない、生活面での事だけど、大きなものから小さなものまで色々とやらなきゃいけない事があるのを思い出す。

で、おもーい腰を上げて色々やっているうちに、何だか忙しくなってきた。それでもならなきゃいけない事を数えると、まだ片手ほどあり、ウンザリ…ダー!

気が付くと7月になっていて、雨ばかりな梅雨に収拾の付かない髪を頭部に秘めたまま、会社には新しい風が爽やかに吹く。研修を終えた新人さんとか、入れ代わりに入ってきた協力会社さんとか、新しい人が入ってきただけで新鮮なんだけど、特に新人さんは眩しい限りのフレッシュさで、古株になっている私は目を細めるばかりだ。

そんな何だか忙しく、目を細める日々。そして昨日、やってしまった。「ライトフライト」先行忘れちまった!ハッと気が付いたら23時過ぎてて、アウチ!と叫ぶもどうにもならず。ま、誰かチケット持ってそうだし、一回ぐらいはどうにか見れるか!「宮城野」はバッチリだったんだけど、それはまぁ…、顕ちゃんだから忘れるわけにはいかないもんな!

先行忘れるって良くやっちゃうんだけど、もっとやってしまうのは、NACSのテレビ出演を見逃すこと。特にドラマだ。
駅を歩いていると、洋ちゃんのドラマのデッカイポスターが目に入って、ハッとする。洋ちゃんと顕ちゃんが出演するドラマがそろそろだ!でもいつだ?と、忙しさにかまけてチェックしてなかったら、顕ちゃんのが明日じゃないか!慌てて録画セット!洋ちゃんの番宣がいっぱいあるっぽいけど、ドラマのチェックで精一杯!…と思っていたら、ちょうど「ぐるナイ」やってるって発見し、慌てて途中から見る。最初から見たかったぞちくしょーべらんめぇー!洋ちゃんの名前呼ばれた時、「エイドリアーン!」って言葉が頭に浮かんだから、ホントに叫んでて、無駄にNACSスキルを感じたり(笑)

どうでもいいけど、えっちでーでーレコーダーが残り3時間ぐらいで、ホントいっぱいいっぱい。でも編集して外出しする時間も気力も無いので、何かを消そうかと思うけど、どう考えても未だ焼いていない「瞳」が…。そしてえっちでーでーに残しているものと言えば、NACSとポルノのばかりなので消せない…。嗚呼…どうしたら!って書いている間にも作業すればいいんだけどね!

忙しい上に、ちょうど夏のバーゲンが始まっちゃって、バーゲンって疲れるしテンションに任せて失敗してばかりだからあまり行かないんだけど、欲しいものがいっぱいあってちょくちょく見ていたりする。洋服とか靴とかアクセサリーとかバッグとかサイフとか言い出すとキリが無い!でも財布が固い性質を持ち合わせているので、そー簡単に買わない。だから疲れるばかりなんだけど、もうちょっと色々見ようかと思う。

そんな7月を過ごしている。あまりゆっくり出来ないが、週末毎に楽しい予定があるのでワクワクしつつ、今月は久々のプチ旅行もあるし、とにかく!やらなきゃいけないメンドクサイ事を、ひとつひとつ片付けて行くしかない!と、しばらくはセカセカするのだった。

| | コメント (0)

« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »