« NACS生声の願い | トップページ | ストロベリーボイス »

花と猫の小道

いつもキツイ満員電車だけど、これからの時期は特にキツイ。
電車で運良く座れて、隣が小さな子供だったからスペース的に楽チンだったんだけど、ジタバタされてこれは眠れないな…と思っていたら直ぐに降りた。やっと眠れる!と思った矢先、子供のいた狭いスペースに体の大きな殿方が座られて、ピタっと密着♪…いや、これはこの時期命取りだ。何がって服と服の間から熱が!熱が伝わってくる!私もポルノとかNACSとかの熱なら負けないが、体の熱は負ける。そして、それにも増して匂い的なものが…。逆隣りには美しい女性がいたので、美しい女性の美しい匂いに助けを求める。でもこれはまだ座っているからいい方で、立っているともっと修羅場だ。そんな電車に長く乗っているのが嫌で、帰りなどは最寄り駅よりも早く降りて歩いたりする。

気が付いたら東京もジメジメ…と、ここには乾いているものがないのか!ゼロか、ゼロな人間なのか!悔しくないのかー!と、スクールなウォーズしちゃうぐらいジメジメだらけ。そんなジメジメだとテッカテカでベッタベタで気持ち悪い。
でも良いこともあって、それは紫陽花の季節だから♪

公園とか紫陽花が派手に咲いているスポットは沢山あれど、私は小道の民家に咲いている紫陽花の方が好きだ。ここはこんな色なのかーとかのんびり見ながら遠回りして帰ると気分も晴れる。そんな時に聞きたくなるのが、スピッツの「あじさい通り」。自分でもよく飽きないな…と思うぐらいポルノとかポルノとかポルノとかばかり聞いているんだけど、たまにスピッツなどを聞くと新鮮だ。
スピッツは「あじさい通り」の他にも、花がタイトルになっている曲が多くて、「コスモス」「ガーベラ」はすぐに思いつく名曲。特に「ガーベラ」はスピッツの中でもSランク。たまらなく好きだ!好きすぎて、一時期は一番好きな花をガーベラって事にしてたぐらいだ!
そんな事を考えると、ポルノに花の曲って無いなぁ~とハッとする。ギリギリ…サボテンとか…。梅雨イコール雨と考えると、雨に関するポルノの曲は「Swing」「蝙蝠」「天気職人」などはすぐに思いつく。だからこれらを最近良く聞いていたり。

そんなわけで、紫陽花の咲く小道を最近よく歩いている。そして、紫陽花とは別にもう一つお気に入りの道が。それは猫がよく出没する道。
猫好きで、猫はいねーがー!とギラギラして歩いているが故に、中々遭遇出来ないんだけど、たまーに見かけるとその道をまた歩いて、今日はいないかな?とかやっぱりギラギラする。
そういえばこの前、宮城県の田代島っていう、「猫の楽園」と呼ばれる島を特集したテレビ番組を見た。そこは野良猫がいっぱいいて、犬は一匹もいないというから驚きだ。人間より猫が多く、とっても大切にされていて、野良猫に酷い事をする人がいないから、野良猫でも警戒心が無い。だから野良猫でも懐いてきちゃって、猫好きにはたまらない島だ。いつか行きたいなぁ♪
更にそういえばこの前、猫カフェに行った人の話を聞いた。置いているおもちゃには見向きもしないので、おもちゃは持っていくべき!とか何とか言っていたけど、ちょっとは行きたいがそんなに猫カフェに興味は無く、猫カフェに行くなら田代島に行きたいなぁ♪

そんな感じで、キツイ事だらけな電車を飛び出し、花と猫の小道をノンビリ歩くのがマイブームになっている梅雨の時期。湿気があるとどうにもこうにも行方知れずになる髪形に、帰って鏡を見ると誰?!ってなったりしつつ、この時期は思いがけずタムラマサカズみたいな髪型になっちゃう天パーの人と、湿気について本気出して語ってみたりしつつ、梅雨は梅雨なりの楽しみ方があるのだー!と、梅雨を楽しむのだった♪

|

« NACS生声の願い | トップページ | ストロベリーボイス »

その他」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« NACS生声の願い | トップページ | ストロベリーボイス »