« 「ロイヤル ストレート フラッシュ」感想 | トップページ | ライブに見る光景 »

「ロイヤル ストレート フラッシュ」プレライブ

「ロイヤル ストレート フラッシュ」の感想は書いたけど、プレライブは別にしてみた。…というのも、何故かプレライブは帰ってきてすぐに結構詳細なメモを書いてたらしく、ホットな状態で残っていた。だからかなり前のプレライブだけど、そう間違った事は書いてないと思われる。もちろんネタバレだ!

プレライブが行われたのは、1/30、Zepp Osaka。そう、1/30だ。1/30って、どんだけ前よ!って感じなんだけど、こればかりはツアーが終わらないと書けないわけで、しょうがない。
整理場号が確か1100番ぐらいだったので、番号が近いR先輩と二階席を狙う。そして、先輩がバッチリしてくれたので、無事二階席ゲット。ライブハウスって慣れていないし、一階の前に行くのが怖かったし、番号が大きかったから一階の後ろよりは…と思って二階席にしたら正解!ステージが丸々見えた。どこで人が倒れたとかも見えた。

そんな丸々状態で見たプレライブ。オープニングはアレンジされていて、最初何の曲か分らなかったんだけど、予め、「Love,too Death,too」か「ギフト」かもね?と話していて、出てきた昭仁がギター持ってたから、「ギフト」っぽいと思ったら、「ギフト」が始まった。「ロマンスポルノ'08」でオープニングの「ライオン」に大興奮した私は、オープニングは、マサカ!みたいな、ソウキタカ!みたいな、ヤラレタ!みたいなのを期待してたんだけど、ま、いっか!
ちなみにこのオープニングが、本編での「今宵、月が見えずとも」終わり、「ギフト」へ続く時のアレ…だったかと思う。

それからもシングルが続き、「メリッサ」「リンク」「痛い立ち位置」、そして「サウダージ」へ。この時の「サウダージ」が、昨日も書いたけど最初アレンジされてて、「パレット」?!と思ったのだ。そして見事裏切られ「サウダージ」が始まるんだけど、ハッと気付いた。「サウダージ」生で初めて聞くじゃないか!本編で何度も聞いたけど、やっぱり最初ってグッとくる。

ここまでシングルばっかだなぁ…と思っていたら、ここでナント!の「リビドー」!確か「リビドー」が始まって、でも何故か信じられなくて、ホントにあの「リビドー」?!と思ったような。元々「ロマンチスト・エゴイスト」の中でも印象が薄い曲だったんだけど、プレライブでビックリして聴いて、その後本編で何度も聞くうちに大好きになった。そしてシングルじゃない曲が来たから、マニアック路線が好きな私はすごく嬉しかったのだ!

それから、「東京ランドスケープ」「Love,too Death,too」「ROLL」。
「ROLL」は最新のベストに入っているのに、何故かライブで聞けるとは1ピコグラムも思ってなかったので、すごく意表を突かれて、始まった途端、おお!と思って、嬉しかったなぁ~と思い出す。ちなみに「チーン」…じゃなくて、「キーン」もしくは「カーン」(笑)はここでも鳴っていたのかはハテナ。CDでも鳴ってるからきっと鳴っていたんだろう。

次は「約束の朝」で、これのオープニングが長かった。本編でも同じアレ。しかも、「約束の朝」だって全く分らない感じで、でもバラードになりそうな雰囲気だったので、「うたかた」を期待してた分、ダダンッとか始まると、…ああ、そうか…と、肩の力が抜ける。「あなたがここにいたら」もそんなに好きじゃないから、同じベストに入ってるバラードなら、「うたかた」か「Winding Road」が良かったな~と思ったもんだ。

その後にMCがあって、倒れたか、倒れそうになってる人に気遣うポルノの二人がいて、昭仁が、これからグワー!と行くから、今のうちに!みたいな事言ってて、否が応でもワクワクしてくる。二階席から見ると、人の頭!頭!頭!がギューギューになっていて、あの中ってどんな熱が生まれているんだろう?と思ったり。

それから、定番の曲について話して、「ミュージック・アワー」の踊りは、社長に言われてイヤイヤながら作ったら、ファンが気に入ってくれて、不本意ながら定番になったとか言ってた。…言ってたんだけど、ここで「ミュージック・アワー」はやらないだろうと思ってたので、これは、別の定番の前フリじゃないかと、高鳴るこの胸の鼓動。そしたら、コールアンドレスポンスがナントカって言ってて、「Century Lovers」を確信してテンションが一気に上がる!何やら特別に、昔の「エブリバディ!みんなで!声出せ!」というバージョンもやってくれた!当時の私はその古いバージョンを聞いた事なかったので、すごく新鮮で、カッコワル!と思いながら、妙にジワリと来て、すごく楽しくなる。それから現在の「エビリバディ!セイ!」をやって、いっぱい「フーフー」言って、充分楽しんだ先に「Century Lovers」が始まるから、ホントこの曲は全部が楽しい♪

「Century Lovers」でもう一気にテンション上がって、ああ!もう!楽しいもんな~!とアドレナリン出まくっていたら、本編でも何度も最高!って思った大大大好きな「空想科学少年」が!
昨日も書いたけど、ホントこの時の「空想科学少年」は嬉しくてねぇ~。Sランクだった曲をライブで聞くの、このプレライブのこの「空想科学少年」が初めてだったから、マジでギャー!って感じで、カンジンの曲の間の事覚えてないぐらいな、ものすごいテンションになった!「ロマンスポルノ'06」DVDで「空想科学少年」見て、いいな~、生で聞きたいな~という願いが、思ったより早く叶って、ホントにホントにこれは嬉しかったんだ!

そしてそんなすごいテンションになっている最中、やっぱり!な「ハネウマライダー」が始まり、これは言わずもがな。楽しいに決まってる。この日、午前中仕事をして急いで大阪に向かったもんだから、結構ギリギリに到着してたんだけど、そんな私にR先輩が緑のタオル買っててくれたから、下ろしたてのタオルを精一杯振って、精一杯飛んで、昭仁の言う通り、「Century Lovers」からグワー!とナンカスゲー!と思ってたら、前々から生で聞きたかった「Mugen」が来てもーて、ウォオオーオー!とか叫んで、今日はどんだけ願いが叶うの?と思う間もなく、良い流れで「ネオメロドラマティック」が始まる。「ネオメロドラマティック」は「PURPLE'S」DVDの副音声で大切にすべき曲とかナントカ言ってたので、このベストのツアーでやらないわけが無いと思っていたから、意外性は無いんだけど、FUCW3で体験して以来、ライブでの「ネオメロドラマティック」は最高に楽しいので、すごく嬉しかった♪

これで、グワーって行くシリーズも終わり、ライブも最後へ。アンコール前のラストは「今宵、月が見えずとも」。コレはアンコール1曲目にやると思っていたので、ラストだとは意外。本編で一曲目になっていて、「今宵、月が見えずとも」始まりが最高に良かったので、そんな変更は超グッジョブ!だ。それも、このプレライブで何かを感じて変更になったのだろうか?

そして、いつものポルノコールの後、ポルノが出てきて、昭仁がFCUW3でアンケートを取った話をし出す。アンケートは、シングル以外でやって欲しい曲というものだったんだけど、その話が出たって事は、そのアンケートで1位だったヤツをやるんだろうと思って、会場も思って、うぉおおー!ってなる。私はめんどくさかったのでアンケート出さなかったんだけど、出してたら絶対に「ジレンマ」って書いてたし、多くの人が「ジレンマ」って書くだろうと思っていた。だから、もうその話が出た時点で、「Century Lovers」の時よりも高鳴るこの胸の鼓動。やっぱりこの曲をやって欲しいという声が多かったと、昭仁が言う。ギャー!となる会場。
あの時の気持ちを思い出すと、夢を見ているような気持ちで、私の願望が見せた夢じゃ…と飛びながら思ったりしたが、ホントに「ジレンマ」が始まる。人生初「ジレンマ」で、色んなDVDで何度も見てきたライブの「ジレンマ」が今ココに!と思うと、嬉しすぎて何だかもうわけわからなくなって、楽しすぎて何だかもうわけわからなくなって、飛びすぎて何だかもうわけわからなくなって、っていう間に、夢にまで見た「ジレンマ」が終わっちゃった(笑)

ところで、アンコールの1曲目に突然「ジレンマ」が来ちゃったもんだから、アンコールは3曲ぐらいやるだろうと思っていたので、「ジレンマ」が終わって、ふと冷静になった時、あれ?と思った。そしたら、これで終わりな感じになり、そうか、アンコールは1曲か、だから突然「ジレンマ」だったのか。と、納得した。いつもならアンコール1曲かよ!と不満が出るところだが、それはそれ「ジレンマ」だったら、他に3曲やるより、1曲でもずっといい。

そんな感じのプレライブ。結構短かったのだ!だから大阪城ホールの初日は、プレライブ経験していたけど、いっぱい変更あったしいっぱい曲加わっていたし、同じモノだとは思えない新鮮さがすごくあって、プレライブはプレライブ。本編は本編なりの楽しみがあった。
とにかくプレライブを思い出すと、「ジレンマ」「空想科学少年」を筆頭に、色々と夢が叶った、ホントに最高なプレライブで、終わった後もテンションが続き、翌日も思い出してはニヤニヤが止まらず困ったもんだ(笑)…ま、それは今でもそうなんだけど♪
だから次のツアーのプレライブももし行けたら行きたいし、今度は番号が良かったら前に!がんばってみたいなぁ~と、今から考えちゃっているのだった♪

|

« 「ロイヤル ストレート フラッシュ」感想 | トップページ | ライブに見る光景 »

ポルノライブ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「ロイヤル ストレート フラッシュ」感想 | トップページ | ライブに見る光景 »