« 観劇とお酒とカラオケ | トップページ | 「ロイヤル ストレート フラッシュ」プレライブ »

「ロイヤル ストレート フラッシュ」感想

いよいよ書く!「ロイヤル ストレート フラッシュ」の感想をだ!いつも前置きが長くなるから簡潔に!ネタバレです!各地くまなくネタバレです!異常に長いです!色々曖昧です!以上!

バッと会場が暗くなって、歓声と共に立ち上がる。もやーっとステージにサポメンが入って来て、そしてポルノのお二人が!もやーっとした中入ってくるだけで歓声!思い出しただけで鳥肌が立つあの始まりが、じわーっとした音楽と共に押し寄せてきて、そして、「今宵、月が見えずとも」から、ライブはスタート。
「今宵、月が見えずとも」の始まり、歌が始まる直前、バッ!とイキナリ明るくなり、そこでポルノのお二人の姿がきちっと見えて、どうしようもなく興奮する!特に仙台二日目を思い出すんだけど、あまりにも近すぎて、本気で存在して目の前にいるんだって事を、茫然としながら実感した。
「ロイヤル ストレート フラッシュ」中、ずっとこの始まりで、だから大画面に映っている月と共に、「今宵、月が見えずとも」を聞くとライブが始まった!っていうアノ感じがジーンときて、きっとこれからもこの曲を聞くとそうなるのだろう。
ちなみに「今宵、月が見えずとも」で大好きな所は、二回ほどあるけど、バババババッ!ってなるとこ、照明もバババババッ!ってなって、ムチャクチャかっこいい!これの直前になると、来るぞ…来るぞ…と身構える程にかっこいい!

音楽は途切れず、しばらくギターの音メインに音楽が鳴り響き、「ギフト」へなだれ込む。
「ギフト」では、教えてもらって気付いたのが随分後になってからだったけど、キーボードのアレンジが素晴らしくて、「ギフト」に限らずキーボードの素晴らしさを何度も感じた。
分りやすく前向きな「ギフト」は、その時々によって感じる度合いが違ったんだけど、グッと来る時はホントすごくて、特に代々木最終日にはすっかりやられちゃったもの。そして、アリーナにいる時は、目の前に何本もの手が上がり、その間からステージの強い光とポルノのお二人が見える風景が好きだった。

ここでも確か音楽は途切れず、立て続けに「メリッサ」が始まる。実は「メリッサ」、ライブDVDでも私が参戦したライブでも何度もやってるから、もういいかなぁ~と思いつつも、やっぱり楽しくて飛び跳ねるもんだから、大画面に映像が出てるって気付かなくて、代々木最終日に初めて見たもんだ。ま、結局、興奮してあまりちゃんと見なかったんだけど(笑)
あれ、最後に昭仁が「もっと!もっと!」って言うから、どんなに疲れてても「もっと!」飛んじゃうんだ♪

休む間もなく「リンク」へ。「リンク」は、「ウッ!」がいいんだけど、大画面の映像もすごく良い。横の小さめの画面にはステージ上の姿が映り、大画面には撮りおろしと思われるポルノのお二人のかっちょいい映像が!だからちょっとどっちを見ていいかわからなくなる。ライブの為に二人が出演する映像が用意されているのって、すごく豪華だと思う。今までのツアーはどうだったのだろう?「リンク」以外にもそんな映像があって、どれもこれもどっちを見ていいかわからず、さ迷う視線ってなったもんだ。
そして「リンク」では、名古屋初日だったと思うけど、アウトロ時に昭仁がクルクル回っていて、あれすごく良かったからまた見たかったが、それ以来はちょい回りはあっても、クルクル回りは無かったから、目が回ったのかな?という結論にしてみた。

それからMCへ。ここでのMCは、いつもの「ワシらが~ポルノグラフィティじゃ!」と、ロックンロール!って叫ぶか、ナイトー!って叫ぶかをやったかと思う。色々行き過ぎてあまり覚えてない!

MC終わり、序盤は「痛い立ち位置」だったはず。私の参戦したものでは、仙台から「サボテン」になっててそりゃー!ビックリしたもんじゃー!ア…違う…!とハッとしたら「サボテン」始まって、セットリストどこか変わっていたら嬉しいな♪と思っていたから、生で聞くの初めての、それも「サボテン」に変更だったからものすごく興奮した!興奮するような曲じゃないけど、心中穏やかじゃなかったね!仙台以降は心中穏やかに「サボテン」を満喫したけど!

それから、イントロがアレンジされた「サウダージ」。それぞれの楽器がスポットライトと共に加わっていく感じのイントロだもんだから、プレライブでも同じ感じだったと思うんだけど、完璧騙された。マサカ「サウダージ」だとは思わず、「ポルノグラフィティがやってきた」の「パレット」と同じ感じを受けたからもしや?と思ったら違っていて、そんな裏切りは歓迎する。このライブで「サウダージ」も生で初めて。聞けてよかった。

このライブで一番良かったのは?という質問になった時、すごく迷いながら何曲か思い浮かべる。その一番目か二番目に出てくるのが、「リビドー」。「ロイヤル ストレート フラッシュ」で大大大好きになった曲だ。正直「リビドー」が良すぎて、「サウダージ」になると、次はリビドー!ってもう次にワクワクしちゃっていた。
そんな「リビドー」は、ものすごくライブ栄えする曲で、そのかっこよさったら無い。仙台ではイントロやアウトロに昭仁が頭を縦に激しく振ってて、それもまたすごく良くって、煙がブワー!っと出る最後も大好き。総評、「リビドー」大好き!「ロイヤル ストレート フラッシュ」期間中、何度「リビドー」をMP3プレイヤーで選んで聞いたことか。

レイザー光線が出て、「東京ランドスケープ」が始まる。「ロイヤル ストレート フラッシュ」の中ではちょっと印象が薄く、忘れがちだったけど、どっかの会場ではレイザー光線に手が届いて嬉しかったり。大画面に、東京タワーの映像が出るのが印象的で、ギターソロ中だったような気がするけど、レイザー光線がイッパイ出るのは、特にアリーナで見てると茫然とするぐらい綺麗だった。そしてこの曲のバイオリンソロには何度もやられた。

大画面に東京タワーと夜景、そしてヘリコプターが飛んできて、そのライトが会場を照らす。その直後、チャッチャッチャチャ!とビックリする始まりで、「Love,too Death,too」が。何度か参戦する中、来るぞ…来るぞ…と身構えるようになったけど、最初の頃は何度ビク!としたことか(笑)
ちなみに「Love,too Death,too」のアノ手拍子、難しいよね!確か仙台。昭仁がアノ手拍子を真似ようとしたけど、練習無くやったら痛い目見るからやらなかったと言ってたのが印象的。
ここ、代々木では変更されていて、ナントビックリの「蝙蝠」になったんだな!チャッチャッチャチャ!に身構えていたらアレが来なくて、あ…違う…違うのが来る…とゾクゾクする中、チャーララーララー♪という、超印象的なイントロが始まったから、「蝙蝠」だってすぐ分ったけど、何故か信じられない自分がいて、代々木初日はミナちゃん見て「蝙蝠」だよね?って確かめた程だ。
マニアックであればあるほど嬉しい私は、この「蝙蝠」への変更、嬉しくないわけがない!ライブで聴けるなんて一ピコグラムも思っていなかった曲だから、このものすごい意外性が心地好くて、騙された!みたいな、やられた!みたいな感じになる。代々木最終日に気付いたんだけど、この曲のアウトロのキーボードもホント素晴らしくて、ゾクゾクした!
「蝙蝠」の話がまだ続くが、代々木初日。曲終わりに昭仁が「サンキュー」と言っていた。その後のMCで、余りにも久しぶりにやった曲だったので、思わず「サンキュー」と言っちゃったみたいな弁解をしていたのが可愛かった(笑)
そして照明。「蝙蝠」の照明が大好きで、赤に、横から緑の照明が入っている所とか、雨みたいな照明が降り注ぐ所とか、かと思いきや雲の間から光が差し込んできたみたいな照明にも思え、とにかく「蝙蝠」は照明も素晴らしかった。

そして、二回目のMCへ。ここのMCは結構長かったと思う。でも何度も参戦しているせいで、どんな話をしたのか色々ぐっちゃになっちゃって、どうも…。男が増えて嬉しいとか、初めてポルノのライブに来た人とかの話をしていたかな?それぞれの会場の話をしていたのもあったかも。そして、バンドを始めた話とか、代々木では音楽が好きになった話とか、昭仁が「夢芝居」を披露する一時も。
前に代々木でライブをした「Cupid」の事を話していたのはここでだったか忘れたけど、昭仁のラジオでも同じ事言っていたな。

FUCW3のアンケートで票が多かった曲をやるって言って始まったのが「月飼い」。初めて聞いた大阪城ホールでは、その興奮たるや忘れられない!だって大好きな曲だからー!ライブで聴いてSランクになった曲はあれど、元々Sランクの曲をライブで聞くのは、この「ロイヤル ストレート フラッシュ」で初めて経験した。そのうちの一つが、「月飼い」。やっぱり大好きで、蛍をホウフツとした照明と共に忘れられない。
代々木では、この前のMCで新曲を…と言って、「月飼い」じゃなく新曲が披露された。新曲を始めてライブで聴くのは、「今宵、月が見えずとも」以来大好物になっているけど、大好きな「月飼い」が変更対象になったのはちょっと残念だった。ちなみに新曲、最初はう~ん…とどうも好みじゃなかったけど、代々木で4回聞いているうち、結構好きかも?と思ってきた。ま、もっと変わるかもしれないし、完成したものを何度も聞いてから、その曲をどう感じるのか判断しようかと思う。

曲が始まる直前の息を吸う音がタマラナイ♪と言えば、もちろん「ROLL」。私の中では「ROLL」はバラードで、だからここからバラードが続く。元々結構好きな曲だったから、ライブで聞けて嬉しかった。ちなみに、先輩方々のご指摘で、マニピュレーターが出す「チーン」って音に気付き、何故か「ROLL」になるとソコに注目しちゃったり。あの「チーン」は一回気付くとどうにも気になっちゃう不思議な力がある。

サポメンたちの奏でる綺麗で静かな音楽が流れる。そこからの流れで始まるのが、序盤では「約束の朝」。「痛い立ち位置」から「サボテン」に変更されたのと同時に、ここでも「ハート」に変更された。
これは…「サボテン」にビックリした以上にビックリして、それは「ハート」が大好きになってきた時期に突然始まったから。私の妄想が見せるナニカじゃないか?と思ったりもしたけど、どう聞いてもそれは「ハート」で、初めて聞いた仙台では泣きそうなぐらい嬉しくて、それ以降も何度ジーンとなった事か!変更された曲なのに大画面の映像も凝っていて、「メリッサ」ジャケットのあの子がハートを差し出したりする画像が出てくる。
ちなみに「ハート」では、「手を広げて」のところで、昭仁が両手広げて歌うのが大好きだ♪

「ハート」の終わりから途切れずに「あなたがここにいたら」。中盤のバラード流れはこれで最後で、その最後がこれだった。正直、「あなたがここにいたら」を「あなたがここにいたから」という曲名だと長い事思ってしまっていたぐらい印象薄い曲なんだけど、一文字加わるだけで、仮定が理由になっちゃう日本語の不思議さを感じた…のはどうでもいいな!

それから、「うかれてる?」又は「ひたってる?」という晴一の言葉から、「didgedilli」が始まる。これはすごく嬉しくて、「didgedilli」が大好きになった。炎もブワッ!と上がり、バラードの流れで止まっていた体が熱くなったね!思いのほか「didgedilli」はあっと言う間に終わっちゃったから、短い曲なんだなぁとつくづく思ったのはいいとして、曲の終わりに、「didgedilli」中居なくなってた昭仁が戻ってきて、その間に髪型を直しているらしく、いつも素敵になって戻って来る姿に注目したのは仕方ないじゃないか♪

そんな素敵になって戻ってきた所で始まるが、これまたSランクな「DON'T CALL ME CRAZY」なもんだから、そりゃー!興奮しないはずがない!でも!ここからメドレーみたいになっているから!酷く短いんだな!
…これ、大阪城ホールの初日。ヤッター!「DON'T CALL ME CRAZY」ダー!と大興奮してたっけ、あっと言う間に終わっちゃったからビックリして、ちょっと立ち上がれないぐらいガッカリした。そのガッカリは「ロイヤル ストレート フラッシュ」中ずっと続き、ついに最後まで慣れず、貴重なSランクの曲をライブで聞けるチャンスがあったのに、それが短いだなんて生殺しだ!
次の「ジョバイロ」カットして、「DON'T CALL ME CRAZY」フルでやってくれー!と何度思ったか…。元々短い曲だから、メドレーでもやけに長い「ジョバイロ」カットしたら出来そうなのに…。ま、やったけど…。手拍子やったけど…。手拍子楽しかったけど…。

で、そんな「ジョバイロ」の次は、「愛が呼ぶほうへ」。もちろんこれも短いバージョン。特に思い入れは無いから次!「アゲハ蝶」!
「アゲハ蝶」はこのメドレーシリーズの中で一番短く、突然の手拍子が始まり、ラララーに続き、昭仁がサビを歌って会場でラララー歌い、美味しいとこ取りであっと言う間に終わる。「アゲハ蝶」は大好きな曲なので、どうしてこうも大好きな曲は短いのか…。
などと思っていたら、「アポロ」が始まり、昭仁の「ワイ!」で熱くなる!確かここの「アポロ」、どっかの会場で「ワイ!」がすごくズレていて、違うんだよな~!と首を捻った記憶が。一緒に「ワイ!」やりたいからだ。
このシングルメドレーシリーズの最後は、来た来た♪と思った「ミュージック・アワー」だ!もうね~、この曲はね~、どうしようもなく楽しくてね~、どうしようもないね!メドレーだったので、聞くと血が煮えたぎるジェーオーピージー♪はカットされ、イントロから始まるけど、ま、イントロ始まりでも血が煮えたぎるって分ったからもうどうでもいい!そして飛ぶ!変な踊りする!
そういえば「ミュージック・アワー」の映像も「リンク」同様撮りおろしかと思われ、グッズをテレビショッピングみたいな感じで紹介している映像がすごく可愛くて、大興奮して飛んだり変な踊りしたりする「ミュージック・アワー」だから、じっくり映像を見るって事出来なかったけど、ちなみにオンカメで手をクルクル回す昭仁は見逃さない(笑)

いいだけ楽しんで随分ホットになってきた後に、フーフー祭りがやってくる!
このフーフー祭り、フラッディが10周年のお祝いに現れ、ケーキをプレゼントするから、ケーキに刺さったロウソクの火を消そう!だからフーフーしよう!みたいな流れでやってくる秀逸さだ。
FCUW3でフーフーを初体験していたけど、こうしっかりツアーでフーフーするのは初めてだったから、何度やっても楽しくて、何度も経験している人はもういいかな?と思うかもしれないけど、私はまだまだフーフー楽しい♪
スタンドとかアリーナとか分けてフーフーして、昭仁が煽るのがすごく好きだ!代々木のフーフーがこれまた楽しく、お腹痛い感じでとか、なやましくとか、特に「肉食」!「肉食」の時はフーフーじゃなくて「ガー」とか言うんだけど、これやった後に面白そうな嬉しそうな顔する昭仁がたまらなくて、そんな顔するなら何度でも「肉食」やったる!ってなるのもまた…仕方ないじゃないか!
で、フーフーラスト3から大画面にフラッディと…ナント!ジェロニモが地味に現れて、「Mr.ジェロニモ」大好きだから、アノジェロニモさんがスキってわけじゃないけど、曲は聞けずともナンカそれだけでちょっと嬉しかった(笑)
いつから始まったのかわからないけど、サポメンたちのフーフーお手本タイムは格別に面白かったなぁ♪

そんな会場みんなのフーフーが伝わり、ロウソクの火が消えると同時に始まる「Century Lovers」!いやー!興奮する!昭仁が水を吹くんだけど、でっかい会場ばかりの今回。ステージから一列目までの距離がありどうにも届いてない気がするぞ!
代々木ではここでテープが発射され、今回テープ無いのかな?と思っていたからテープ出て嬉しい♪賢明にゲットに勤め、また一つ大切な思い出の品が出来た♪
そんな「Century Lovers」はもちろん股間パフォーマンスが見所だけど、埼玉だったかな?横に寝っころがって、片足を上げ下げしてたのがすごく可愛くて、「Century Lovers」はフーフーも股間パフォーマンスも、色んなことやってくれるのも、曲自体も楽しい事だらけで、サスガ鉄板!と思わされる。行き過ぎた股間パフォーマンスというか、それをやっている時の歌い方には何度も笑わされたもんだ♪
「Century Lovers」でいいだけフーフーして笑って飛んで、何もかもホットになった所から、怒涛の盛り上がりが始まる!

次は「空想科学少年」!これはね!嬉しい通り越して何と言って良いか、やっぱり嬉しかったね!プレライブでもやったから、Sランクの曲をライブで初めて聴いたのがこの「空想科学少年」。初めて聞いた時の興奮ったら無かった!今でも忘れられない!お!おお!おおお!ってなったもの。夢じゃないか?と、こっそりホッペつねったもの。
そんな「空想科学少年」は、これまた映像がポルノ出演撮りおろしモノで、近未来の映像に二人が出てくるみたいな、すごく可愛くてピッタリくる素晴らしいものだ。この映像のね、昭仁がまた可愛くて…(笑)
ここでもレイザー光線が出てきて、何だか楽しい事だらけな「空想科学少年」だけど、この曲っていかようにも出来る。観客側の話だ。ノリノリで飛び跳ねる事も、じっくり聞く事も、大好きすぎて茫然と聞く事も出来る。ま、それは私が全部やった事だけど。だからその日の気分で色々になる「空想科学少年」は、ノリノリでずーっと飛び跳ねていると、その日の疲労がハンパなくなり、じっくり聞いているとそんなに疲れなかったりする、疲労度的にキーになる曲だ。
ちなみに、「ロイヤル ストレート フラッシュ」でコレ!というもの一曲!と言われたら、「空想科学少年」と「リビドー」と「ハート」でマジ悩む大好き曲。でも「空想科学少年」に関しては、ライブだから特に良いというわけじゃなくて、CDでもライブDVDでも生ライブでも何でも良い大好き曲。

「空想科学少年」で大いに興奮した後に、いよいよの「ハネウマライダー」。ギターソロが始まっただけで、絶対にやると確信していた曲だから、それはもう来た来た来た!と、いそいそとタオルを用意する。
「ハネウマライダー」の楽しさも尋常じゃなく、この曲でポルノのライブって楽しいんだな!と思ったから、絶対に絶対に外せない。最初にタオル掲げる所も、すぐ手にタオルグルグル巻いて飛び跳ねながら回す所も、「アウッ!」でタオル投げる所も全部楽しい♪いつも何度も楽しすぎて変になりそうになる「ハネウマライダー」ってばやっぱスゴイ!それにしても「アウッ!」は何度聞いても絶品だなぁ♪そして、「例えば君と!」と「Hey you!」も絶品だなぁ♪「ハッハッハッハッ!」も絶品だなぁ♪

そんな絶品の後に、うぉうおおおーおー!が始まる!いやー休ませないもんなー!の「Mugen」だ!
思えば仙台二日目、「Mugen」中、目の前にずーっと晴一がいて、私ですら遠くにいる昭仁見る気しなく、ずーっとギター弾いてる素敵な人を見ていた思い出が強烈で、「Mugen」聞くとその日の事がどうしても頭に浮かんでくる。
ライブ中、一緒に歌を口ずさむ事はあっても、声が出てるか出てないかぐらいの小さな声なんだけど、何故か「Mugen」だけは、ハッとする程普通に歌っている事がある。あれ何でだろう?うぉうおおおーおー!の効果か?

で、正直何度死ぬー!と思ったか!の「ネオメロドラマティック」へ続くもんだから、ホント、死ぬー!(笑)
私の周りには何故かネオメロ評論家が多くて、今日のネオメロは良かったなぁ~とか、今日のネオメロはアレがイマイチだったとか、今日のネオメロは○○点だね!などの評論を、ライブ後に聞くのが楽しみになったものだ。
そんだけみんなネオメロが大好きだって事で、「ワイ!」って叫んで飛んだり、ひたすら飛んだり、とにかく飛んだりして、CD聞いてただけだとそんなに好きでもなかった曲だけど、ライブだと最高に楽しい!そしてネオメロの昭仁がかっこいいんだなぁ~♪いちいちかっこいいんだなぁ~♪
例えば、「空想科学少年」ではしゃいだ日は、「ネオメロドラマティック」最後まで飛びつくすのマジで死ぬー!ってなる。なるんだけど、そんなのどうでも良い!ってなるぐらい楽しい!やっぱりポルノのライブって楽しい!って思う一時。

そしてMCへ。ポルノグラフィティを辞めてしまおうかと思うときがあった。でも晴一と二人でやろうと決意した。的な事を昭仁が切々と話し、もしその時に辞めていたら、私はこんなに楽しい事をいっぱい貰っているポルノのライブを知らず、ファンにもならずにいたんだと思ってゾッとした。そんなの、人生の何割か損をしている。こんなに楽しい事を知らずに過ごしていたら、人生の何割か損をしているに決まっている。だから、続けてくれてありがとう!と心から思った。
その時にリリースしたシングルが、次、アンコール前最後の曲、「シスター」だ。二人になってから初めて出したシングル。「シスター」では、大画面が教会のステンドグラスちっくになっていて、その前で歌う人とギターを弾く人を見ていると、ただただ綺麗な光景だなぁ…と思ったり。そして「シスター」になると、もうライブが終わるのか…という寂しさがこみ上げてきた。

「シスター」が終わると、舞台上の人はすぐに消え、でも音楽は流れ、その音楽がまたジーンとくるような音楽で、しかも大画面に今までの曲名が流れ、流れ、流れる。この曲一つ一つに作り手の想いがあり、この曲一つ一つに聞く人の想いがあるんだと思って、きっと私も気付いたらそんな想いを持っているんだろう。「今宵、月が見えずとも」から下が「・・・」となっていて、これからを感じさせてくれて、ライブが終わる…という悲しさと共に、これからについてワクワクする気持ちも生まれる。
でもサスガに、代々木最終日では終わる…!終わる…!終わる…!と、悲しくなり、寂しくなり、どうしようもなくなった。あんなに参戦した「ロイヤル ストレート フラッシュ」が終わる…!

色々な気持ちがごっちゃになったまま、ポルノコールが巻き起こる会場。ポルノのアンコールタイムってすごく短いと思う。あっと言う間に強い光と共に、みんなが待っている人たちが出てくる気がする。

そして、アンコール1曲目の「ダイアリー 00/08/26」へ。大画面に歌詞が出るもんだから、これは間違えられないね(笑)と話したのはいつだったか。
仙台二日目、何故かこの曲で感極まったのを思い出す。曲にグッと来たわけじゃなく、ポルノのお二人にグッと来たんだけど、ま、同じ事かな。

それからサポートメンバー紹介があり、代々木最終日ではサポメンたちも一言コメントを言って、ジーンと来るのもあった。それが終わると、昭仁が晴一のちょっとしたエピソードなどを話す。そして会場みんなで「晴一ー!」。
紹介された晴一は、ミュージシャンは宛先の無い手紙をポストに入れるようなもので、受け取る側は沢山届く手紙の中からポルノを選び、ここに来ている。だから嬉しいという話。マサに!と思った。無数にある楽しい事の中から音楽を選び、無数にある音楽の中からポルノを選んだのは私自身の選択だ。良くぞ選んだエライぞ私!…と思うのはまた置いておいて、だからこの話はずっとしていたけど、何度聞いてもジーンと来た。
晴一の話が終わると、次は昭仁紹介。ここでも昭仁のちょっとしたエピソードを話したりして、みんなで「昭仁ー!」。大声でポルノのお二人の名前を叫ぶとすごく気持ち良い♪
ここでは二人の口ケンカみたいなのが始まったり、どっちかがやり込められたりして、何とも微笑ましいやり取りがイッパイ見れたりして、昭仁もちょっと話して、次の曲へ振る。

「Please say yes,yes,yes」では、代々木では風船が降って来たけど、代々木初日はこの曲終わりか、最後の「ジレンマ」始まりで振ってきたもんだから、カンジンの「ジレンマ」に集中出来なかったなぁ。だって風船!絶対欲しいもの!そして徐々に風船の配置が変わったり、増えたりしたから無事ゲットできた♪
「Please say yes,yes,yes」の歌うところ、「イェー」はともかく、「Keep your hands~」は実際の歌詞がわからないながら雰囲気で歌っているんだけど、そんな人多い…かな?(笑)

そして!そして!そしてー!いよいよ最後の「ジレンマ」!念願のー!「ジレンマ」!念願のー!「ジレンマ」終わり!
やっぱりね、最後は「ジレンマ」じゃないとね!超楽しい!超楽しい終わりだ!楽しいだらけのポルノライブだけど、何が一番楽しいかって、「ジレンマ」だよ!絶対に絶対に「ジレンマ」だ!
「ジレンマ」では、ワイ!ワイ!いいながら飛び跳ねるのが好きで、全部好きだけど、両手上げてワイ!ワイ!みんなで、昭仁と共に飛ぶのが大好きだ。
そして、これも見所のメンバーソロ。忘れられないのが仙台二日目。そう!伝説の伊達晴一さまが登場されたヤツだ!妙にテンション高かった仙台。ジレンマのメンバーソロでは仙台名物が大活躍し、名古屋でもやってたけど、特に仙台はすごかった。ずんだリズムとか笹かまチョッパーとか萩の月でキーボード弾くとか色々あった末、居ない?と思っていた晴一が伊達政宗のごとく、折り紙で作ったような兜のでっかいやつかぶって、独眼流のアレ、目に当てる黒いやつして出てきたのだ!昭仁の紹介も最高に面白く、出たー!伝説のずんだリズムじゃー!みたいなのがずっとで、何だかもう良くわからないお祭り騒ぎで、何に注目したら、何をメインに持ってこればいいのかわからず、とにかく最高に楽しんだ仙台二日目だ。
そんな仙台ばかりが楽しいわけじゃない「ジレンマ」のメンバーソロ。代々木ではカメラの使い方に慣れてきた感じがする昭仁が、いちいちアップで映って紹介し、ソロやっている間は寝っころがって自由で、またカメラに戻りを繰り返し、アリーナだとイマイチそれが見えないんだけど、スタンドになると良く見えて、いちいち可愛い人を楽しんだものだ♪

そんな感じで、何度もうダメ…と果てそうになったかわからないぐらい、最高に楽しい「ジレンマ」が終わり、とうとうライブが終わる。「ジレンマ」の最後、昭仁が「胸張っていけー!」「自信持っていけー!」と叫ぶのが大好きで、更に「愛してるよー!」とか言われちゃった日にはどうしようもなくなり、「キャー!」としか言えない自分がいたりして!

後は、サポメン含めみんなで手を繋ぎ、お辞儀をして、足をちょんとするアレをやって、サポメンにさよならしたところで、ポルノのお二人が舞台を左右に動き、みんなに手を振る。自分に列にどちらかが来るとやっぱり興奮するね!そして手を振るね!
それが終わると、最後の最後、二人の生声挨拶。名古屋からか、晴一の「みんなの事好きじゃけね~!」が進化し、「好きじゃけね~!」言ってから、声に出さず「好きじゃけね~好きじゃけね~」って自己エコーするもんだから、そりゃーこっちの身としてはたまんないっす!代々木では更に進化し、「好きじゃけね~好きじゃけね~」自己エコーに、手が加わり、演歌っぽい感じになったもんだから、そりゃーこっちの身としてはたまんないっす!
昭仁は、「また、会おうね!」をベースに、広島弁入れたりナンカしたりしていた時もあったかと思う!ま、それもこれも、そりゃーこっちの身としてはたまんないっす!って結論に達するんだけどね!だってまた会うからね!絶対ライブ行くからね!

…こんな感じになった「ロイヤル ストレート フラッシュ」の感想。笑っちゃうぐらい長いわ!でもまだ書き足りない事、ふと出てくるかもしれないけど、とにかく今思い出せるのはこんな感じだ。それもこれも、愛故に~♪
だからとにかくここら辺で許してやることにし、あー楽しかったなぁ~と思い出しつつグッとするのだった♪

|

« 観劇とお酒とカラオケ | トップページ | 「ロイヤル ストレート フラッシュ」プレライブ »

ポルノライブ」カテゴリの記事

コメント

『ROLL』の「チーン」は、
「チーン」ではなく、「キーン」もしくは「カーン」です。

「チーン」では、お仏壇のあれです。

投稿: キーンが好きなR先輩 | 2009年6月 1日 (月) 01時27分

こんなに書いても書き足りないなんてよっぽど楽しかったんですね(笑)
新曲どんな感じでしたか? また教えて下さい

投稿: クリスチーナ | 2009年6月 1日 (月) 22時53分

>R先輩だ!キーン(笑)
おっと!「チーン」じゃないか!「キーン」もしくは「カーン」か!
「チーン」って…(笑)
いや、書きながら違和感はあったんだ。でも勢いに任せて書いてしまったんだ。合掌だものねっ。


>クリスチーナさま
よっぽど楽しかったのですよ♪
新曲は…ちょっと難しいですね。
あれで完成じゃないかもしれないし、完成したの聞いてから判断します。

投稿: イコ | 2009年6月 1日 (月) 23時26分

こんばんは。
先日はブログの方にコメント下さって、ありがとうございました!!!

ロイヤルストレートフラッシュ、楽しすぎましたね♪
「チーン」がツボにハマってしまいました笑

イコさんの感想を読んでいて、いろんな事が走馬灯のように蘇ってきました!!!
あの日に戻りたいなぁ・・・・。

投稿: ☆kazu☆ | 2009年6月 2日 (火) 01時11分

>☆kazu☆さん
コメントありがとうございます!
ホント、楽しすぎましたね♪そして戻りたい…。
でも次がありますし!またお会いして、キャーキャーお話しましょうね!

投稿: イコ | 2009年6月 2日 (火) 21時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 観劇とお酒とカラオケ | トップページ | 「ロイヤル ストレート フラッシュ」プレライブ »