« ポルノダイエット | トップページ | モバイルを切る日 »

「下荒井兄弟のスプリング、ハズ、カム。」の感想

NACS本公演「下荒井兄弟のスプリング、ハズ、カム。」が今日、札幌で無事千秋楽を終えた。だからやっと感想を書く!いいですか?ネタバレ感想です!いいですか?あくまでも私が思ったネタバレ感想です!いいですか?あまり褒めてないです!いいですか?まなら長いです!…ってしつこいか!

私は前作の「HONOR」が好きすぎて、これを越えるNACS本公演が出るとは思えなくなっている。「HONOR」を見た時、何だこれは?完璧じゃないか?と思って、震えが止まらなかった。NACS関連のDVDで一番見ているのも「HONOR」で、副音声ありでもなしでも何度も何度も何度も~♪見ている。
それ故、リーダー最高っす!ついていくっす!先輩は風っす!自分は岩っす!交わること無いっす!みたいな、脚本演出のモリにブルっちまって、もちろん役者さんの演技も、音楽も、舞台装置も何もかも大好きで、NACSの代表作になるようなものを…ってモリが言っている通り、これは代表作になるべきものだ!と、再演する日を待ち望んでいる。

だから、最初に新作は洋ちゃん脚本演出だって知った時には、凄くビックリして、ナンカ…新しいぞ!ってワクワクして、一方でモリじゃないのか…と思ったりもした。
そんな「下荒井兄弟のスプリング、ハズ、カム。」を初めて見た時には、本当にいつものNACSらしい公演と違っていてビックリした。笑いどころ満載で、NACSネタというか、ファンにはわかる笑いどころがいっぱいあって、ものすごく面白かったんだけど、お芝居事態は淡々と進み、最後の泣きそうになる盛り上がりもイマイチぐわっ!とこなかった。洋ちゃん脚本の、山田家の続編ジャンボリーではすごく泣いたので、もうどうせ泣かされるんでしょ♪と、ハンカチ握り締めていた私は肩透かしをくらい、あれ?となって、その動揺たるや!
モリ脚本演出のNACS公演ではいつも音楽がドドン!と来て、じっくりお芝居をする所もあるけど、スピード感があって飽きさせない。よくある舞台らしいお芝居って感じじゃなくて、これぞNACS!って感じの、長年培ってきた独特のカラーが出る。私はそのカラーが大好きで、モリばかりじゃなく、他のNACSメンバーが本公演の脚本演出が出来るって、チームにとってこんな強みは無いと思いつつ、これはもう好みの問題なのでしょうがないんだけど、私はモリの作るNACS公演じゃないと、どうもグッと来ないのかな~?と思ってしまっている。

ま、しょっぱなからイマイチ感がある事を書いてしまったけど、もちろん「下荒井兄弟のスプリング、ハズ、カム。」が大好きで、グッときて、ポロポロ泣いた人も多いと思う。
「HONOR」では、最初に見た時に、コレで完璧!と思ったもんだけど、「下荒井兄弟のスプリング、ハズ、カム。」は、これからどんどん良くなりそうな舞台だな~と思った。そしたらやっぱりそうで、特にモリと琢ちゃんの進化には目を見張った。いつも上手な琢ちゃんはともかく、いつも脚本演出のモリは今回役者として集中出来たのかもしれない。すごく良かった。モリの良い所が全部出てる感じがした。だから、お芝居の前半はモリ、後半は琢ちゃんに魅了された。

もちろんモリだけじゃなく、他のメンバーも上手く使われていて、そんな所はサスガ洋ちゃん!って思って、NACSの個性というかキャラを存分に発揮している上に、それぞれに見所的なシーンもあって、メンバーの事を考えて作っている感じがマンマンだ。N43の洋ちゃん作品を見ても、NACSそれぞれのキャラを存分に出す洋ちゃんは、NACSの事をすごく考えているという気がしている。

お芝居で映像が出るとか、映像で説明されるのが嫌いなんだけど、今回は最初からそうで、ああ…と思った途端!上がる緞帳の奥にお尻が!裸の顕ちゃんがしょっぱなに出てきて、どうしようもない爆笑の渦だ。洋ちゃんがやる顕ちゃんの扱いが大好きで、だから今回どんな扱いなのか?ってのをワクワクしていたら、やっぱりか!って感じで、そのお尻を見ながら目頭が熱くなった(笑)
オープニングから度肝を抜かれたもんだから、お芝居のタイトルを叫ぶアレが好きなんだけど、あれ?今回無かったな?とハッとしたのは随分後だ。
映像でガッカリしたのはこれだけじゃなく、NACSは五人しかいないから、その使い方が難しいと思われ、やっちゃったか…と思った。舞台にモリが出ているところに映像でモリが出て、モリとモリのやりとりがあったからだ。五人全員が舞台上に出てて、でもどうしてももう一人出なきゃ話が転換しないって感じがしたが、そこは上手くやって欲しかったな~と思って、ビックリしつつガッカリした。
映像で出るのは、舞台を見ている最大の魅力である生感が無くてイヤなんだけど、それがお芝居も映像となると舞台を…見に来ている…意味が…無いんじゃ…と思う。映像だけじゃなく、今回は声というかセリフも録画を使っているのが多いように感じた。その日の演技を受けて、演技を返すという、舞台の醍醐味が100%じゃないところもまた、ちょっと…と思う要因となっている。

前半はモリに魅了されたって書いたけど、大好きなシーンは、シゲの婚約者をそうとは知らず恋しちゃって、実はシゲの婚約者だって気付いた時のところ。情熱大陸でもちょっと出ていたシーンだ。何とも言えないショックと弟の幸せを思う気持ちの挟間で、辛うじて兄としておめでとうって言うんだけど、コミカルな演技も相まって、笑いどころって感じがするぐらい会場は沸いた。でも私はあまり笑えず、切ない気持ちにグッときて、ちょっと泣きそうになってしもた。その後すぐに、洋ちゃんの最高に面白い演技が始まるのでやっぱり爆笑したけど!
ベタでナイス!と思ったのは、一目ぼれするっていう所で、メロディアスな音楽が流れ、何故か女性のスカートが風にめくれる。それも三回もやられるから、またかよ!ってなって、もう最高♪

下荒井兄弟は結局NACS全員で、長男モリはいいとして、次男は琢ちゃん。その後は三男顕ちゃん、四男洋ちゃん、五男シゲという兄弟構成で、お芝居が進むにつれ兄弟構成がわかってくるんだけど、末っ子琢ちゃんを次男に持ってくるとは!何でこんな順序なんだろうね?と話した時、見た目?という言葉を聞いて、ナルホド!と超納得したものだ(笑)
末っ子の座を奪ったシゲはめちゃめちゃ可愛い末っ子で、兄弟みんなから愛されている末っ子って感じがした。シゲはあまりシゲらしい残念とかウザイとかが出てなくて、いつになく柔らかいとにかく可愛い役どころだった。だから、シゲの新たな一面を見れた気がしている。顕ちゃんの奥さん役の時の方が、押しが強くてシゲらしいって感じがしたもんだ。

衝撃のしょっぱな裸で度肝を抜いた顕ちゃんは、やっぱりかっこいい♪…ってうっとりした事はここだけの秘密にしといて、すごく情けない役どころ。自分のピンチを何とかしようとしゃかりきになるんだけど、結局は何をやっても上手くいかない!ってなって、兄弟でも一番損な立ち位置なんだけど、一番最初に結婚したのは現実と一緒だ!とハッとした。シゲ同様、顕ちゃんも実際の性格とは違って、下世話で小ずるい。でも屁が何発も出るのと、いつまでも裸でいるのは…ま、脚本演出の力として、最後の五人揃って作戦会議をする時、伏し目がちになって発言をしない所は「らしい」って思った。

脚本演出はお芝居が一番下手になって損と言っていた洋ちゃんは、だけど私はこの洋ちゃん大好きだ。下荒井に出る人物の中で一番好きなのがこの四男。確かに他の人と違って、感情を爆発をさせる見所的なシーンが無いので、どうもひょうひょうとしているように見えるが、最高のファッションセンスといい、日替わりと思われるナイスな靴下といい、出方とか仕種とかしゃべり方とか、私には可愛くてしかたなくみえて…。盗聴オタクの引きこもりってかなり変わった人物設定は、その盗聴がストーリーを転換させていく上、すごく面白くて、よく考えたな…と上手さを感じる。
そういや、洋ちゃんが一人居間に残って、みんなに仕掛けた盗聴器の音を聞くところ、モリの音声を聞いて、「素直でよろしい!」みたいな事を言うんだけど、コレ最高に面白くて大好きだ。でも確か初日は「世界一素直ですよ~!」って言っていて、その言い振りがタマラナク好みでよく覚えているので、あれ?と変わっちゃった事にガッカリもしたなぁ。
でもま、何度も思ったことだけど、いつも面白い洋ちゃんの面白さが一番出るのが舞台だと思っていて、この四男も洋ちゃんだからこんなに面白い人物になるんだろうと、目が離せなくなった…誰が離れてんのよ!と琢ちゃんが巧みに出てきた所で、自然と琢ちゃんの話題へ♪

下荒井は前半、恋の話。後半、兄弟の話になるんだけど、前半はシゲの婚約者の女性となり、後半は家を出てヤクザになって久々にひょっこり帰ってきた次男となる。「HONOR」でもヒロインを演じた琢ちゃんは、今回の女性役、あまりにもキレイで驚いた。顔はどうみてもやっぱり琢ちゃんなんだけど、というか、ハナタレのハナタレ警察で出てきたハヤシマリコみたいになった蕎麦美人にしか見えなかったんだけど、仕種とか話し方とか特に表情!すごく魅力的な女性に見えて、モリがものすごいスピードで惹かれるっていうのに説得力を感じる。モリと洋ちゃんに一目ぼれされるモリの女性役は力技って感じがしたけど(笑)
そういや「COMPOSER」、「HONOR」に引き続き、ヒロインの座を欲しいままにする琢ちゃんだけど、シゲ、モリも女性役として出てくるから、女装する役どころをやる人ってのがナニゲに定まってきた感じがして、顕ちゃん洋ちゃんの女性役ってのが想像できなくなっている。
そして後半のヤクザな次男。最初はベタなヤクザの演技だな…と特に惹かれはしなかったんだけど、お芝居を重ねるにつれグッとくるナニカが出ているように感じて、嘘の顔と本当の顔、死ぬ覚悟と生きる覚悟など、相反するものを見せる役どころがマジでビシっ!ときて、ああ、やっぱり上手いな…とため息もでるってもんだ。四男の初めての盗聴テープを聴くのは、もしかしてシゲの昔のテープから発想されたのかな?と思いつつ、その一番の泣き所と思われる苦しい叫びもグッときつつ、いい加減…と思われてそうだがやっぱり「HONOR」と比べちゃうんだけど、神木が燃えた時の五作さんの得も言われぬ叫びを思うと、弱い感じが否めない。と言っても、五作さんの叫びはDVDになってるやつはあまり納得いってなく、生で見た時のもっと低音でどうしようもない絶望を感じる叫びが…だけど。
そういや、このテープ、仙台で見た時、初めて父親が出ていると気がついた。それまではずっと、父親の声、モリ役だと思っていたので、モリだけが声変わりしている頃なんだな…とか勝手に納得したもんだ。ついでに、これも仙台でハッとしたんだけど、三男、四男、五男の名前がナニゲにしりとりになっているじゃないか!シュウイチって名前は、「HONOR」でも出てきたので、何でかぶってんの?とずっと不思議に思っていたら、ゴウスケ、ケンジ、シュウイチって続けて言う所で、コレは…しりとりか?などと思ったのだ。

長男次男と、他三人は実は血が繋がっていないという展開になった時、長男次男は父親から聞かされて知っていて、三男は結婚する時に戸籍で知って、五男は知らなかったからビックリしていたやつ。四男は前から知っていたみたいになっていたけど、ん?と思った。知らなかったとしたら振る舞いが不自然だし、知ってたとしたらいつの間に?
そんな疑問をお芝居を一緒に見た友人に話したら、盗聴で知ってたんじゃない?と言われ、これまたハッとする。自力じゃ絶対気付かなくて、何で?どうして?嘘をつくぐらいなら何も話してくれなくていいわ!とサウダージしていたところだ。

…そんなわけで、あまり褒めてない感じになっちゃったけど、2年待ったNACS本公演というものは、何がどうであろうとやっぱりグッとくるもので、NACS5人が勢ぞろいして舞台に立っただけで目頭が熱く、心も熱く、情熱も熱くなる。ホントあっという間だったな~と思った、「下荒井兄弟のスプリング、ハズ、カム。」は、お芝居を見ていた間はもっと色々思ったはずだけど、ちょっと記憶がポルノ的な理由とか色々あって消えつつあるから、WOWOWを上手く入手し、じっくり見ることが出来たら、また思い出しつつ、NACS愛について書こうと思うのだった♪

|

« ポルノダイエット | トップページ | モバイルを切る日 »

NACS芝居」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ポルノダイエット | トップページ | モバイルを切る日 »