« イッパイイッパイ女、旅に出る | トップページ | 筋肉痛と春の終わり »

灼熱のありがとう!仙台!

仙台の旅が終わった。あれだけワクワクして待ちに待った仙台が終わった。終わった今とにかく頭にあるのは、ありがとう!という言葉でいっぱいという事だ。

ところで、仙台は、NACSもポルノもまだ途中。ネタバレは書きませんので、ご安心を♪

仙台は土日ともとっても良いお天気で、NACS(の、特定の人)とポルノという、二大雨を呼ぶモノがいる仙台だから、正直、あれ?という動揺を隠せなかったんだけど、どうやら情熱が勝ったようだ。天気職人が良い仕事をしてくれたという言い分もある。ほとんど劇場かライブ会場か飲食店かホテルにしかいなかったんだけど、移動中などは春の良いお天気の中ポカポカ歩き、桜もちょうどよく咲いていたし、土曜日はライブ終わりに赤っぽい月がキレイに出ていて、ただでさえ最高に楽しい日程の仙台なのに、だから尚更すごく気分が良くて、オラ、ワクワクすっぞ!という言葉さえ出てくる程になる。

土曜日、仙台に着いてすぐに、「COMPOSER」DVDのグルメバトル仙台編で食べていた「きすけ」に行き、本場の牛タンを堪能。翌日の昼食も違うお店の牛タンを堪能したから、一年分ぐらいの牛タンを食べた気になる。仙台と言えばもちろん「ずんだ餅」も逃せず、藤やん並みのスピードで食べたりしつつ、「下荒井兄弟のスプリング、ハズ、カム。」の会場、電力ホールへ。
NACS公演は東京と札幌でしか見たことがなかったので、東京も地方公演と言えるけど、私が遠征する地方公演は仙台が始めてだったから、どんな雰囲気なんだろう?と思ってたら、仙台ってぱ熱い!さすがどうでしょうの「どうでしょうバカ勢力図」で本州バカ隊長の名を欲しいままにする宮城!特にお芝居が終わった後のカーテンコールではすごくて、これに比べると、ホント東京ってあっさりしてるんだな~と思わされる。ちょうどモリのお子様が生誕されてすぐの公演だったから、そんなおめでとう!という雰囲気も手伝っていたんだろう。
東京ではガラガラだったグッズ売り場にながーい列が出来ていて、何でだろう?と思ったら、CDと写真集がココ仙台で始めて発売されていたのだ!すっかり忘れていたけど、お芝居終わりにダッシュしてすぐに購入。写真集は「HONOR」のアレがあまりにもアレだったので、ちょっと迷ったけど、やっぱり買っちゃった♪その後、ポルノのライブ会場で、あまりにも緊張していたので、R先輩とソレを見ていたら気がNACSの方に向かって、緊張が消えたりしてちょうど良かった。それにしても今回の写真集は中々良い。買ってよかった。CDはまだ聞いてないけど、これからハードプレイになるのだろう。
ハッと気付いたのは、日曜日の昼公演が仙台千秋楽で、地方千秋楽も、もちろん本当の千秋楽もNACS公演では経験した事がなかったので、一個夢が叶ってしまった!千秋楽パワーなのか、日曜日の方がカーテンコールのトークが長くて得した気分♪
ホテルでじっくり考えて書いたアンケートも出せたし、私の「下荒井兄弟のスプリング、ハズ、カム。」はこれで終わってしまったけど、悔いは無し!仙台が終わり、いよいよラストの本拠地札幌公演が始まるから、NACSには最後まで無事に駆け抜けて欲しい。そして、札幌公演に行く方は、どうぞ存分に楽しんでくださいね♪

で、一方のポルノのライブ「ロイヤル ストレート フラッシュ」だけど、これが…すごかった。何がすごかったって、とにかくすごかった。
仙台市体育館は冷房がついていなかったらしく、暑い!ただでさえ熱くなるライブなのに、尚更暑い!私の心も熱い!この暑さに、真夏にも関わらず冷房設備が無く灼熱だった去年のジャンボリーを思い出したりする。
そんな会場の暑さと、私の熱さがいい感じで混ざり、今まで行ったポルノライブの中で一番汗をかいた。会場は暑いだけではなく、熱かった!NACS公演でお客さんの熱さを実感したばかりだったので、ここでも熱いか!と、仙台の熱さをツクヅク感じる。
ポルノの仙台は幸せな事に両日共とっても良い席で、土曜日にどうにかなりそうな程盛り上がった上、ライブ終わりも情熱が収まらず、意味も無く走ったり階段駆け上ったり、追い越されたりしながら、体力の限界まで使い果たす。その光景を言葉にするなら、仙台の深夜を走るキャッツ・アイ!って感じだ。打ち上げも最高に楽しくて、Rミナ両先輩、初めて打ち上げしていただくサイフ先輩と共に、存分に飲み食いして、やっぱりライブ後は打ち上げがなきゃ始まらない!ってなる。
それで、日曜日は更に尋常じゃないぐらい良い席で、もしかしたら今後もうこんな良い席って無いかもしれないから、始まる前はお昼に大食いした牛タン定食がコンニチワしそうな程になったんだけど、進むにつれていつものようにとにかく楽しむ!楽し過ぎて気が変になりそうだ!体のどこかも変になりそうだ!叫びすぎてノドも変になりそうだ!現に今、フクラハギと首がどうにかなっていて、普通に歩けない!ライブ終わりにはバンビのごとく足が震える状態に拍車がかかる。でもそんな状態でも最後まで出し切った!気力でドラえもんぐらい浮いた!
それもこれもポルノのライブが素晴らしすぎたからで、本当に私は何て良いものを見つけたんだろう!って何度も何度も思う。お二人の名前も何度も叫んで、意味不明な言葉も叫んで、「ありがとう」も何度も泣きながら叫ぶ。ポルノオンリーのライブに初めて行った時、お客さんの「ありがとう」という言葉を良く耳にしていて、私もいつか「ありがとう」って言える気持ちになればいいな~と思ってたんだけど、今日は心の底から「ありがとう」って言えた。「ありがとう」と言えたから、4月12日は、「ありがとう」記念日♪って事にしようかと思うぐらいだ。

そんな灼熱の仙台を駆け抜けた今は、燃え尽き症候群になるんじゃ…と事前に思っていたんだけど、すごく元気をもらった。体は色々痛くて元気じゃないけど、心はすごく元気で元気で困っちゃう♪
だから、NACSにもポルノにも同じ趣味を持つお友達にも仙台にも仙台の空に出ていた赤い月にも仙台の石ころにも全部にありがとう!と言いたい気持ちになっているのだった♪

|

« イッパイイッパイ女、旅に出る | トップページ | 筋肉痛と春の終わり »

NACS芝居」カテゴリの記事

ポルノライブ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« イッパイイッパイ女、旅に出る | トップページ | 筋肉痛と春の終わり »