« 合宿ナイトフィーバー | トップページ | 雨のオプション »

太陽

ずーっと見たいと思っていたDVDをやっと見た。DVDと言ってもNACS関連やポルノ関連のDVDじゃなくて、槇原敬之のライブDVDだ。

槇原敬之の曲はわりと聞いていて、一時期はハードに聞いていたんだけど、初めてライブに行ったのが多分2004年の「SYMPHONY ORCHESTRA "cELEBRATION"」。
オーケストラを従えてのクラシックな感じのライブで、先輩に頼まれたからチケットエントリーしたらどっちも取れて、私も行きたいと思っていたから、自分が取れた分のチケットは自分で行く事になった。それが槇原敬之のライブに行った最初だ。
ライブと言えば何よりももちろんポルノのライブが最高で、何より好みで、何より楽しすぎるんだけど、槇原敬之のこのライブはポルノのライブみたいにぐわー!と盛り上がる感じじゃなくて、じっと曲を聴く感じ。私は、もう立てません…となるぐらい盛り上がるライブが好きなので、何度も行きたいと思うのはポルノのライブなんだけど、たまにはこんなじっとして聞くライブもいいな~と思ったのは、槇原敬之のライブDVDを見て超感動したから。

何が感動したって、このライブでは「太陽」をやってるんだな!それもCDとは違うクラシックな感じの!
「太陽」は、すごくすごく好きな曲で、曲も良いが、歌詞が最高に良い。当然、槇原敬之のSランク。他にもSランクはあるが、「太陽」は飛び抜けてSランク。SSSランクと言っても過言ではない。好きすぎて、もしかしたら、私が今まで聞いた全ての曲の中で、一番歌詞が好きな曲かもしれないと思う程だ。
このライブに行った時、マサカ「太陽」やるとは思わなかったから、前奏が聞こえた瞬間、鳥肌が立った。それで、たたた太陽ダー!と叫びそうになった事を思い出す。ライブDVDで見てもやっぱり最高で、感動して泣きそうになる。

そんな「太陽」は、たまたま借りたCDに入っていた曲で、就職活動中にハードプレイして、何度も元気をもらった。だから思い出深くもあり、最近はポルノ聞いて元気になる事が多いけど、久しぶりに聞いたらやっぱりグッときて、鳥肌ものだ。何となく借りたCDにこんな超名曲があると、すごくラッキー!ってなって、海岸でメノウを探して、素晴らしいメノウを見つけと思ったらナント!ダイヤモンドだった!ぐらいの気持ちになったりならなかったり。
そのぐらいホントに「太陽」ってば完璧すぎて、この部分が最高~♪とか言えない。最初から最後まで最高だからだ。

その数年後に東京国際フォーラムホールでやった槇原敬之のライブにも行ったんだけど、それもすごく良くて、ライブ終わりに友達と銀座でご飯食べながら熱くライブの感動を語っていたら終電を逃した事があった。旅行先じゃない場所で終電を逃したのは後にも先にもこれ一回だけで、銀座から自宅までのタクシー代に泣いたもんだけど、友達が、「愛だの恋だの言わなくなってきた曲は素晴らしいよね!」とか言っていた言葉は、そのあまりの熱さに爆笑した思い出と共に忘れられない。

「太陽」も、愛だの恋だのという歌詞じゃなくて、もっと大きな、精神的というか、生き方というかを、素晴らしい曲と共に歌っているもんだから、私も「太陽」のように生きていたいな~と思わされて仕方ない。
このDVDには他にも好きな曲が満載だけど、そんなわけで「太陽」が好きすぎるから、しばらくは「太陽」オンリーをハードプレイする事になるのは、私の脳内会議で満場一致だ。だから、「何も求めずに何も変わらずにいつも僕らを照らす太陽」のごとく、変わらずずっと好きな曲であり続ける「太陽」を、今日もまた大切に聞くのだった♪

|

« 合宿ナイトフィーバー | トップページ | 雨のオプション »

その他」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 合宿ナイトフィーバー | トップページ | 雨のオプション »