« この五臓六腑め! | トップページ | 「LOOSER」感想 »

「横浜ロマンスポルノ'06」DVD

「横浜ロマンスポルノ'06 ~キャッチ ザ ハネウマ~」は、ポルノライブDVDの中で一番最初に見たものだ。
今では他のライブDVDを含め、何度も何度も見ていて、それぞれに好きなところがあるんだけど、初めて参戦した「ロマンスポルノ'08」のDVDは別格として、やっぱり「横浜ロマンスポルノ'06」は鉄板って感じがする。初めて見たポルノライブDVDなので、すごく色々感じて、学んで、思い出深いし、愛着も一番あるかもしれない。だから、今更?って感じが否めないが、何度も何度も見ている「横浜ロマンスポルノ'06」DVDの感想でも一発!

ポルノの曲を聴き続けた日々を経て、次はライブDVDに手をつけよう!と思い、でも何から手をつければいいんだ?と迷い、アマゾンとかWikiとかを参考にして「横浜ロマンスポルノ'06」をチョイス。ライブが全部入っているというのが一番の決め手だ。それと、まだ「ポルノグラフィティがやってきた」が発売される前だったので、当時一番新しかった「OPEN MUSIC CABINET」と同時に購入したんだけど、事前に調べていた評価から、「横浜ロマンスポルノ'06」が私の中で一番良さそうだったので、とにかくコレから見たわけだ。

そしたら、タネウマライダーが笛を鳴らして始まるこのライブ!そして「タネウマライダー」!更に色とりどりのテープが舞って、カラフルな会場に見とれているうちにライブが始まっていて、しょっぱなから、ナンカ…ハデだぞ!すごいのが始まるぞ!って感じがマンマンになる。

当時は2007年のAAAでちょこっとポルノライブを経験しただけだったので、ポルノオンリーライブのテンションにやられ、一気に惹き込まれる。なんて…なんて楽しそうなんだ!って思って、お客さんのテンションもすごくいいし、夏の野外な雰囲気もいいし、もちろんポルノのお二人も最高だし、この会場にいる全ての人がライブを精一杯楽しんでいる感じがして、すごくポルノのライブに憧れた。そのすぐ後に、「ロマンスポルノ'08」が発表されたもんだから、アレがやってくるのか!と、ものすごい情熱に包まれた事を今でも忘れはしない。

それで、アルバムは全部聞いていたけど、シングルのカップリングまではあまり聞けていなかったから、「天気職人」とか「夕陽と星空と僕」とかの今では大好きになった曲は、このDVDで初めて聴いた。このDVDで何度も何度も聞いて覚え、カラオケで歌ったもんだ。ま、「天気職人」では最初のハデな歌詞忘れがあって、よくわかんなかったんだけど(笑)
そんな「天気職人」に入る流れが秀逸で、あらゆるDVDの中での秀逸さを考えるとコレが一位の、ベストオブシュウイツって事になる。小雨が降る中、暮れて行く空を見つつ聞く「天気職人」…。こういうの見せられるとホント、何故私はここにいなかったのだ!と悔やむ。この影響からか、私にとって小雨が降る時のテーマ曲は「天気職人」になっていて、ちなみに土砂降りの時は「蝙蝠」がテーマ曲になっている…というのはまた別の話。

「メリッサ」では、目が合って笑う所とか、二人の追いかけっこが可愛くてすごく好きなんだけど、これ見てると始終ポルノの二人が楽しそうで、その顔見てるだけでもテレビ通して楽しさが伝染し、グッと来る。このライブが特別で格別で超楽しかったから、去年のロマンスポルノもやったという経緯があるっぽいんだけど、それがすごく伝わってくる。

で、「Century Lovers」が始まった時には、なんだ?このやたら長いフーフー合戦は!とビックリして、そうか、なにやら定番なんだな!と「Century Lovers」を学んだ。ちなみにここでは、「しかしながら、よしんば怒るよ」が好きで、更に観戦席に紛れ込んだ晴ちゃんがおる!的な微笑ましいのも好きだ♪
いいだけ長いフーフータイムが終わったと思ったら、立て続けに超盛り上がる曲が始まるもんだから、そりゃーお客さんもそんだけ飛ぶわ!って思わされ、うん、どう考えても「Century Lovers」最高だ!ってなる。FCUW3でコレやってくれた時には、フーフー初体験ってのもあるし、このDVDをはじめ、他のDVDも見て憧れていたので、泣きそうなぐらい嬉しかったなーと思い出す。

それから一気に落ち着いて、虫の鳴き声とか流れ出して、空も真っ暗に「うたかた」へ。「うたかた」は元々好きな曲なんだけど、このライブの雰囲気が交わると最高で、次の「夕陽と星空と僕」と共に、何度ループしたか…。特に「夕陽と星空と僕」は曲を覚えるために何度ループしたか…。それにしても「夕陽と星空と僕」ってば、ホント完璧な曲だなぁとつくづく思う。何度も見てるけど、何度見ても鳥肌が立つぐらいだ。
ところで、「Winding Road」が新曲って紹介されて披露してるの見ると、そうか…そんなに前か…とビックリする。アルバムのレコーディングとか言うと、そうか…「m-CABI」か…とビックリする。そんなビックリを経て、DISC2へ!

DISC1でいいだけ楽しんだ後のDISC2も盛りだくさんで、この盛りだくさんさがこのDVDの大きな魅力の一つだと思っている。DISC2には超好きな曲が多いから、ポルノライブDVDの中で、DISC1より2を多く見てるのはこれだけろう。
何をどう考えても「ラック」ってば最高~♪って思うが、ライブの「ラック」は格別。後に見た「74ers」の「ラック」の神がかり的な素晴らしさに、ベストオブラックの座を奪われた「横浜ロマンスポルノ'06」の「ラック」だけど、「ラック」が大好きになったのはこれを見たからだもんだから、やっぱり思い出深くて、そしてや~た~ら~かっこいい!前奏のすごい目をしている昭仁、晴一も見逃せない点だ。これ見せられると、自然と正座になっているのは仕方ないと思う。
その上、これまた超好きな「空想科学少年」がやってくるもんだから、なんかスゲー!って感じで、昭仁がテンション上げを決行する間もなく、テレビの前の私もテンションが上がって上がって仕方ないじゃないかー!「空想科学少年」は歌詞も曲も完璧に好きなんだけど、ギターの入り方も好きだったりする。だからもし晴一だったら…じゃなくて、ギターが弾けたら、この曲を真っ先にやりたがると思う。
どうでもいいけど、何か始めたい…とか友達が言い出したから、バンドでも組もうぜ!と提案したのは、晴一になりたいと思ったわけじゃなくて、ギターが弾けるようになりたいと思ったわけじゃなくて、「空想科学少年」が演奏したかったからだ。ま、バンドという提案はあっさり却下されてしまったから、「空想科学少年」の夢はラララ♪と儚く消える。

ジェーオーピージーエフエーム♪という音が聞こえると、血が煮えたぎるという性質を持っているんだけど、その切っ掛けとなったのがこのDVDの「ミュージック・アワー」。AAAで変な踊りを経験していたので始めてじゃなかったんだけど、ホントにみんなやってる~!と感激したもんだ。ダンサーもいっぱい出てきて、ハデで、お祭り騒ぎで、これを楽しまない人っているのか?と思う程楽しすぎて、何度見ても涙とか出てくる。駆けながらギター弾いて音がずれる晴一に、「ちゃんと弾けー」という昭仁のやりとりも見逃せない。色んなDVDに入ってる「ミュージック・アワー」だけど、だからこのDVDの「ミュージック・アワー」が私にとって理想なのだ。

殺す気か!みたいなテンションの流れで、いよいよ「ハネウマライダー」になる。これ見ると、まだタオル回してなくて、このライブをやった当時、「ハネウマライダー」が一番新しいシングルだったのか~と思うと、これ以降、いつあの最高に楽しいタオル回しが確立されたのだ?「OPEN MUSIC CABINET」か?と色々考えつつも、そんな事かまわねーぜ!みたいなテンションでいつでもどこでも何度でもタオルを回す私が!いる!タネウマライダーもジューンブライダーもハネウマライダーも出てきて、最高に最高にた~の~し~すぎる!

で、やっとこさアンコールになるんだけど、スペシャルな感じの「愛が呼ぶほうへ」までに至る流れがながーい事全部入っていて、こういう所が、このDVDの大きな魅力なんだな。行ってないのに行った気がマンマンになる!ギターとピアノだけの、ポルノ二人だけの、雨の中の「愛が呼ぶほうへ」。ロマンスポルノ'08の豪雨ライブでの「愛が呼ぶほうへ」は目も開けられないぐらいの雨だったけど、このDVDの雨は可愛らしい雨って感じで、愛も呼ぶけど情緒も呼ぶ。
それが終わると、こんなセット用意しておいて一曲だけかーい!って突っ込んだ事はここだけの秘密にしてもらって、ステージに戻り、「ロマンチスト・エゴイスト」へ。ここに来て「ロマンチスト・エゴイスト」とかって、マジでニクイ!つくづくこのライブって、会場の雰囲気も、DVDの作りも、セットリストも何もかも素晴らしいと思う。みんなでラララ~♪の歌声とか聞かされると、舞台上にいるポルノのお二人のグッと来ようが伝染して、こっちまでグッとくる。
それでそれで、やっぱり最後は「ジレンマ」!もちろんライブでの「ジレンマ」も、このDVDを見て初めて知る。いきなり「どうしたい!」とか昭仁が言って、会場みんなが「飛びたーい!」って言って、何だ?何なんだ?とビックリしつつ、ナニカものすごく楽しい事が始まるぞ!というワクワク感が押し寄せたのは、「思いっ切り飛べ!ジーレンマー!」って叫んだ後にホントにみんな超飛んでいて、超楽しそうだったからだ。
「ジレンマ」は間奏に各パートのソロがあるんだけど、ながーい距離を走った昭仁が搾り出したような声で晴一の時に「晴一だー!」って叫ぶのが好きで、決して、晴一番ダー!に似ているからではない。…そんなどうしようもない事を不意に思いついてしまったが、最後に「帰ってきたぞ晴一がー!よかったー!」って叫ぶとこも好きで、決して、帰ってきたぞ晴一番ダー!よかっダー!に似ているからでもない(笑)

最後の「ジレンマ」が終わった後も、色んなライダーが出てきたりダンサーが出てきたり、昭仁にしか見えない二人が存在したり盛りだくさんあって、ものすごく長い。ライブ終わりの、楽しかった…と茫然とした充実を感じると共に、終わっちゃった…と寂しさをジックリ味わうには充分な長さだもんだから、私、このライブ行ってたかも…と錯覚してしまうのはしょうがないと思う。だから、最後の挨拶で昭仁が「またライブで会いましょう」とか言うと、いやDVDだから…と思う間もなく、はい!ライブで会いましょう!とか激しく叫ぶ私がいる。

そんな感じで、異常に長くなった「横浜ロマンスポルノ'06」DVDの感想。ライブ会場で、このライブのタオルとか見ると、君も行ったのかね、楽しかったよね…と、涙目で話しかけたくなるのをグッと堪えているのは、気持ち悪かろうと思うと共に、私…ライブに行ってねーじゃねーか!とハッとするからだ。そのぐらい、ライブに行った気マンマンになるこのDVDってばやっぱり鉄板♪鉄板♪鉄板なーのだ♪と、もう一回見るか♪ってなるのは、昭仁がまたライブで会いましょうとか言ってたから、しょうがねーな、またライブで会うか…と素直に従っている証拠なのだった♪

|

« この五臓六腑め! | トップページ | 「LOOSER」感想 »

ポルノライブ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« この五臓六腑め! | トップページ | 「LOOSER」感想 »