« 祝日とカレンダー | トップページ | 週末ウォーカー »

赤い悪魔

とろっとした赤い液体は、天使の顔して、私を飲んで♪美味しいわよ♪とか言って来る。それで、とっても美味しいから、ついつい飲みすぎると、ある時点から悪魔の顔に変わり、飲んだな…飲みやがったな…と笑い、私の頭をグルグルさせて、最終的にはリバースの嵐へと誘う。

…って、こんな事を書いたのは、やっぱり赤ワイン飲みすぎちゃったからで、どうしてこんなに美味しいのに、飲みすぎると苦しくなるのだろう…と、これはまるで恋なの?って思う近頃だ。

赤ワインばかり飲んでると、たまに焼酎とか飲みたくなるんだけど、やっぱり赤ワインに戻る。お酒の許容量をわきまえた大人としては、あまり赤ワインが悪魔になる事は無いんだけど、ナニカすごく楽しい事があったりすると歯止めが利かなくて、気持ち悪くなり、翌日もグロッキングベイベー!ついて来いよー!おー!状態になるとわかっていてもやめられないから、クソ!この赤い悪魔め!と罵倒してもやっぱり好き♪

それで、赤い悪魔と書いてて思い出したのは、賢明なNACSファンならピンと来るかもしれないけど、ヒントとしては、洋ちゃんが演じた赤い悪魔でございます♪

そう!それは、イナダ組「ドナドナファミリープラン」の洋ちゃんだ!ドナドナの洋ちゃんは、真っ赤なタキシードに身を包んで、メガネをかけているナイスなビジュアルで、メフィストという悪魔を演じている。

ドナドナは、人間の汚い部分を存分に見せる、見た後にはくらーくなるお芝居なんだけど、やたらガナっている役者達のお芝居も苦手だ。だから総評、あまり好きじゃないって事になるわけだが、NACSファン目線で見ると、イマドキの若者を演じてる主役の琢ちゃんは上手だし、なさけないザ・ウダツの上がらない親父を演じているモリはバッチリだし、何より、面白い上に超悪役な洋ちゃんがめちゃめちゃ好みで、その部分だけでもご飯何杯かいける♪

そのメフィストが最初に登場する場面が大好きで、最高に面白く、それでいてしつこくない…と、ミスター味っ子風味に言ってみつつ、琢ちゃんと二人のシーンなんだけど、こいういうの見ると、ココまで面白いのはやっぱりNACSの呼吸!なにより呼吸!そしてまた呼吸!って感じで、更に、メフィストが洋ちゃんじゃなきゃ、こんなに面白くはならないとも思う。だから、洋ちゃんの笑いの才能は、どうでしょうを見ても、バラエティを見ても感じるんだけど、舞台の上だと、やっぱりここだ!と思わされる。

それで、メフィストは面白い感じなのに、物語が進むにつれ、人間の弱い心につけ込む悪魔ってのがまた良くて、洋ちゃんの悪役最高じゃなーい♪と思ったお芝居だ。LOOSERで不意に冷酷な目をするのも、COMPOSERで厳しい性格を見せるのも結構好みなんだけど、このめちゃめちゃ悪い洋ちゃんがたまらなく好きな~のだ。そういや、水曜天幕団の、顕ちゃん演じた、ただただ悪いやつもかなり好きだから、どうやら私は悪役が好きらしく、悪ければ悪いほどヒットするらしい(笑)

そんな感じで、今宵も赤い悪魔の誘惑に乗りつつ、久々に洋ちゃんの赤い悪魔を見ようかと思うのだった♪

|

« 祝日とカレンダー | トップページ | 週末ウォーカー »

NACS芝居」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 祝日とカレンダー | トップページ | 週末ウォーカー »