« 赤い悪魔 | トップページ | 堂本兄弟の感想 »

週末ウォーカー

元気があれば何でもできるといった風が吹き荒れる今日は、春一番ダー!
それで、ポルノ的に言うと、今日は静岡公演なわけで、大阪公演があまりにも楽しかったので、結構近い静岡でやられると、行けない事も無い…と思い、本気で行こうと思っていた。…いたんだけど、行きのバスがいっぱいだったとか、何よりお財布的な現実を目の当たりにしちゃって、私はまだ夢の途中よ!と、ムンクさんのごとく言ってみるわけにも行かず、目の前で起こっている様々な現状を冷静に噛み砕いて、サラバ!静岡!って結論に達した。

そんなわけで、行きたい気持ちがタマランチ安田になったこの身を持て余していたので、久々に東京ウォーカーでもするか…って気持ちになり、愛用しすぎてボロボロになった東京23区の地図を片手に、ウォーキングには欠かせないMBTをはいて、春一番の東京に繰り出した。

今日の東京は、春みたい…の最上級、ホルビタイになっており、ちなみにホルビタイとは、中学時代に自己流行した田中邦衛のストーブのCMで、田中邦衛が「春みたい」と言うんだけど、あの独特のしゃべり方なもんだから、どう聞いても「ホルビタイ」にしか聞こえなかった…という、どうでもいい経緯があり。
それで、温かいを通り越して、若干暑い、とっても良いお天気の中、はるか静岡に想いを馳せて、ポルノの曲を聴きながらとにかく歩いた。

ま、東京と言っても、電車に乗るのが嫌いなので、家から歩ける範囲になるわけで、街中とか行く気にならないから、なるべく公園とか川沿いとか住宅街とか、のんびり歩けるところを目指す。
前にダイエット目的でよくウォーキングしてた時、お昼に家を出て、日が沈んだら帰るというスケジュールで動いていた。その間、途中でトイレ休憩とか、給水休憩とか入れつつ、ほぼ歩きっぱなし。暑い季節だったので、汗もダクダクで、かなりハードなんだけど、MBTだとどんだけ歩いても足は疲れないから、ついこんなに遠くに来ちゃった…と呆然となる事しばしばだった。もちろん帰りも電車に乗るなんてしなく、ルートを変えてまた歩くから、夜にはグッスリな健康的な生活を送っていた。

その時に、家から行ける範囲は、北も南も西も東の海に舟を浮かべてもほぼ制覇してしまったので、今日はどこいこう…と悩んだ挙句、鴨が浮かぶ川沿いをのんびり行こうと決める。
その川まで家から結構距離があるんだけど、前とは違うルートで…と、住宅街を練り歩いていたら、行き止まり!行き止まり!行き止まり祭りでございますが、何か問題でも?といった住宅街の罠にハマり、結局大通りに戻ったりして、やっと川に行き着く。その川は、おっきな川に合流するまで結構長く、一部、寂れた温泉街みたいな雰囲気のところがあって、そう思うのは私だけかもしれないんだけど、ちょっとだけ旅行に来た気持ちになったりする。どの駅からも遠いので、人通りも少なく、静かで、ホントのんびりできる。
それから、近くに大きな公園があるので、その中をお散歩してたら、やけに人が多い。週末のぽかぽか陽気だから、家族連れが目だって多いのは当たり前なんだけど、それにしても多い。それで、その理由が徐々にわかる。梅だ。梅が見事に咲いている!そうか、梅の季節か…と、ラッキーな気持ちで梅を見上げつつ、梅がこんなに咲いてるなら、逆方向にある梅林が有名が公園に行けばよかった…と思ったとか思わなかったとか。

で、しばらく梅を見て、気持ちいい日光をいっぱい浴びて、正直紫外線が気になって日傘持って来ればよかった…と後悔しつつ、できる限り日陰を選んで歩く辺り、もう、老人か!って思うんだけど、それからまた住宅街の小道を選んでのんびり長い事週末ウォーカーを楽しんで、心地好い疲れに、体を動かすとスッキリするなぁ♪と実感する。
そんな感じで、週末ウォーキング、やっぱり中々楽しかったので、いつか!と夢見ている、どうでしょうの東京ウォーカーと同じルートのウォーキングをする為、徐々に鍛えるのだった。

|

« 赤い悪魔 | トップページ | 堂本兄弟の感想 »

その他」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 赤い悪魔 | トップページ | 堂本兄弟の感想 »