« タマランチとドーナツとパスタ | トップページ | やっぱり五人であります »

コートの中の秘密

この時期はコートとか上着を着るものだけど、コートっていうものは何かと便利だ。
そんなコートの威力を感じたのは、大阪城ホールでのポルノライブに行った時。プレライブで超可愛い緑のポルノTをゲットし、初めてのポルノTだったもんだから、次のライブで絶対着よう!と気合いを入れていた。だから大阪城ホールから始まる、「ロイヤル ストレート フラッシュ」初日は、午前中普通に働いていたんだけど、そのバッグの中にポルノTを忍ばせて出勤し、私のバッグの中には楽しい夢がいっぱい詰まっているなどと誰も知らないだろう…と、心の中でほくそ笑みつつ、何食わぬ顔で仕事をしていた。

それで、飛行機乗って、ホテルに直行し、荷物を置くと共に着換え始める。夢がいっぱい詰まっているバッグの中からヒトキワ輝くポルノTを取り出し、降ろしたてのそのブツを身に付け、よし!と気合いを一発入れる。Tシャツ一枚じゃサスガに寒かったので、その上に洋服を着たんだけど、緑の部分は見えていて、普通に考えると変なファッションセンスって感じになったけど、そんなことはどうでもいいんだよ!と、スキップしながら大阪城ホールへ行ったのだ。それもこれも、コートを上に着れば、中に何を着ていてもわからないからだ。何食わぬ顔して大阪の街を歩く女はマサカ下に「ポルノ」とかデカデカと書いているTシャツを着ているとは誰も思わないだろう…と、その日二回目、心の中でほくそ笑む。
会場の中に入ったら、「あついな~」と、NACSファンならピンと来るであろうセリフを呟きつつ、ポルノT一枚になり、タオルも肩から下げる。軽く準備運動と、心の準備運動をしつつ、その近年稀に見る楽しみに備えた…って書いてたら、あの時の興奮が蘇ってきて、ああ!もう早く次のに行きたい!と仕方なくなってきたので、意味無くポルノTを着てみる自分がいる。

そんなわけで、コートの便利さを感じるのは、ポルノTを下に着ていてもバレないという理由があるんだけど、ポルノTを下に着てなくても、その威力を発揮する時はたくさんある。
例えば、どこにも行かない休日。ちょっとコンビニとかちょっとタバコ買いにとか行きたい時、部屋着の上にグワっとコートを着れば外出も可能となる。例え下に、どうでしょうTを着ていたとしてもだ!そんな時は、コートの下も酷いが、わざわざ化粧をするのがめんどくさいから、スッピン・オブ・ザ・イヤーを受賞しちゃうぐらいなスッピンぶりで、絶対に知り合いには会いたくない状態なんだけど、学生時代、バイト先の先輩にコンビニでばったり会っちゃった時は軽くトラウマになった(笑)
そういえば、これも学生時代、クリスマスに友達みんなで騒ごう!と、私の家に集まった時、みんなジャージになってくつろいでいた。それで、遅れて到着した友達を迎えに行こうと、みんなでグワ!っとコート羽織ってクリスマスの東京の街に繰り出したんだけど、下はもろにジャージが見えていて、ジャージな女が大勢華やかな街を練り歩いているその光景は異様だった…と、今では微笑ましくなる事を思い出した。

…っとまあ、コートの下には色んな秘密が隠されているわけだが、上着を着れない季節になったら、ポルノT着る時、色々面倒だな!と思うので、やっぱりコートって便利♪と思うのだった。

|

« タマランチとドーナツとパスタ | トップページ | やっぱり五人であります »

その他」カテゴリの記事

ポルノ雑記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« タマランチとドーナツとパスタ | トップページ | やっぱり五人であります »