« 99プラス二回目 | トップページ | 音のない森的日曜日 »

寒い夜には ポルノDVD編2

「ホルビタイ」とか調子乗って田中邦衛のマネして言ってたアレは何だったの?と、茫然となるぐらい寒い今夜。昼には雪が降っていて、あ、雪だ~♪とあったかい社内から見ていたアノ呑気さは何だったの?と、ツンドラ並みに寒い部屋で、やっぱり茫然となる。
いくらエアコンつけても、電気毛布つけてもたまんない寒さの今夜はもうアレをやるしかない…と、ポルノライブDVDを握り締め、気合いを入れて望む布団の中のぬくもりニストであるワタクシが提案する、寒い夜を乗り切る方法!前はわりとメジャーなトコを突いたポルノDVD編だが、今回は微妙にマニアックなトコを突いてみようと思っているポルノDVD編その2!

とにかくBITTER SWEET MUSIC BIZをDVDプレイヤーに入れて欲しい。しょっぱなの「敵はどこだ?」のオープニング、ライブが始まるぞ…というワクワク感が観客の声と共に押し寄せつつ、昭仁と共にステップを踏む。「左胸か~」が始まったら巻戻し、昭仁と共にステップを踏む。「左胸か~若しくは眉間を~」が始まったら巻戻し、昭仁と共にステップを踏む。「左胸か~もしくは眉間を~確実に狙って引き金を引きなさい」が始まったら巻戻し、とにかく昭仁と共にステップを踏む。これを「敵はどこだ?」で全部やる。くそ!やっぱりこの曲好きだぜ!と悶えながらもマジでやる。立て続けに大好きな「空想科学少年」がはじまるが、ここはグッと押さえ、「n.t.」前の逮捕しちゃうぞ♪に度肝を抜かれつつ、大好きな「n.t.」もグッと押さえ、「ラスト オブ ヒーロー」までひとっ飛び!もちろんここでは衝撃のクネクネ踊りにナントも言えなくなりながら、あまりあったかくなりそうにないな…と思いながらも、昭仁と共に踊ってみる!ナニゲに太極拳っぽいから、健康にも良さそうだ!

そして74ersをDVDに入れよう。むしろ寒くなるんじゃ…と思われるかもしれないが、「音のない森」まで飛ぶ。ここでのポイントは、晴一のステップ。そう!サビに入る前の、エフェクター踏むステップだ!「苦し~くて」までいっちゃうと良い曲すぎてブルっちまうので、やっぱり巻戻して、満足いくまで晴一と共にエフェクターを踏もうじゃないか。エフェクターなんてあるわけないからエアーエフェクター踏みでも構わない、大切なのはそのハートだ!超好きな「渦」をグッとこらえ、「ラック」へ。身も心も何もかもがホットになるこの「ラック」では、あえてのTamaの叫びをループしてみよう。夜も遅いので、ご近所迷惑にならない程度に叫ぶ!Tamaの叫びがお気に入りなのならば、「マシンガントーク」でも叫ぶ!ついでにモンキーダンスも出来るのでナイス!それにしても74ersの「マシンガントーク」ってぱ超楽しそうで、晴一の笑顔もいいし、Tamaの笑顔もいいし、昭仁の蹴りもいい♪とってもいい♪…が、ここでうっかり見とれていては寒い夜に打ち勝てないとハッしてグーなので、取り合えず「Hard Days, Holy Night」の「特別な日なのに~」でひとしきり楽しむことを忘れずに、「クリスチーナ」の「車を買って」と「俺の助手席に」でもひとしきり楽しんで心がホットになった所で次のステージへ!

素直にPURPLE'Sを入れよう。順番通りでとっても良いが、ひとつ、素直じゃないとしたら、それは副音声にするからだ。一気にラストへ!最高に楽しい「ジレンマ」を飛ばすジレンマを感じつつ、「飛行ポイントが高い」的な自画自賛コメントを楽しもう!更に、自画自賛コメントで終わる副音声に「おい!」と突っ込もう!PURPLE'Sは以上!

もちろんSWITCHを入れよう。SWITCHオープニングの、メンバー一人一人画面に出るやつ、アレの昭仁が好きすぎてタマランチ安田だから、ここは逃せないとして、「稲妻サンダー99」のスイッチ!オン!が超お気に入りだ。ポルノが出る間にこんなに楽しめるのはSWITCHだけ♪と思いつつ、スイッチ!オン!をループ!forの条件間違えちゃって、慌ててCtrl+Cを押すようなスイッチ!オン!無限ループに陥るのもこれ一興だ!そしてポルノが出る前にSWITCHを終える!シズラーに行ってメイン料理頼んだのに、サラダバーが楽しすぎてメイン料理来る前にお腹いっぱいになるが如くだ!

更に、熱い夏を満喫できる横浜ロマンスポルノ'06を!を…と思っていたら、もう中々のホット具合になってきたので、「敵はどこだ?」のステップから始まった今夜のホット作戦の着地点は、何故かシズラーに落ち着いたポルノミステリーを感じつつ、今日のところはこれで許してやるか…と思う相変わらずのポルノバカなのだった♪

|

« 99プラス二回目 | トップページ | 音のない森的日曜日 »

ポルノライブ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 99プラス二回目 | トップページ | 音のない森的日曜日 »