« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »

2008年12月

2008年のベスト3!

今日は大晦日!大晦日と言えば、大掃除!そば!紅白!紅白にはポルノ出演!その後にはCDTVにもポルノ出演!とか色々あるけど、NACSとポルノ的な一年を振り返る。

まずは、今年のジャンボリー!二階席の真ん中にいたら、目の前でナックスハリケーンだし、あれはもう忘れられない。今年は北海道に一度しか行かなかったけど、洞爺湖とか室蘭とか苫小牧とか色々まわって、夏の北海道をたっぷり満喫した。その分、札幌がジャンボリーだけになった感じだけど、私の計算では12月にファンミでもう一回札幌行くはずだったから、その時に楽しもうと思ってたら…。来年はジャンボリーないから、夏の北海道行く予定は今のところないけど、来年こそファンミ行きたいし、一度はやっぱり北海道行きたいと思っている。
NACS関連では、その他はN43があって、もちろんスゴク楽しかったけど、東京のに行ったからついでに旅行とかじゃなくて、その分密度というか、気合いというかが足りない、足りな~い、ケン・タウロス状態になっている。

そして、忘れちゃいけない、革命的な今年のゴールデン・ウィーク!やたら暇だったという理由でポルノの曲を聴きまくり、すっかりハマった今年のGW。もし今年のGW、暇じゃなかったらポルノにハマらなかった…とは思わないけど、ハマるのがもっと遅くなってたと思う。
それから、ロマンスポルノ'08で、ポルノ単独ライブ初体験!横浜はもちろん、淡路にも遠征に行って、すごく楽しくて止められない!と確信した。そうなったら誰にも止められないぜ!という暴走列車になり、FCUW3へと続く。
ちなみに、横浜ロマンスポルノ'08で大興奮して、その勢いでこのブログを作っちゃったという経緯もあり。

ってなわけで、今年のベスト3を発表すると、ジャンボリー!ポルノにハマった!ブログはじめた!という感じで、はてさて来年はどうなることやら?と、今年を締めくくるのだった。

| | コメント (0)

カラオケと手帳

前にポルノオンリーカラオケをしてからまだ二週間ちょいしか経ってないけど、年忘れカラオケ大会を開催した。NACSファンであり、長時間カラオケも快く付き合ってくれる友達といつものコースで…と思ってたら、今日は平日なので空いていて、いつもは時間制限されるうたスキがあるカラオケ屋さんが何時まででも良いと言われたので、今回はうたスキし放題♪平日の昼間って安くてスゴクイイ!

で、ポルノオンリーカラオケでポルノ歌い尽くしたので、CharaとかcoccoとかBONNIE PINKとかTommy heavenly6とかの、大好きな女性アーティスト中心作戦で望んだんだけど、途中で飽きてきてやっぱりポルノに舞い戻る。ポルノの歌って、どうしてこうも飽きなくて、カラオケで歌っても最高に楽しいのでしょう♪
カラオケ屋さんって、廊下とかで何かしらの曲がかかっているものなんだけど、大体は最新曲とか流れてる。そしたら今日はナント!部屋から出たらいきなり「ジレンマ」が流れてて、嬉しくて思わず「ジレンマ」歌っちゃった。何で「ジレンマ」?と思ってたら、次に「サボテン」が聞こえてきた。これは…店員にポルノファンがいるに違いない!と思いつつ、他に聞こえてきた限りでも、ネオメロとかハネウマとかミュージック・アワーとかWinding Roadとか、かなり長い時間ポルノ尽くしで、ナイスセンス!と店員さんに親指を天高く突き上げたくなる衝動を押さえるのに必死だった。ま、新旧のベストを流してた感じはするけど。

ところで、リモコンでポルノを選ぶと、ポルノのTOP20っていうのがあって、多分歌われている数のランキングだと思うんだけど、上位はやっぱり「アゲハ蝶」とか「サウダージ」とか「メリッサ」とかの有名曲になるのは当然。その後もシングル曲がズラーと並んでて、何となく眺めていたら、18位に「いつか会えたら」、20位に「ウェンディの薄い文字」が!何で?!と驚きつつ、ポルノファンのチョイスセンスに感嘆の声をあげる。
そんな感じでいつものようにカラオケをお腹いっぱい楽しんだ最後は、なぜかケンタカユッキー☆フライド事件の「おやG」を選択。「チンチロリ~ン♪」とか歌って、切ないおやじの歌詞に涙した。

その後は、ずっと欲しかった手帳を見に行く。もう今年が終わるじゃないか!と、焦りながら今日絶対買わなきゃならない感じになってて、手帳は前から色々見てたんだけど気に入るのが無かった。今年愛用している手帳は、どうてちょうで、中身だけを買って、文庫用の透明なカバーをし、その間に大好きなアンリ・ルソーの絵を入れてた。その絵は、私の部屋にもポスターを貼っているんだけど、月が出てる砂漠の夜、女の人が眠ってて、その横にライオンが!という、すごく静かでちょっと怖い感じのものだ。大好きな絵なんだけど、暗くてダークな…って同じ事を言っちゃったけど、だから、次の手帳は可愛いくてキュートな…ってまた同じ事を言っちゃったけど、そんなのがいいなと思ってた。
そしたら、デザインもサイズも中身も価格も希望バッチリな手帳があって、即決。最後の一つだったので危なかった~とホッとしながら、粘って気に入るものを探したかいがあった。早速、どうてちょうの空きページに来年のカレンダーを手書きし、予定を書いてたへなちょこ部分を書き写して満足♪新しい、すごくお気に入りの手帳って、見てるだけで嬉しくなる。

ってなわけで、年忘れカラオケを満喫し、超お気に入りの手帳もゲット出来たので、いつでも来い!来年!って気持ちになったのだった♪

| | コメント (2)

寒い夜には ポルノDVD編

ぬくもり界の革命児・布団の中のぬくもりニストであるワタクシが登場せざる終えないぐらい、寒くなってきた常日頃。今日も寒い夜をホットに過ごす方法を提案しよう!寒い夜をホットに過ごす方法その二!ポルノDVD編!

見てるだけでホットになるポルノライブDVDだが、あえての方法を。
まずはBITTER SWEET MUSIC BIZをDVDレコーダーに入れよう。「Century Lovers」までスキップし、一通りフーフー言う。続いてPURPLE'Sの「Century Lovers」でフーフー言う。横浜ロマンスポルノ'06の「Century Lovers」でフーフー言う。やっぱりOPEN MUSIC CABINETの「Century Lovers」でフーフー言う。ちなみに、OPEN MUSIC CABINETのセンラバでは、昭仁の社会の窓が開いていた事件で笑おう!社会の窓事件が大好きならば、いっこ前の「DON'T CALL ME CRAZY」に戻り、開いてるのにかっこよく歌う昭仁も楽しもう!

忙しいが、PURPLE'Sに戻り、真ん中の星から出てきたポルノに驚きつつ、「ミュージック・アワー」で変な踊りを全力でする。横浜ロマンスポルノ'06の「ミュージック・アワー」で変な踊りを全力でする。横浜ロマンスポルノ'06の「ミュージック・アワー」は会場の楽しさが伝わってきて、見てるだけで涙とか出てくるぐらい楽しくなるんだけど、次の「ハネウマライダー」もそう。だから、横浜ロマンスポルノ'06をそのままに「ハネウマライダー」に流れ込む!ポルノグッズのタオルがあればそれを押入れの中から取り出して、無かったらお手元のタオルを精一杯回そうじゃないか!何なら、飛び跳ねながら回そうじゃないか!もちろん、OPEN MUSIC CABINETを入れなおし、ここの「ハネウマライダー」でも回そうじゃないか!ポルノグラフィティがやってきたのハネウマライダー」でも回そうじゃないか!

この時点でかなりホットになるはずだが、カンジンのものが残っている。「ジレンマ」だ!「ジレンマ」は多いぞ!やっと出てきた74ersの「ジレンマ」と言えば、歌詞間違えて「ホンマにすいません!」が思い出されるので、それを眺めて微笑みつつ飛びまくる。PURPLE'Sの「ジレンマ」は、あらゆるDVDの「ジレンマ」の中で一番好きで、超楽しそうなので、超飛びまくる。SWITCH「ジレンマ」は途中からなので肩透かしくらいながらも飛びまくる。横浜ロマンスポルノ'06の「ジレンマ」でも飛びまくる。横浜ロマンスポルノ'06はながーい距離を走り回っているので、一緒に走り回れば更にグット。最後に、OPEN MUSIC CABINETの「ジレンマ」でも飛びまくる。

…ここまでくれば、いい加減ホットを通り越してゼーゼー言ってると思われるが、ここまでやっても頑なにホットになれない超コールドな人は、ロマンスポルノ'06を見ながら全部歌う。グラヴィティがロマンスギターだろうが歌う。わしら流の第九を熱唱する。その後は、それぞれお気に入りのDVDを見ながらご自由に♪

ってな感じで、心も体もホットになるポルノDVD編。布団の中のぬくもりニストであるワタクシでも、さすがに布団の中から飛び出しちゃったぐらいホットになったので、また耐えられないぐらい寒くなったら、ホットになる方法を新たに画策しようじゃないか!と、またもや罪の無いどうでもいい事を考えているのだった。

| | コメント (0)

寒い夜には NACSお芝居編

最近めっきり寒くなってきて、気が付いたらもう今年が終わりそうで、そりゃー寒くなるわ…とカレンダーを見ながら呟いてみる。
私の家の暖房機器はエアコンと電気毛布だけで、エアコンは電気代が気になるのでこりゃーダメだ!って時しか使わない。だから、家にいる時はだいたい電気毛布の温もりにしがみついていて、必然的に布団の中ばっかりになる。そんな冬の夜、布団の中のぬくもりニストとの異名を持つワタクシが提案する、寒い夜をホットに過ごす方法その一!NACSお芝居編!

まずは、HONORをDVDプレイヤーに入れよう。そして、素直にお芝居を見る。何度も何度も見てるからこその技なんだけど、覚えている限りのセリフを全部一緒に言う。言えなかったらくやしがる。特定の誰かのファンならば、その人のセリフだけでもいいが、太鼓はエアーで構わないので一緒に叩くと更にホットになる。個人的に大好きなシーンである、五作イリュージョンのオーロラ出るシーンは、グッときて泣きそうになりながら、顕ちゃんと洋ちゃんのセリフを全部、間も合わせて完璧に言えればグット。その後は、副音声に切り替えて、覚えている限りの副音声を全部言う。シゲの四角い頭に爆笑する事も忘れずに!メイキングを入れなおしたならば、安田原人になり、シゲと一緒に腹筋をするとエクササイズも出来て一石二鳥♪

それでもまだホットにならない人は、COMPOSERをDVDプレイヤーに入れよう。そして、デカイ芝居の顕ちゃんとシゲに出来る限り突っ込みを入れる。突っ込みは、おっきい!とかデカイ!とか切れてまーす!をオススメする。特典映像のグルメバトルを見ながら、各地の美味しいものを各自用意し、一緒に食べて食べて食べ尽くすと、胃袋からホットになれる。忘れちゃいけないのが、メイキングの安田虫だ。二人以上必要になるけど、一人であれば、安田虫になりつつ、捕獲班にもなれば超ホット間違いなし!

そこまでやってもまだホットになれない人は、いい加減夜も明けそうだが、LOOSERをDVDプレイヤーに入れよう。そしてセリフを全部言えればベストだが、特にめちゃめちゃ多いシゲのセリフは難関なので、動きだけでも一緒に。武士になりきり、切ったり切られたりしよう。バックに各駅停車が流れてきちゃったならば、赤フン一丁になり登場してみよう。

NACS本公演DVD三つ全部見終えてもホットになれない超コールドで、N43で発売したFEVERの台本が手元にある人ならば、FEVERしちゃおうぜ!無かったら、シアテレで放送したWARとかLOVERあたりを見て、WARであればひたすら叫び、LOVERであれば愛してるー!とか叫んじゃおうぜ!ミハルは…ホットな要素が思いつかないので、キノコ山本のヨガポーズをして精神統一しちゃおうぜ!

ここまでやればかなりホットになれたと思う。本当は、ロックメンのアルプスとか、GHOOOOOST!!とか、客演のお芝居とかも入れようと思ったんだけど、私がNACS本公演だけで充分ホットになれたのでこの辺で…と言いつつ、今日も寒い夜と戦うのだった。

| | コメント (2)

ヨッシャー!

よ、よ、よ、よ、ヨッシャー!と、Mr.ジェロニモのごとく叫びたくなるのは、今日で仕事終わりだったから。本当は29日も会社はあるんだけど、行ってられるか!って感じで、お休みもらった。こういう時、実家が遠いと、帰郷するんだなと思われてお休みもらいやすいから便利だ。ま、今年は帰らないんだけど(笑)
そんなわけで、今週はずっとソワソワしてた。イブからの三日間が目まいがするほど長く感じて、あと三日…あと二日…あと一日…と毎日カウントダウンしながら、これが終わったらきゅうれんきゅう…と呪文のように何度唱えたことか。だから、今日、チャイムが鳴った時に、拳を天高く突き上げて「ヨッシャー!」と叫びたいぐらいの解放感が押し寄せた。

で、そんなヨッシャー!状態でまっすぐ家に帰ったのは、Mステスペシャルにポルノが出るからで、最近ポルノのテレビ出演を見逃しているから今日は見逃せません。と、急いで帰る。やったら長いMステスペシャルだけど、愛用のえっちでーでーレコーダーがどうがんばっても2時間ぐらいしか空きが作れなく、容量の半分占めてる朝ドラ「瞳」をなんとか焼かねばと思いつつそのままだ。だから、ポルノだけを狙い撃ちをしなければならず、テレビの前で、グラサンかけて、狙った獲物は逃さない…とか、後ろに立つな…とか呟きながらスタンバイしてた。

で、カンジンのポルノは、何か白い服装で、FANTANか!と突っ込みながら見てたら、「今宵、月が見えずとも」で、そうだよなと思いながら嬉しかった♪歌詞を間違えたのはご愛嬌で、あ、歌詞を間違えたって顔をするのが結構好きだ。最後に「歌詞を間違えましたー!」ってやったら正々堂々と言ってたのも、結構好きだ。ちなみに、ポルノはかなり好きだ(笑)

そんな感じで、ポルノのテレビ出演で幕を開けた長期連休。社会人になると、9連休なんてめったに取れなくて、海外に行くぞ!と気合いを入れてる時ぐらいしかないし、ここ数年はNACSとポルノで遠征が多いので、細かく休みを取ることが多いから、もう年末年始ぐらいしかそんな長い休みが無い。長い休みなのに旅行に行かないのもめったに無いから、ホントにゆっくり出来るこれからは、来年から始まるNACS本公演とポルノツアー、時々仕事に向けて英気を養いつつ、年末年始を楽しもうと思うのだった。

| | コメント (0)

DVD三昧

友達や家族から、嬉しいメールなど貰いつつ始まった今日は、暇さにかまけて、DVD三昧♪

何を見よう?と思って、私のDVDコレクション(ほとんどNACSかポルノ)を見る。水曜どうでしょうにしようかと思ったが、どうもピンとこない。それで、ずっと見ていないものにしようと、最近生でお芝居見たわけだし、イナダ組の「カメヤ演芸場物語」にする。そう言えば、劇団フェスの時に、カメヤのパンフレットが売ってたみたいだけど、行列にめんどくさくなって確認しなかった。だから、カメヤって何度かやってるから、どのカメヤのパンフレットなのかわらなかったんだけど、このカメヤかな?
で、久々に見たら最後ジワっとするし、ついこの前見たやつと比べても、やっぱり面白い。モリ、洋ちゃん、琢ちゃんの三人が出てる事を差し引いても、面白い。

で、それが見終わって、次は…と思う間もなく、カメヤ見ている最中にNACSの芝居が見たくなり、LOOSER、COMPOSER、HONOR…と考えたら、最近COMPOSERを見ていないな~と思ったので、COMPOSERを選ぶ。そしたら、思いのほかシゲと顕ちゃんのデカイ芝居に面白くなり、思いのほかクルクルで大きな頭の洋ちゃんに面白くなり、思いのほか食い込んでいる琢ちゃんに面白くなり、思ったとおりの叫びを上げるモリに面白くなりつつ楽しんだ。

それでもまだまだ今日は終わらず、次は味を変えてポルノでしょ♪と、「74ers」を。好きな曲ばっかりな「74ers」は、ポルノのDVDの中でも一番多く見てるんじゃないだろうか?と思われる。それでも全く飽きる気がしないのはポルノクオリティ♪
「74ers」の次は「SWITCH」になだれ込む。ポルノのDVDの中でも、メイキングが入っててちょっと違う感じのするこれは、メイキング部分をスキップして見る事が多いんだけど、今日は時間があるので、メイキングまでじっくり。やっぱりこのDVDの「We Love Us」は絶品で、ツアーに参加してないけど、ツアーに参加したみたいな気持ちになってグッとくる。

そんな感じで過ごしていたら、お届けモノが。「CUE DREAM JAM-BOREE 2008」だ!発売は明日だと思うんだけど、アマゾンで注文したら今日届いた。本編とか副音声とか気になるけど、取りあえず…って感じで、特典ディクスから見出す。メイキングとか入ってて、何となく見てたら、8/10昼公演のCUE1グランプリが!これ、めちゃめちゃ嬉しい。この時のヌルヌルプロレスがすごく面白くて、何でかと言うと、顕ちゃんVS洋ちゃんがある。更に、シゲVS琢ちゃんもあるのだ♪
NACSの中でも、顕ちゃんと洋ちゃんのからみが好きで、ゴルゴなど、昔はよく二人で仕事してたもんだけど、最近ではこの二人だけっていうの、全然見なくなったので、ヌルヌルプロレスでこの二人が出てきたとき、おお!となった。そしたらもちろんすごく面白くて、これだ、これを待ってた!という興奮状態になる。だから、特典映像で見れると思ってなかったし、すごく嬉しい!
で、シゲVS琢ちゃんの戦いも爆笑もので…というか、シゲのシゲによるシゲの為のヌルヌルプロレスって感じの、なんともシゲらしいシゲに目頭が熱くなる。
ジャンボリーのDVDは、もったいないから今日は特典映像だけにしておいて、本編と副音声は後でじっくり楽しもうじゃないか。

と、まあ、趣味全開の楽しい時間を、美味しい飲み物(酒)と共に過ごすと、明日からまた働く力がマンマンになる!…気がしているのだった♪

| | コメント (0)

ポルノパワー

明日が祝日な月曜日は、空白の一日って感じがマンマンになる。会社でも休んでいる人が多く、周りに人が少ない。そんな昼下がりはうっかり白昼夢コースになりそうな上、頭の中にポルノの「休日」が流れてきちゃった日には、「君は~うたた~ね♪」状態で、必死で「休日」を頭から払う事に終始した月曜日。あと五時間…あと三時間…あと一時間…とウズウズしながらカウントダウンをし、一応仕事をしつつやっぱりウズウズ。チャイムが鳴って、先輩とちょこっと雑談してたら、周りに誰もいなくなってた!みんな今日はやっぱり早く帰りたいみたいだ。
今日の朝は、南の島か?!と思うぐらいあったかくて、でも帰りの時間になったら雨が降り、風が強く、寒くなってた。愛用の「SWITCH」カラーの華奢な傘が風に負けて逆になるぐらいの強風で、昼下がりの「休日」気分はどっかへ飛ぶ。

用事があって、会社帰りにミナちゃんと会う約束をしていたのが、ウズウズの原因だったんだけど、何か楽しみにしている事があると、それを考えているうちにどんどん発展し、妄想と言っていいぐらいの時限に達した時、ニヤニヤとなる。会社でニヤニヤしてると気持ち悪いと言われるから我慢するけど、気づいたらまたニヤニヤしてて、だから今日の私も、さぞかし気持ち悪かっただろうと思われる!
会社帰りにNACS関連のお芝居やイベントに行くとか、ポルノのライブに行くとか、楽しみにしている飲み会があるとかがあると、100%ニヤニヤしてるので、今日は何かあるな?と、とても分りやすいだろうから、それはそれで良いと思います♪

それで、ポルノの話とか、ポルノの話とか、ポルノの話とか、時々ジョージの話とかしつつ、お腹いっぱいに楽しい話をして、NACSもそうだけど、ポルノの話が思う存分出来るって、ホント、楽しい。一人、暇だからと言う理由でポルノの曲を聴き続けた今年のGWからは考えもしない、ポルノの話ばっか出来る現状に、「ジューンブライダー」のごとく、「かんしゃ!」って思う。
私の趣味、ダントツトップツーのNACSとポルノは、お芝居とかライブとかでももちろん最高に楽しいんだけど、同じ趣味の人と話している時も同じぐらい楽しいから、いい趣味持ったもんだ~。

愛用のMP3プレイヤーは現在、全曲シャッフル状態になっていて、帰りの酔っ払いだらけの電車に乗って何気なしに聞いていたら、「空想科学少年」がかかって、ナイス選曲!と思っていたら、次に「夕陽と星空と僕」がかかって、やるじゃん!と思っていたら、次に「パレット」がかかって、おお!と思っていたら、次に「Twilight,トワイライト」がかかった。ポルノ以外にも沢山曲を入れているMP3プレイヤーの全曲シャッフルで、4曲続けてポルノって初めてで、それも大好きな曲ばっかだったので、ポルノの話をいっぱいしていた効果か、これぞポルノパワー!と、思わずにはいられない、空白の月曜日なのだった。

| | コメント (0)

紅白でギフト!

ふと、紅白歌合戦の公式HP見たら、曲目が!ポルノは「ギフト」だ。NHKっぽいというか、紅白っぽいというか、優等生っぽいというかって感じで、「ギフト」だろうと予想していたんだけど、やっぱりそうだったか。
最近ことごとくポルノ出演の音楽番組を見逃している私は、「今宵、月が見えずとも」を歌うポルノをテレビで見てないから、ナニゲに「今宵、月が見えずとも」を期待していたが、ま、「ギフト」も好きなのでいっか!
「ギフト」を聞くと、今年のロマンスポルノを思い出す。元気になるような、励まされるような曲で、私にとっては、初めてリリースしてすぐに買ったポルノのCDでもあるから、何か思い出深い。

それで、ポルノは「ギフト」か~と思ってHP見てたら、ミスチルも「GIFT」で、かぶってんじゃん!と思う間もなく、布施明の欄に釘付けになる私。名曲!「君は薔薇より美しい」じゃないか!「君は薔薇より美しい」を何故知っているのかと言われれば、NACSからの影響だと答えようじゃないか。同年代でもちょっと上の人でもあまり知っている人がいなく、カラオケで気持ちよく歌うとポカーンとされる(笑)最近では、お茶かナンカのCMでこの曲がかかってるから、さり気なく知っている人は増えているかも。
布施明と言えば、琢ちゃんが出た舞台「しあわせのつぼ」で初めて生歌声を聞いて、NACSが良く言っているように、伸びる素晴らしい歌声にうっとりした思い出がある。「しあわせのつぼ」は、私はすごく好きな舞台で、つい最近「LOVE LETTERS」でも行ったル テアトル銀座でやってたんだけど、グッときて泣けたなぁ~。お芝居を見終わった後、思わずパンフレットを買っちゃったぐらい良かった。

で、そんな事を思っていたら、布施明の上に平井賢の欄があって、「いつか離れる日が来ても」という曲名が目に入る。布施明から「しあわせのつぼ」を連想し、「しあわせのつぼ」から琢ちゃんを連想していたもんだから、「いつか離れる目が来ても」に見えて度肝を抜かれた(笑)

などと、色々と思った今年の紅白。紅白って、めったに見ないんだけど、ポルノファンになった今は見なきゃ今年が終わらないでしょ♪と思い始めている。ま、ポルノ出なかったら見ないんだけど…。ってな感じで、「ギフト」はもちろんの事、「君は薔薇より美しい」も楽しみにして、大晦日を待つのだった。

| | コメント (2)

下荒井の音楽

NACS新作本公演、「下荒井兄弟のスプリング、ハズ、カム。」の音楽は、COMPOSER、HONORに続き、NAOTOさんかと思っていたら、R先輩から、チラシに本間さんの名前があったとの指摘。N43でもらった、下荒井兄弟のチラシを見ると、確かに音楽:本間昭光と!

NACS舞台の音楽がオリジナルになったのは、FOURで洋ちゃんのナックス・ハリケーンを別にすると、LOOSERからで、天才ターナーカーの音楽は、今でもNACS公演の舞台音楽で一番のお気に入りだ。次のCOMPOSERとHONORはNAOTOさんとなり、この時、NAOTOさんの存在を知る。COMPOSERはクラシックだったけど、HONORはオリジナルで、「Tree Of Honor」とかホント最高なのだ~。
ってな感じなので、NACSの舞台音楽はどれもすごく良くて、次回公演も期待する所で、ここにきて本間さん!

N43でも、歓喜の歌でも、水曜どうでしょうの音楽でも、最近NACS関連の音楽は本間さんづくし。去年の私なら、本間さんって誰?とか、あまり気にしていなかっただろうけど、今は違う。それはもちろん、ポルノファンになったからだ♪

ポルノのプロデューサーである本間さんは、ポルノの名曲の数々を手がけたりもしている。
去年のAAAでポルノにハマる切っ掛けになった曲、「ハネウマライダー」や、「ミュージック・アワー」もそうだし、昨日も書いたけど、FCUW3で大興奮した「Century Lovers」や「Hard Days, Holy Night」も、全部作曲してる。
「アポロ」「アゲハ蝶」「サウダージ」「愛が呼ぶほうへ」「メリッサ」といった、ポルノファンになる前の私でも知ってた曲も全部そう。
更に、大好きな「マシンガントーク」「PRISON MANSION」「タネウマライダー」「うたかた」あたりも、ぜーんぶ本間さんだ!

そんなわけなので、否が応でも期待マンマンになる、下荒井の音楽。下荒井のチラシでシゲがギター持ってるし、もし歌う場面なんかあって、本間さん作曲だとしたら、これはもう、お芝居中冷静でいるのが精一杯!って感じになること間違いなしだ。
音楽でもワクワクできるNACS本公演ってサイコー♪と思いつつ、本間さんにも期待!なのだった。

| | コメント (2)

FCUW3の感想

ちょっと遅くなっちゃったけど、FCUW3の全公演が終わったので、やっとこさネタバレ感想を!

私は、横浜と東京に行ったので、最初の方と最後の方を見た感じになった。
横浜は、一番後ろあたりだったのでよく見えなかったんだけど、ポルノのファンクラブイベントとか、ライブハウスでライブとか初体験だったので、落ち着いて見れてよかったと思う。
東京は、結構前で見れて、でもそれほど押せ押せ!って感じじゃなくて、結構見やすかったのでポルノを目に焼き付けた♪

ポルノが出てきて、いきなり「Are you ready?」と聞かれたもんだから、「イエー!」と叫んだ。「学園天国」だ!後は、ツッパリハイスクールロッケンロール♪ってやつを晴一が歌い出し、「卒業写真」に。学校系の懐メロか?
そんな感じではじまったFCUW3。ラバップ学園って設定で、ポルノの二人が学ランだし、その学園に入学したお客さんたち。その後に、どっちが賢いかを決めるクイズがはじまるんだけど、東京で、昭仁が登場した時、スニーカーブルースを踊って歌いながら登場したもんだから、どうしようもない爆笑の渦。公式に出てたけど、このFCUW3ツアーでクイズをし続けた最終結果は、昭仁の勝ちだったみたいで、私の見た二回とも昭仁が勝ってた。だから、恥ずかしい写真は晴一のが手元にある感じだ(笑)
このクイズでは始終昭仁がノリノリで、テンション高くてめちゃめちゃ面白かった。勝ったってのもあるんだろうから、昭仁が負けた回のも見たかったな~とは思う。真ん中から昭仁と晴一チームにわけられて、そのチームの人を応援するってシステム。私はどっちも昭仁の方にいたので、勝者チームになりっぱなしだった。

そして待ちに待ったライブ!学園祭って設定だ。記憶と、色んな所を探した結果たどり着いたセットリストを元に感想を!

横浜は「ギフト」からはじまり、「ジョバイロ」「A New Day」「約束の朝」。そして超盛り上がる「ネオメロドラマティック」に続いて、念願の「Century Lovers」だ!やっとフーフー言えた喜びと楽しさとでいっぱいになる。昭仁が「これ、やりたかったんじゃろ?」って言ってたんだけど、やりたかったよ!と言いたい。ひゃっかい言いたい。そして、「Love,too Death,too」。ライブが短い上に、ファンクラブイベントなのに、マニアックな曲が無く、ベストの曲ばっかじゃん!って感じでちょっとガッカリだったんだけど、アンコールの後、「今宵、月が見えずとも」を披露。横浜に行った時は、まだラジオでも発表されてなかったので、ここで初めて聞いた。それで、初めて聞くのがライブだし、すごくかっこいい曲だしってわけで大好きになったのだ。最後はやっぱり「Please say yes, yes, yes」。これもいいんだけど、やっぱり「ジレンマ」がなぁ~。「ジレンマ」だったら最高だったのに。今年のロマンスポルノからライブ参戦しているので、何度もライブDVDで見てるけど、生ジレンマは未体験。いつかやりたい!

そして東京。同じセットリストかな?と思っていたら、突然はじまったのが「ビタースイート」!こ~れ~は~嬉しかった!これだよ、これを待ってた!って感じの興奮状態になる。「ギフト」「A New Day」「約束の朝」「Love,too Death,too」と続き、あれ?「ジョバイロ」無かった?って思ったのは、しばらく後だ。そして、ここでもやってくれた「Century Lovers」。楽しくてお腹いっぱいになりつつ、やっぱり超盛り上がる「ネオメロドラマティック」。「ネオメロドラマティック」はCDで聞いていた時はそんなに好きじゃなかったんだけど、ライブだと最高♪大好きな曲になる。アンコールの後、「今宵、月が見えずとも」。その後は「Please say yes, yes, yes」だとわかっていたんだけど、手拍子とか歌ってもらうトコがあるとか、AAAの時と同じ事言って、AAAでは「アゲハ蝶」だったので、もしや?と思ったらやっぱり「Please say yes, yes, yes」だった(笑)
東京はクリスマスが近い12月だったので、事前に「Hard Days,Holy Night」やるかもね?と話していたんだけど、そうだったら最高に嬉しいな♪と思っていたら、「Please say yes, yes, yes」が終わっても終わらない感じになり、もしや?と思ってワクワクしてたら「Hard Days,Holy Night」がはじまった!ポルノライブDVDマニアな私は、その流れが「SWITCH」を彷彿とさせ、涙とか出てくる。だから、「特別な日なのに」とか「すぐに帰ってきて」とか、昭仁との掛け合いが出来て、DVD見ていいな~と思っていたけど、まさかこれが出来るとは思ってなかったから、やってくれたか!と思って、憎いね~!と思って、たまらん!と思って、やめられない!と思った東京の12月。ホント、FCUW3行ってよかった。

欲を言えば、もっとライブを長く楽しみたかったとか、もっとマニアックな曲をやって欲しかったとかあるけど、クイズがあるのはこのイベントならではって感じかと思うので、ま、いっか!ライブは来年のツアーでたっぷり楽しむ事にしようじゃないか♪

ってな感じで、最高に楽しんだFCUW3。二回行ったけど、セットリストとか横浜と東京とでは変わっていたので、東京は「ビタースイート」とか「Hard Days,Holy Night」とかやってくれたし、横浜もラジオでも公開してない時期に「今宵、月が見えずとも」を聞けたし、クイズするポルノも見れたし、最高に楽しくて満足満足なファンクラブイベントなのだった♪

| | コメント (2)

どうも…な、東京劇団フェス

今日で、東京劇団フェスが終了した。千秋楽は、東京の劇団「InnocentSphere」の公演だった。それを見てきたんだけど、何故かと言われれば、アフタートークに顕ちゃんが出るからだ!と、正直に語ろうではないか。

「InnocentSphere」について全然調べて行かなかったので、どんなことやる劇団なのか、今日やる演目はどんなのか知らない、まっさらな状態で観劇。そしたら、音楽がハデに鳴ったり、かっこいい映像が出たり、役者さんがいっぱい出てきて殺陣したりして驚く。場面転換が多く、衣装も凝っていて、小道具大道具も沢山。時代物らしく、極度の時代音痴な私には何の事やら?で、ストーリーを把握するまでに時間がかかった。
これはもう、好みの違いとしか言いようがないけど、私はどうも苦手で、映像とかで説明されると、役者と映像とどっち見ていいかわからなくなる。鳥肌が立つくらいクサイセリフのオンパレードで、泣けもせず笑えもせず…。よく通る声の役者さんとかもいたけど、概ねセリフが聞き取りづらく、ザ・お芝居!って感じで、後半はまだ良かったけど、すごく時間が長く感じた。
ただ、動きはすごくて、飛び跳ねたり走り回ったり、疾走感があって、派手な音楽とか映像とか、イマドキって感じがした。

今日は最終日なので、最後に優勝劇団の発表がある関係で、アンケートの回収を急かされる。私の席の前が関係者席だったらしく、劇団フェスに参加していた劇団の人がいると思ったのは、昨日見たイナダ組の役者さんたちがいたからだ。感想も書けずに、評価のみをいれ、いよいよアフタートークに!

顕ちゃんはなんとなく出てきて、なんとなく話し出す。「InnocentSphere」の人と、もういっこの劇団の人と三人で話すんだけど、時間を持て余す人を存分に観賞したって感じになった。
どうした!って言いたくなるぐらい、司会進行がおぼつかない顕ちゃんは、何か質問を!と客席にふったり、同じ質問を二回したり、ぎこちなかった。早く終わらせたい気マンマンで、最後にアプルをナントカって面白い事言ってたんだけど、忘れちゃった。劇団の人が誠実に質問に答えてて、それに助けられた感じ。あまりのぎこちなさに笑っちゃったけど、アフタートーク、すごくイマイチだったのが残念。

その後に、優勝劇団の発表になり、参加劇団が舞台に上がる。優勝はイナダ組だった。客のアンケートだけじゃなく、審査員の評価も入って優勝が決まるらしい。私は二つしか見てないけど、今日見たのとイナダ組を比べると、イナダ組の方が私は面白かった。ただ、今までに見たイナダ組のお芝居と、昨日見たお芝居を比べると、イナダ組、もっと面白いものあるのに…優勝かよ!と不思議な気持ちになる。

ま、そんな感じで、色々とイマイチ感が漂った東京劇団フェス。その後に、欲しかった手袋買えたとか、カレーとパフェが美味しかったとか、ユカちゃんとの話が面白かったとか、劇団フェスとは関係なく楽しんだ一日ではあったけど、来年の2月からはじまる、NACS公演を見て、やっぱりお芝居は面白い!と改めて思わせてくれ!って切実に思った一日なのだった。

| | コメント (0)

ポルノカラオケに消える、コバルトにいさん

今日は、東京劇団フェスに参加の、イナダ組「コバルトにいさん」を観劇。
R先輩とパスタいっぱい食べて、胃袋満タン!の状態で、初生イナダ組に望んだら、思いのほか良い席で、すごく見やすいし、ストレスフリーで観劇できた。
会場に入ったら、もう役者さんが舞台にいて、お芝居が始まってる感じに驚く。イナダ組って、NACSが出てる、一部のものしか見たことないけど、しっかりお芝居をする劇団って印象だったので、すごく楽しみにしていた。

そしたら笑いが少なく、重いストーリーで、時代を切ってる感じ。主役のコバルト、知らない役者さんだったけど、役にぴったりで、その他の役者さんも安定していたので、気が反れる事も無く、すごく集中して見れた。ただ、淡々とお芝居が進み、もっと最後のグワーという感じと言うか、意外性というか、ビックリさせられるとかは無くて、良くわからない部分もあったので、期待していた分、ちょっと残念。ま、またイナダ組見たいので、ちょうど北海道に行ってるか、東京でやってくれたら絶対行く!

その後に、R先輩と、ミナ姉さんと合流し、夢にまで見たポルノカラオケ7時間。
誰が何を歌ってもポルノ!誰が何を歌っても知ってる!誰が何を歌ってもぺヤングかスニーカーかホンマ!歌った履歴見ると、ポルノ!ポルノ!ポルノ!怖いわぁ(笑)
長時間カラオケは大好物なので、良く行っていて、もちろんポルノばっか歌うんだけど、3人でオールポルノだと、マジで網羅というか、さすがの私でも歌うものが無くなるというか、自分が歌ってなくても歌った気になるというか、自分が歌ってなくても歌ってるというかって感じで、しばらくこの日の事を思い出してニヤニヤできるぐらい楽しかった♪

カラオケでの印象があまりにも強烈だった為、その前に見たお芝居の事をすっかり忘れている今、イナダ組には申し訳ないけど、ポルノカラオケには勝てないよね!
一人GWツアーをしていた5月から考えると、ポルノ友達とポルノカラオケ出来るなんて…。GWから考えると、ロマンスポルノとか、FCUW3とか、ライブDVDマジで毎日見てるとか、CDマジで毎日聞いてるとか、オールポルノカラオケとか考えもしなかったあの頃。今年はホントにポルノが満載!ちょっと早いけど、そんな今年のトップ3を考えると、ダントツトップはポルノって最高にイイよね~♪となるのだ!

って感じで、昨日から引き続き、ポルノで最高に楽しんだ今日。ホントにポルノファンになって良かったなぁ~としみじみ思うのだった♪

| | コメント (2)

最高の名を欲しいままに…

今日は、FCUW3東京に行ってきた。詳しいネタバレする感想は全部終わってから書く事にして…それにしても、最高だったと、うっとりしきりだ。

レイコ先輩(以下、R先輩)が上京してきたので、早く会いたかったんだけど、昨日バカみたいに赤ワイン飲みまくっちゃったもんだから、二日酔いが酷くて、中々動け出せず…。それでも徐々に覚醒して、準備万端!やる気マンマン!状態になったので、R先輩の待つお店へ。その途中で、品の良い老夫婦に道を聞かれ、すごく良く知っている所だったので完璧なナビをし、自己満足しつつ、R先輩に会ったら相変わらず輝いていらっしゃいました♪
美味しいソフトクリームと、お店の人に貴重な面白い話を聞かせてもらって、楽しい会話も進むんだけど、心臓のドキドキが止まらない。もうこの胸の高鳴りは誰にも止められないぜ!ってな感じになって、FCUW3の会場に向かう。

今回は、一次当選だったので、二番目ブロックの前方中央付近で見れて、ああ…近い…と、何度やられちゃったことか。もう!ポルノ最高!って、今までに何度も思ってきた事を、改めて思った、月の綺麗な夜。ホント、ポルノのライブって、最高の名を欲しいままにするものだ!

終わってから、超混雑の中、グッズに並ぶ。横浜であっさり売り切れたポロシャツが全然あるって感じで、前にMサイズ買っちゃって思いのほかデカくて後悔したので、Sサイズをゲット!嬉しい♪次のツアーでは着まくるぞ!でも、Mサイズが可哀相な感じで余っちゃったから、部屋着にするか…。どうでしょう祭りで買った、長袖のTシャツが部屋着の定番になっているので、その上に重ね着して、どうでしょうとポルノの奇跡のコラボを、家で楽しむのも、これまた一興である。

私のFCUW3が終わっちゃったから、次はツアーだ!と早速意気込んでいるんだけど、その前に、念願のポルノカラオケ大会が開催されるので、それもめちゃめちゃ楽しみだ!ライブでもカラオケでも家でDVDとかでも最高に楽しめるポルノって…やっぱり最高♪と、もう止まらないのだった。

| | コメント (0)

丸の内ガールズトーク

今日は、いつもお昼を共にしている、仲の良い同期と、女だらけのドキッ!忘年会をした。

赤ワイン中毒の私は、第一希望をイタリアンにして、それも、お気に入りの会社近くの、ワインもカルボナーラも最高なお店にしたんだけど、12月は色んな会社の飲み会があるらしく、予約でいっぱいとか言われて、泣く泣く違うお店に。前にこのお店に会社帰りブラリと行ったら、すんなり入れたんだけど、12月の東京を甘く見ていた…。

それで、とりあえず、OAZOのお店に入ったんだけど、入れなかったお店に未練があり、二次会にする?という素敵提案があって、予約を取る。だからOAZOのお店は一次会って感じになって、イタリアンではカルボナーラをがっつり食べたかったので、お酒も食事も控えめにした。

二次会のイタリアンは、カルボナーラがマジで最高で、お昼に行くとめちゃめちゃ混んでいるから、ゆっくりすることが出来ない。だから、いつか夜にゆっくり行きたいね♪と話していた。最初に行った時は、どっかの会社の忘年会で貸切状態だったので、その忘年会が終わった二次会の時間になると人がほとんどいなく、店長自らワインを注いでくれたりして、それが終わると、値段は一緒で、ランクが上のワインをサービスしてくれたりして、すごくラッキーな気持ちになり、ワインも進む進む!
美味しい赤ワインを飲むと、あーマジで幸せ♪って気持ちになる、ドランカーな私は、サービスしてくれたワインを残す事なんか出来なくて、味わいつつ飲んで飲んで飲みまくる!
…結果、泥酔になるんだけど、会社近くなので、いつも利用している駅から帰れるから、そこは本能で帰れるもんだ~。

女だらけだから、そこはもう、ガールズトーク満載で、ガールっていう年齢じゃないだろ!っていう突っ込みは考えない事にして、いつも会っている人たちなんだけど、お酒が入らないと話せないものもあったりして、すごく楽しかった♪

私は、ホントに心を開けるまで時間がかかるタイプで、だから、やっと心を開けて大好きになった人は貴重なのだ。女だからこそ、色んな事情でいつまでもずっと一緒にいられると限らないから、すごくこの時間が貴重だと思う。ま、美味しい赤ワインを飲んでいる間は、そんなメンドクサイ事考えずにひたすら飲んでるんだど(笑)

ってなわけで、12月のイルミネーションが眩しいオフィス街、丸の内で、ガールズトークを炸裂しつつ、泥酔した今日は、会社での難しい事をスッパリ忘れて、最高に楽しんだのだった♪

| | コメント (0)

月が見えない夜には

ポルノの新曲「今宵、月が見えずとも」がリリース!待ちに待った!

いつもなら、発売日の前日に買うんだけど、昨日はCD屋に行けなかったので、発売日の今日にゲット。CD屋には初回特典付きと、通常版があって、そこで迷う。値段は200円ぐらいしか違わないし、初回特典付きを買おうかな~と思ってたんだけど、CDの裏面見たら、主題歌になってるアニメの絵があって、ちょっと慄く私。ポルノグッズの、ピックが入ってるって知ってるんだけど、何故か通常版を手にしていた。もし、特典がピックだけだか、まわりにあのアニメ好きがいたら、プレゼント出来るので初回特典付きを買ってたなぁ~。

そんな今日は、帰って早速「今宵、月が見えずとも」を聞いて楽しんでいるわけだけど、月が見えなかったら気分も盛り上がるところだ…が、月が見えたかどうかなんて知らない!という、情緒が無い感じだ。
ま、情緒が無くたって、「今宵、月が見えずとも」はいい曲で、やっぱりすごくかっこよくて好きだ。

ところで、「今宵、月が見えずとも」のPV見たら、ピックがいっぱい出てくるんだけど、初回特典のピックと同じなのかな?と思ったり。曲と同様、PVもかっこいい。このPVの特に晴一、めちゃめちゃかっこいいなぁ。

これからしばらくは「今宵、月が見えずとも」が当然ハードプレイになるわけで、う~ん早くカラオケで歌いたい♪と、やっぱりソコなのだった(笑)

| | コメント (0)

「LOVE LETTERS」の感想

琢ちゃん出演の「LOVE LETTERS」を見てきたので、感想を。琢ちゃんの出演する回は終わったけど、「LOVE LETTERS」自体はまだ続くので、ネタバレ注意です!

「LOVE LETTERS」は朗読劇で、前の「LOVE LETTERS」で顕ちゃんが出たのを見たのが、朗読劇を見た最初だった。だから慣れなくて、中々物語りに入れなかったんだけど、徐々にのめり込んで来て、最後は面白いじゃないか…と、茫然と思ったのを覚えている。
だから、一回経験してるし、顕ちゃんに続いて、声の良い琢ちゃんだし、ってわけで、楽しみにしていた今日。…ものすごく良かった。

何も調べて行かなかったら知らなかったけど、「LOVE LETTERS」って、同じ台本なんだね?はじまってすぐに、あれ?顕ちゃんの時と同じじゃん!と思った。でも、一回見てるからすんなりストーリーに入れて、最初の戸惑いは無かった。
お相手のりょうの美しさにうっとりしつつ、やっぱり琢ちゃんに見入る私。か、かわいい…。役者が最初に舞台に入って来て、椅子に座るときに、どうぞ、いやいやどうぞって可愛らしいやりとりでほんわかした始まり。前回の顕ちゃんの時は、結構大きい、ル テアトル銀座の後ろの方だったので、役者の表情があまり見えなかったんだけど、今回は前の方の真ん中付近だったので、役者の表情がすごく良く見えて、琢ちゃんが表情豊かに演じていたので、朗読劇というか、普通のお芝居を見ている感じになった。
一回見てるから、ラストとかもわかってるんだけど、それでも引き込まれて、物語の世界にどっぷりになる。琢ちゃんとりょうだって事を忘れて、手紙を交わす男女二人にしか見えなかった。そして、同じストーリーなのに、演者によって全然違って、特に顕ちゃんと琢ちゃんの演じ方の違いもハッキリしていたので、すごく楽しめた。

幼なじみの二人が、長いこと手紙を交わしていて、その手紙をひたすら読んでいくんだけど、すれ違いとか、ケンカとか、やっぱり愛しているとか色々あって、まじめな性格の男性は政治家になって偉くなり、破天荒な性格の女性は寂しく一人ぼっちになる。それぞれ別の人と結婚するんだけど、長い年月の末、やっと心を交わす。だけど、政治家の地位を捨てられない男性は、女性に答えることが出来ない。最後は、女性が死んじゃって、女性の母親に送った長い手紙を読む男性。段々照明が暗くなっていく中、女性はやっと男性の方を見て、静かに答える。ここ、めちゃめちゃ泣けた…。

このお芝居は一回中休憩が入るんだけど、その時も、最後の時も、役者ふたりが袖に行く時、手を取り合って、その手を天高く突き上げて、大またにオイッチニーみたいな感じで歩いて行くのがこれまた可愛らしくて、すごくほんわかした。
お芝居自体も、ただ手紙を読むだけのお芝居なのに、役者のオリジナルっぽいものが所々にあって、それもまた楽しめた。

ところで、この女性の名前、「メリッサ」って言うんだけど、「メリッサ」って名前が出るたびに、「きっみのてっで~♪」と流れてきて困った(笑)終わった後に、友達にその事言ったら、「え…?」と言われてしまったんだけど、ま、ポルノファンだから仕方ないっか!

そんな感じで、やっぱりお芝居って面白いな~と思った今日。舞台の琢ちゃんが一番だな!と改めて思って、ますます好きになったのだった♪

| | コメント (0)

レイトン教授クリア!

まずは、忘れるわけにはいかない、今日は12/8!顕ちゃん、お誕生日おめでとうございます♪ってなわけで、やっぱり顕ちゃんとは関係ない日記を…。

地道にやっていた「レイトン教授と最後の時間旅行」をクリアした!
洋ちゃんが声やってるって理由で、全シリーズやっているんだけど、会社でもみんなコレが好きで、今日はどこまで行った?とか、話に花が咲く今日この頃。だけど、あっという間にクリアした人がいて、先越された感じがしてちょっと悔しかった。それで、その人が最後泣いたよ…と言ってたもんだから、早くエンディング見たくて、でも謎も逃したくなくて、熱心にプレイしていたわけだ。

ってなわけで、挑戦状まではやってないけど、ひとまずエンディングまで見たので、感想を。ネタバレするので、まだクリアしてない人は気をつけて下さいね♪

レントン教授シリーズは、これで三つ目なんだけど、DSソフトとしては最後らしい。一つ目も二つ目もそれなりに面白かったけど、私はこの、三つ目のが一番面白かった。どのぐらい面白かったかと言うと、取り残した謎が一個も無く、コインも、アイコンがルークが王冠かぶったやつになったぐらい、熱心にやった感じだ。だから、取り残した謎が行く部屋に、謎が出る事はなく、どんな感じで謎が出てるのかちょっと見たかった気がするので、超難しい所に謎が隠されててもよかったかなーと思う。コインのアイコンも、今まではレイトンの王冠しか見たこと無かったんだけど、今作で初めてルークの王冠を見た!画面を叩きまくったかいがあった。

CMを見てたときから、ルークとお別れとか、レイトンの恋の話とかありそうで、今までにない、最後って感じがしてワクワクしていたストーリーも、一作目とかは途中で予想ついちゃったけど、今回は全然わからなくて、最後まで驚いた。一番の泣き所だろうと思っていた、最後のルークと別れるところは、意外とあっさりしててちょっと物足りなかったけど、レイトンが昔の恋人、クレアとお別れするところは…泣けた…。あまり感情を荒げない、いつも冷静なレイトン教授が、声を荒げる所なんか…。ま、声が良いってのもあるんだけどね(笑)レイトン教授の点のような目が、悲しい感情を表していて、すごく新鮮。…ゲームで泣かされるとは!

で、今回は10年後に行くという設定で、最後にはその10年後の謎も解かれるんだけど、10年後の青年ルークが出てくる。青年ルークは世の中を斜めに見たような感じで、その豹変ぶりに驚いた。それ以上に驚いたのが、10年後だから、23歳みたいなセリフがあって、ということは…ルークって13歳かよ?!というものだ。年齢がわかる前に、レイトンをやっている人と、ルークって何歳だろうね?と話していたんだけど、絶対中学生じゃない、小学5年生ぐらいで、青年ルークは20歳ぐらいじゃない?という結論に達していたから、マサカ!という感じだった。

ゲームの最後に、なにやら続く感じのストーリー展開になってきて、ゲームはこれで最後だから、映画に続くのかな?と思ったり。映画って、見るつもりは無かったんだけど、この「レイトン教授と最後の時間旅行」をやって、すごく面白かったから、映画も気になってきた。声で主演の洋ちゃんが舞台挨拶やる気もするし、舞台挨拶制覇している身としては行かないわけにはいかない!

ってな感じで、満足できる面白さだった、最後のレイトン教授。まだ、超難関の挑戦状とかが残っているので、じっくりと謎を解いていこうと思うのだった。

| | コメント (0)

どうでしょうのススメ

前の日記で、久々にあった旧友が「水曜どうでしょう」にハマっていたと書いた。もう、どうでしょうを渡したことも忘れていたぐらいすごく昔に渡したので、今更そんな話が出るとは思わなかったから、ビックリした。
今までに何人かにどうでしょうを貸していて、面白いという人がもちろん多かったんだけど、イマイチ…という人もいたりして、好みはそれぞれだもんなーと思いつつ、やっぱり面白いと言われれば嬉しい♪

その旧友には「アメリカ横断」を渡していた。当時、私が一番好きだった企画がアメリカで、海外企画の中でも、過酷さがあまりなく、見ていて楽しそうだし、ミスターのインキーとか、洋ちゃんリバースとか、衣装が派手になっていくとか、色々見所満載で、どの回にも見所があるってのが理由だ。これ見ると、同じルートでアメリカに行きたくなってくる。

で、そんな大好きなアメリカだけど、あまりにも見すぎててさすがに飽きてきた。だから今は「対決列島」とか「ユーコン」とかが好きだったりする。対決列島~ユーコンって続くから、この時の楽しさったらない。海外とか大型企画を別にすると、「試験に出るシリーズ」や、名物の「四国八十八箇所シリーズ」も大好きだ。もちろん、大人気の「夏野菜」「カブ東日本」辺りも好きだ。こう書いていくと、やっぱり中期~後期は、ハズレなし!って感じがする。

それで、他のも見たい!って言われたから、次は何を貸そう?と思っていて、「対決列島」、「ユーコン」にしようと思っているんだけど、他のも捨て難いし、面白い企画がいっぱいあるから悩む。
私が貸したアメリカは顕ちゃん出ないけど、リターンズだから、DNAである顕ちゃんが最初に出てくる。で、あの人って朝ドラに出てた人だよね?と言われた。最近感じていたんだけど、顕ちゃん知ってる人が結構多い。特に朝ドラについてはよく言われる。朝ドラの効果ってやっぱすごいんだな~と思わされつつ、もちろん嬉しくて、だから次は顕ちゃんが出てるどうでしょうの企画にしようかと思うと、「対決列島」か「夏野菜」かな?

その旧友とは、学生時代、暇さにかまけて、スリーディズと銘打つ3日間私の家に止まって、ひたすら遊びまくるという事を何度かやっていた。久々にそんな事やりたいね~と話していて、みんな働いている今では中々難しいんだけど、もし開催出来たら、次はどうでしょうをひたすら見まくる祭りになりそうだ♪そうなると、私の解説が煩いだろうな(笑)
そんな感じで、どう考えても面白い「水曜どうでしょう」。見る機会があったら、どうぞご覧下さい♪とオススメするのだった。

| | コメント (0)

旧友と赤ワインとちょこっとポルノ

相変わらず飲み会が続いたせいで、寝不足と二日酔いが続いて、本気で仕事が辛かった。一日中頭に靄がかかったみたいで、おっきな仕事の事前調整が怒涛のように続いて、一日中会議だったんだけど、頭が働かないから、もう先輩にお任せします…みたいな状態になった今日は、軽く自己嫌悪になったりならなかったり。

そんな今日もチャイムが鳴れば、続きは来週♪と、嬉々として会社を飛び出し、バイクを盗み、夜の帳のなかへ飛び出し、自由になれた気がした15の夜って感じで12月のイルミネーションが眩しい、東京の夜の街に飛び出した。

今日は、大学時代の旧友と久々に会う約束の日で、中にはもう4年ぐらい会ってない人もいたので、会うまですごくドキドキだったんだ。それでも相変わらず、大学時代から変わらない旧友と会わなかった年数を埋めるようにマシンガントークを繰り広げ、やっぱり大好きな赤ワインを存分に楽しみ、ほろ酔いで楽しい時間を過ごした。

この時期の金曜日はどこもいっぱいになるので、二時間制になっちゃってて、話したりないし、終電まで時間があったから、どこか行こうという話になって、酔うと…というか、いつもだけど、とにかく歌いたくなったので、私の熱い希望があり、二次会はカラオケへ。

それで、相変わらず大泉洋好きなの?と言われ、そうだよ!と熱心に語ったたら、その友達は何年か海外に語学留学してたので、日本恋しさに私が昔に渡した、水曜どうでしょうのアメリカ横断を見ていたらしく、アレ、めちゃめちゃ面白いね!と言われ、嬉しくてカラオケでは1/6を歌った!
NACSの他に、ポルノにもハマったと話したら、旧友の中に、私がポルノにハマった同じ時期に某男性アイドルグループにハマった人がいたから比較されて、なんか普通だね…と言われてしもた(笑)
でももう宣言したから、ポルノをカラオケで歌えて、時間は短かったんだけど、「アポロ」を広島弁バージョンで歌ったらめちゃめちゃうけた。他にも歌いたいポルノの曲はあったけど、時間の都合でそうもいかなかったから、ここはメドレーだ!と、ポルノメドレーを歌ったら、最初が「ミュージック・アワー」だったから、変な踊りをレクチャーして、みんなで踊ったりした♪
メドレーを歌うと、「愛が呼ぶほうへ」が意外に人気だって事に気づき、あのドラマを見ていた人にはすごく好評だった。誰も知らなかった「幸せについて本気出して考えてみた」のコブシを突き上げる、ライブのノリもレクチャーしつつ、それはそれは楽しく過ごした♪やっぱポルノ最高!

そんな感じで、いつものように終電コースになった今日は、明日から待ちに待ったお休みだ!と、来週からまた始まる、怒涛の遊びと飲み会に備え、たっぷりと休養しようと思っているのだった。

| | コメント (0)

Daydreamerになる12月

ここの所、忘年会とか遊びとか仕事とかがハードで、寝不足が続いている。
遊びと仕事はいいとして、忘年会って…どうしてこうも続くものなのか。新年会の比じゃない。忘年会しよう♪と仲の良い人と話して、12月の何週目だと何日が大丈夫だよと言い合って、でもこの日は忘年会が…となって、結局、一週間で唯一空いている日とかになって、一週間が遊びと忘年会で埋まる日々だ…。ま、それはそれで楽しんだけど、翌日の朝とかホントに辛い。
そうなると、会社に行くとやることいっぱいあるのに、昼下がりなど、うとうとしてくる。私の眠気防止策で一番効果のあるものが、氷を食べる!というもので、給湯器コーナーにある製氷機からひたすら氷ばかりを出して、ボリボリ食べている、傍目に見るとちょっと怖い感じになるだけど、最近はそれすら効果がなくなるぐらい、強烈な眠気に支配される。でも眠るわけにはいかないし、必死で眠気と戦う日々だ。

そんな感じで、眠気と戦っていると、目は開けているのに、頭は夢を見ている状態になる。多分、傍目に見れば、普通に仕事をしている感じなんだと思うんだけど、頭はあさっての方向に行っているのだ。

この前、いつものように白昼夢を見ていて、トトロ出展であるまっくろくろすけを見つけるところだった。まっくろくろすけの中にモリがいて、モリがいるなら顕ちゃんもいるだろうと何故か思ったら、顕ちゃんが出てきて、もちろん顕ちゃんもまっくろくろすけだったんだけど、それが、轟一郎だった(笑)
まっくろくろすけな轟一郎が「やっちゃうよ」とか言うもんだから、まわりのまっくろくろすけは「キャー!」とやられちゃって、私も「キャー!」となった昼下がりには、私、なにやってるんだろう…と思ったり思わなかったり。

それから、突然人が訪れて、仕事の質問とかされちゃって、頭が切り替わらないもんだから、「スイマセン、今、まっくろくろすけの夢を見ていました」と正直に言ったら爆笑された…。ま、まっくろくろすけなモリとか轟一郎とか出てきたまでは言ってないので、理性は辛うじて残っていたと言っていいだろう。

そうなるともちろん、伝説のアイドル、TEAM☆NACSの「Daydreamer」が頭に流れてくるのは止められない。シゲ作詞作曲の「Daydreamer」は、シゲの世界が存分に出ている作品で、さすがに潜ったまま出てこなかったり、カラスが全面勝利したり、シコふんだり塩撒いたり、ここは通さなかったり、これで最後だったりはしないんだけど、顕ちゃんが良い声でソロで歌う所が好きだったりはする。

そんな感じで、酷い寝不足が続いている日々。忘年会だってサクっと切り上げてさっさと帰ればいいんだろうけど、気乗りしない忘年会だって、大好きな赤ワインなんか出されるとテンションあがって、飲みまくって、ほろ酔いで、楽しくなってしまうので、結局終電コース。終電が遅くまである最寄駅に住んでると、こういう時に便利だな♪と思うのは…逆効果だ!
しょうがないので、もうこれは欲望おもむくママに飲んだりして、翌日の会社では使い物にならない感じの「Daydreamer」になる12月は…仕方ないじゃないか!と思うのだった!

| | コメント (0)

それで、本当の切っ掛けを

昨日の日記で、ポルノにハマッた切っ掛けが、去年のAAAだって書いたんだけど、厳密に言うと違う。でもその本格的にハマッた理由が非常に地味で、分りにくいものなので、切っ掛けはAAAだって事にしている。
AAAで初めて生ポルノを体験して、あー楽しいなー単独ライブいつか行きたいなーとは思ったんだけど、それからしばらくはポルノの事を忘れていた。

で、本格的にハマったのは、すごく下らないことなんだけど、今年のGW、とにかく暇だった。ひたすら暇だった。とりあえずレンタル屋に行って、映画でも借りようと思ったら、ふと、ポルノの曲を聴こうと思っていた事を思い出した。
何を借りたらいいか分からなかったけど、ベストがあったからそれを借りようと思ったら、AAAで大好きになったハネウマが入ってなかった。だから、面倒だったし、どうせいつかそうするつもりだったろうし、アルバム全部を借りた。で、あまりにも暇だった…って、暇暇しつこいけど、本当に暇だったからこれ以外に何も言えないんだけど、アルバムを聞き続けた。全部聞いた。全部聞いて、おいおいと思った。ポルノのファンにならなければならないと思ったのだ。本格的にハマる予感がしたというよりも、ハマらなければいけないと思った。これ、自分でもすごく不思議な感覚なんだけど、例えばNACSの場合は、水曜どうでしょうを見て、面白いなーと思って、じわじわハマった感じだった。最初にどうでしょうを見てから、ファンクラブに入るまで2年ぐらいかかったぐらいだ。何でもそうなんだけど、スロースターターな性分で、ファンクラブにまで入る程ハマったのはNACSだけだったから、すごく不思議だった。多分、自分の好みに、ポルノの曲はピタっときたのだ。もちろん、大好きで全部曲を聴いているアーティストは他にもいるけれど、ポルノはどこか違っていて、本当にそう思ったから自分でもこうしか書けないけど、ハマらなければいけない、後悔するって思った。

だから、スロースターターな私には異例の速さで、ファンクラブに入った。曲をただ聴いていたいだけだったら、ファンクラブに入る必要はないんだけど、最初の切っ掛けがライブで、とにかくライブに行きたいと思っていたし、ポルノのライブはチケット取るのがすごく大変だって風の噂で聞いていたから、ライブチケット目的でファンクラブに入った。

GW以降のポルノの聞きぶりったら異常なもので、最初はAAAで大好きになったハネウマを何度も何度も聞いていて、特に憂うつな朝とか、出勤ラッシュの時とか、ハネウマ聞いてテンション上げていたら、朝からすごく楽しい気分になって、今日も一日のび~のびとって感じになった。家に帰ってもポルノの音楽ばっか聞いてて、その情熱がどこにやったらいいかわからなくて、とりあえず回りの人に「ポルノにハマッた!」と豪語してたら、NACSNACSばっか言ってたので、すごく驚かれた(笑)

それから、ライブDVDを買ったりして、「横浜ロマンスポルノ'06」DVDを何度も見ながら、ああ何て楽しそうなライブなんだ!どうして自分はここにいないんだ!と自問自答きっとそこには答えがないことを~♪しつつ、早くライブやらないかなぁ~と思っていた。
そしたら!そのすぐ後だったと思うんだけど!ナント!今年、ロマンスポルノ開催の情報が!この時の興奮状態ったらもうすごい興奮状態で、興奮状態が興奮状態すぎてたまらない興奮状態に陥った興奮状態だった(笑)

それで、そのロマンスポルノにものすごい勢いとテンションな昔のNACS舞台的状態で参加し、こ~れ~は~近年希に見る楽しさだ!と感動し、今に至る…。

ってなわけで、一度本格的にハマると、中々抜け出せない性分なので、NACS同様、ポルノもこれからずっとずっと応援し続けるのだ♪とワクワクしているのだった。

| | コメント (0)

AAAでポルノ満喫♪

今日は、12/1の世界エイズデー!と、言えばもちろん、Act Against AIDSだ。今年は、Act Against AIDS 2008「THE VARIETY」ってわけで、ポルノは7回目の参加らしい。そういえば、昭仁が、何回目の参加?と聞かれて、8回目ぐらい?と言っていた。一回多い(笑)
去年のAAAでポルノライブ初体験。NACS目的で行ったAAAで見事ポルノにハマって、すっかり完璧ファンになった今では、12/1は私にとってはポルノ記念日なので、ポルノが出る限り、AAAは毎年参加しそうだ。ポルノも楽しめて、チャリティにも参加出来るAAAはすごくいい。てー事はだ、ポルノファン歴今日で1年!おめでとう私♪

ってなわけで、記憶が消えないうちに、ホットな状態で感想を書こうじゃないか!

ポルノは予想通り最後だった。去年はツアー最中だったので中盤で3曲のみだったんだけど、途中でMCが結構あった気がするのは、洋ちゃんの話をしてくれたからかも?
それで、画面に「porno graffitti」という文字が出て、一気にヒートアップする会場!そして私!最初は「Love,too Death,too」で、はじまる前に何の曲をやるか予想してたんだけど、何となく「今宵、月が見えずとも」と「Love,too Death,too」はやるだろうと思っていて、「Love,too Death,too」は最初な気がしていたので予想的中!次は「今宵、月が見えずとも」だったので、またもや予想的中!あーやっぱり「今宵、月が見えずとも」好きだ。すごく好きだ。

その後に、ちょっとMCがあって、次の曲は手拍子をして下さいと言っていて、「Please say yes, yes, yes」?と思ったんだけど、皆さんに歌ってもらいますと言っていたので「?」だったら、「アゲハ蝶」だった。そうか!と思うと同時に手拍子が始まる。「アゲハ蝶」は手拍子もあるし、「ラララー」と歌うところもあるし、みんな知ってる曲だしってわけで、ナイスチョイスだと思う。やっぱりポルノは、一番盛り上がる。去年はポルノファンになる前の私でもすごく楽しかったので、今年もこのAAAを見て、ポルノが好きになった人がいるんじゃないだろうか?と思うぐらい盛り上がった。

そして、またMCがあって、エイズについて良い事言って、最後の曲になる。「ギフト」だ。ジーンときて、これで最後か…という悲しい気持ちと、ポルノライブの楽しさと、「ギフト」の良さとでいっぱいいっぱいになった。

その後に、メイン司会者の二人が出てきて、ポルノと少し話したんだけど、すごくあっという間だった。そこの会話で、仲良し二人組みとか言われていた(笑)
それからすぐに出演者全員出てきて、最後に大合唱になる。もちろん、昭仁が一人で歌う所があって、やっぱり良い声♪と、うっとりしつつ、それもあっという間で、終わっちゃった…と思うのは、AAAだから仕方ないっか!

AAAは色んな俳優やミュージシャンが出て、当然ポルノファンが多いとしても、ポルノファンじゃない人がいるので、やっぱりシングルばっかなんだなーと思った。去年は「ハネウマライダー」「リンク」「ミュージック・アワー」の、ファンになる前の私でも知ってる曲だったし、それで見事ハマった実績を考えると、ファンになると物足りないが、ファンじゃない人には知ってる曲の方が楽しめるんだな。

そんな感じで、今年もAAAでポルノを満喫した今日、ちょっとだったけどやっぱりポルノ大好きだ!と、改めて思ってポルノ記念日なのだった♪

| | コメント (0)

« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »