« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »

2008年11月

ポルノ病

最近というか、前からだけど、やばい状況に陥っている。見る人に見てもらったら、「あーこれは重病だね」と言われそうだ。その病気の名は、ポルノ病!

「重病ですか…」
「最近多いんだよ、ポルノ病の患者」
「流行ってるんですか」
「中でもキミのは重病だね」
「治らないんですか?」
「ポルノ病は、今の医療技術では治療法がまだ見つかっていない」
「先生!先生!どうかこの子を助けてやってください!」

…最後は母親まで登場してしまったが、そんな会話が成り立ちそうなぐらいだ。
その上、

「現時点で最も有効な治療法は、これを毎日見なさい」
「なんですか?」
「ポルノのライブDVDだ」
「私はすでに毎日それを見ています」
「それを一年間続けなさい」
「一年間…」
「全治には至らないが、症状は大分収まるだろう」
「全治した人はいないんですか?」
「過去のデータを見ると、全治した人は僅か。ただし、全治には10年かかっている」
「全治10年?!」
「ポルノが10年目突入だからね」
「先生!先生!どうかこの子を助けてやってください!」

…最後はまた母親が登場してしまったが、そんな会話が続きそうなぐらいだ。

冗談じゃなく、ここ最近毎日ポルノのライブDVDを見ている。朝起きて、ライブDVDを見て、家に帰ってきて、ライブDVDを見て…。外にいる間は、大体ポルノの音楽を聴いている。ああ、これこそポルノ病!

などと、下らない事を書いてしまったが、先生の言う通り、ポルノ病の治療を続けないといけないので、またライブDVDを見よう!と思っているのだった♪

| | コメント (0)

N43°の感想

TEAM NACSフィルムツアー N43°が今日、全公演を終えた。東京が最後だったので待ちに待ったぜ…。ってなわけで、ネタバレ感想をば!

その前に…公式に出てるけど、N43°が一般劇場公開するらしい。コレ、今日の夜公演のアフタートークで発表してた。モリが、発表があります…と神妙に言い出したもんだから、ドキドキして、子供でも出来たか?!と考えていたら、劇場公開するって話だった。その後にポスターになる画像を見たんだけど、NACSそれぞれ、N43°の一場面の写真が散りばめられたもので、ヤスダッタが一番大きかった(笑)モリ以外は、お客さんと同タイミングでそのポスターを見たらしく、それに非難集中するNACS。
なので、一般公開するわけだし、N43°に行ってなくて、一般公開で見たいという人がいたら、ネタバレ感想書くので気をつけて下さいね♪

イベントって生で見たいので、ひたすら映像を見るフィルムツアーってどうなのよ?とあまり期待しないで行ったら、しょっぱなの洋ちゃん監督「頑張れ!鹿子ブルブルズ!」があまりにも面白かったので、そんな気持ちどっかへ飛んでた。
面白い人が作るものはやっぱり面白いんだ!と思わされた洋ちゃんの作品。唯一NACSが勢ぞろいしているのも最高!裸神様な安田先輩に目頭が熱くなった。洋ちゃんの考える「最高の安田」な安田先輩。ここでも見れた…。シゲが主役で、そのシゲもすごく良かった。「HONOR」の副音声で大人気だったあのヅラで出た時は、やってくれたか!と仰け反ったね!この作品で一番好きで忘れられないのが、モリがどんな病気でも治すという薬草があると言い出した時、でも明日は試合があるんだから…と、シゲが「ありがとう、気持ちだけでも嬉しいよ」的な事を言って、試合して、シゲが昔決めれなかったシュートを決めてめでたし♪みたいなストーリーを予想してたのに、「それどこにあるの?!」と激しく言ったところだ。すごくシゲらしい(笑)
洋ちゃんも、シゲらしいと言っていて、薬草やっと見つけたのに崖から落ちて残念とか、崖から落とされたのに這い上がってきて、「音尾、あぶねーって!」と突っ込むところとか、シゲらしくて好き~って言ってた。
洋ちゃんの作品は、NACSそれぞれの個性というか、特徴がハッキリしていて、それをネタに作ってる感じだ。モリは叫んでるし、顕ちゃんは裸だし、シゲは残念だし、琢ちゃんは離れてるし…全くわかってるもんなー!

次は琢ちゃんの「神居のじいちゃん」。前の「頑張れ!鹿子ブルブルズ!」がNACSばっかだったので、NACSじゃない役者さんばかり出る上に、名のある役者さんが出てる事に驚いた。だからモリが出た時はホッとしたんだけど、これ、本当に琢ちゃん監督なの?ってゆうぐらいキレイで、静かで、ちょっとうるっとする感じの、しっかり出来た作品だった。そんな作品を見て感動している中、近くによくしゃべる人がいて、家で見てるんじゃないんだから…と呆れつつ、何度も集中が途切れたのがすごく残念。普通の映画と違って、NACSのイベントでNACSが作ったものを見るんだから、そこら辺の気持ちわかるんだけど、何も「神居のじいちゃん」で…と。
ま、それはそれで、話を戻すけど、自転車に乗って手をかざすトコ、ホント好きだ。こういう作品だと、もっとしつこく感動を!とか、類似を!とかやりそうだけど、結構あっさりしてて、映画の時間が限られてたってのもありそうだけど、最低限のものしかやってません的なところが心地好かった。

そしてシゲの「部屋クリーン」。ビックリした。全編アニメ?と思った。この絵、CUEのスタッフさんが描いてるんだよね、プロみたいに上手だな~と思ってるところに、可愛い姿したシゲが。そして面白い姿した琢ちゃんも!シゲって、どんなもの作ってもすごくシゲらしい感じが出ると思っているけど、これもそう。最後はビックリしたけど…。でもこれ、じわりと好きになってくる。琢ちゃんの苦悩する所とか、弱ってるシゲが可愛い所とか、クスリと笑えて結構面白い。うん、これ好きだ!
ところで、アニメの所でやってたゲーム、シゲが好きな「北の国から」から来てるらしい。名場面、純がタマコを妊娠させちゃって、タマコの叔父にかぼちゃ持参でお詫びに来た五郎に、タマコの叔父は「誠意って何かね」と言うところがモチーフになっている。それから、五郎は、家を作ろうと地道に作りこんでいた丸太を売り、そのお金を「誠意」にあてようとした。そして、家を作る材料が無くなった所で、五郎は石ならタダで沢山ある事に気づく。五郎は、金が無ければ、知恵とパワーで何とかすればいい。それを、改めて気づかせてくれたのは、純が仕出かした失態からだとなる。結果出来たのが、あの有名な「石の家」だ。富良野に行ったらぜひ♪
…って、話がかなりずれちゃったけど、「北の国から」マニアだから仕方ない!

最後ビックリしたといえば、もちろん次の「ヤスダッタ3D」。最後と言うか、始終ビックリした。ああもう!このわけ分らない中にも、独自の世界がある感じがサスガ平成の怪物!って感じの顕ちゃん監督作品。唯一、自ら監督主役しちゃってる。これは何?ホラー?って思うぐらいヤスダッタが怖かった。そして最後…これはないぜ!と思ったら、どうもバットエンドでもないらしい?最初に「あなたは人ですか、それともヤスダッタですか」的な言葉が出て、「?」だったんだけど、最後まで見て、また「あなたは人ですか、それともヤスダッタですか」と出ると、うーん!と唸る。自分の子供を襲ったら、ヤスダッタ。襲わなかったら、あなたは人ですってゆうことなのかな~と思ったり。ま、始終よくわからない作品なので、深く意味を考えそうになる自分を必死で止めてみる!
「ヤスダッタ3D」は何故か出る役者さんみんな「安田」しばりで、タマランチ安田様が出た時には笑いと涙が止まらなかった。顕ちゃん、よく父親出すもんな~。

最後はモリの「AFTER」。モリの作品ともなると、安心して落ち着いて見られる感じがする。おじいちゃんになったNACSが「FEVER」を再演するってゆうストーリーもすごく好きだ。カリー軒で働く洋ちゃんが出るのも!ああ、カリー軒のハンバーグ食べたい…。
おじいちゃんになったNACSというテーマは、FOURの顕ちゃん作品「素晴らしい日々」っぽいなーと思ってたんだけど、「素晴らしい日々」とは違い、ハッピーエンド。ここでもシゲは残念で、顕ちゃんは普通とは違う人生を送っている(笑)
おじいちゃんになったNACSがお芝居を再開し、それを見に行くファンも同じように年を取っている。モリは、あのお客さんは皆さんなので、健康に気をつけて下さい!的な事を言っていたんだけど、孫でも連れて見にいけたら最高♪おじいちゃんNACSがカリー軒の前で揃っている写真を見ると、じわりと来る。おじいちゃんになっても、気持ち悪いぐらい仲の良いNACSってところがすごく好きだ!欲を言えば、HONORの時みたいに、おじいちゃんの姿したNACS本人が演じて欲しかったなぁ。

アフタートークで、ネタバレになるから中身を隠していた、シゲと顕ちゃんのグッズが出たんだけど、今日で最後だからやたら売り込んでいた(笑)今回はパンフレットと「FEVER」台本のみゲットして、これで「FEVER」ゴッコができるぞ♪と思いつつ、売り込まれてもヤスダッタのは買えなかった…。怖すぎだ。シゲのは可愛くてちょっと欲しくなったけど、クリアファイルはHONORのがあるし、何故かonちゃんのもあるから今回はやめた。洋ちゃんのストラップは売り切れてた。一般公開もあるし、ズッグはそこでも売りそうだけど。
ところで一般公開…。一般後悔にならなければいいんだが…と、サムイ事言いつつ、ちょうど下荒井と同時期に、下荒井と同じ池袋で上映するところが憎い!しかし、ヤスダッタが一般公開されるのか…。NACSはあまり知らなくて、洋ちゃん目的で見に行く人とかいそうだけど、いきなり顕ちゃんの真骨頂見せられたら度肝抜かれること間違いない。

そういえば、音楽のところに本間さんの名前があって、驚いた。ポルノのプロデューサーであり、どうバカが高じてどうでしょうの音楽まで作った本間さん。NAOTOさんといい、NACSと縁深くなってきた。これは…次回公演の下荒井の音楽、NAOTOさんじゃなく、本間さんという線もありうるか?でも、会場に、NAOTOさんからの花があった。

ってな感じで、個性バラバラなNACSが作った、バラバラな5作品。私は今の所、ダントツ笑えて、NACS全員が出て、ネタ満載な洋ちゃんの「頑張れ!鹿子ブルブルズ!」が一番好きだ!でもDVDとかになって、何回か見たら、意外とヤスダッタにハマるかも…。3時間のほとんどが映像で、生NACSがちょっとだったんだけど、たまにはこんなイベントも楽しいな♪と、もちろん最高に楽しんだのダッタ(笑)

| | コメント (0)

今日も心は揺れる

CUEファンミの二次、今日だったんだ~というのも、ハガキ抽選の時点で落ちたらしく、ハガキすら届かなかったからだ。ファンミの二次って、たしか前の札幌ファンミでは、札幌近郊の人にしか行かなかったんじゃないかな?それが今回はくまなく全国に行ったのかな?東京のお友達にはハガキが届いて、見事二次をゲットしてた。今から旅行の手配って大変そうだもな~と北海道弁で言ってみても、大変でも何でもいいから行きたかった…と、私には涎を垂らして言う事しか出来ない。
二次って、落選した人全部にチャンスありそうなものだけど、二次のチャンスをもらう前に一回抽選があるって、そうとうな人が落ちて、二次の枠もすごく少なかったんだろうなと予想。
ラッキーな事に、二次でゲット出来た人は、もちろん一次でゲットした人もだけど、ハイタッチとかハイタッチとかハイタッチとか存分に楽しんできて下さいね♪と、やっぱり涎を垂らして言ってみる!

NACSってやっぱり人気上がってるのかなぁ~と思いつつ、あまりにも落選が続くと心も離れる…。前にちょろっと話したNACSファンの人が、NACSの他に某グループのファンで、某グループのチケットがあまりにも取れなくて、ずっと見れてないので、気持ちがNACSに傾いていると言っていた事を思い出す。その時は、そういうものなんだ~と思ったんだけど、というのも、私の趣味はNACSオンリーだったからだ。でも今やしっかりポルノファンになり、そんな気持ちもわかりかけている今日この頃、なんて言いつつ、NACSから心が離れる事なんて考えられないんだけどね(笑)

そしてポルノ!紅白楽しみだなぁ♪去年の紅白はまだポルノに超ハマる前だったから、ちょっとポルノに注目して見てた感じだったんだけど、今年は紅白会場に行きたいぐらいだ!今年はシングルいっぱい出してるから、何の曲やるんだろ?と考えて、紅白らしいと考えると「ギフト」かな~。もうすぐ出る「今宵、月が見えずとも」が今年のシングルの中で一番好きなので、「今宵、月が見えずとも」だったら嬉しいな♪

そしてそして!待ちに待ったFCUW3東京のチケットが届いた!N43°も同じ会場だし、Zepp東京ばっかだ。ドキドキして見た整理番号はそんなに良くなかったけど、行けるだけで嬉しいなぁ。

ってなわけで、NACSとポルノのファンを兼任しているが故に、いかほど生で見れる機会があるかで比重が変わってくる。
でも来年二月から、どっちもお芝居とツアーで見れるので、その比重はどうなることやら?ま、とにかくとにかくって感じで、今日も心は揺れるのだった!

| | コメント (0)

飽きないのはナゼ?

ポルノにハマって、かれこれ数ヶ月たつ。去年のAAAで初めて生ポルノライブを経験して、それがハマる最初の切っ掛けと考えると、もうすぐ一年だ。だから12月1日は世界エイズデーなんだけど、私にとっては「ポルノにハマッたから、12月1日は、ポルノ記念日♪」だなー!と思う。

それで、ハマってからというもの、ポルノの曲ばっかり聴いている。元々通勤時とか、一人で外にいる時には大体音楽を聴いてるんだけど、家にいるときは聴かない。だけどポルノにハマってからは、家でも音楽を聴くようになった。もちろんポルノの曲で、DVDも含めると毎日だと言っても過言ではない。
音楽って、お気に入りのアーティストのアルバムとか出ると、一時期ぐわー!と聴きまくるが、そのうち飽きてくる。それでしばらくは聴かなくなって、たまに聞くというサイクルになる。
だけどポルノは違ったんだなー!

もちろん、ポルノの曲でも飽きはくる。ポルノにハマったばっかの頃はバカじゃない?ってゆうぐらい、時間を惜しんでポルノばっか聴いていた。ハマッたのが今更?って感じなので、聴くべき曲はものすごくたくさんあって、カラオケで歌いたかったってのもあるけど、早く覚えたくて仕方なかったから、ホント、バカじゃない?って自分でも思うぐらい聴きまくっていた。家にいる時、生活する上で必要な、ご飯を食べるとか、お風呂に入るとかそういう時間以外は、全部ポルノの曲を聴く事に費やしていた。

そんな日々を経て、何ヶ月か経った時、久々にポルノ以外の曲が聴きたくなった。ちょっと飽きたのだ。でもすぐにポルノに戻った。それは、ライブDVDを見て、CDで聴いていただけではピンと来なかった曲が好きになったからだ。

ポルノの超Sランク級に好きな曲は、最初から今までずっと好きなままで、それは、はじめにCDを聴いていた時から変わらないし、これからもずっと好きだと思う。それ以外の、一時的にハマる曲ってのが、ポルノの場合は突発的に出来る。
最近では「SWITCH」を見て、「Free and Freedom」が好きになった。今一番よく見ているDVDは「OPEN MUSIC CABINET」なんだけど、それを見てたら「Mr.ジェロニモ」と「PRISON MANSION」がめちゃめちゃ好きになって、DVDのライブもかっこいいし、カラオケで歌ったらすごく楽しかった!

なので、ポルノに飽きないのは、次々に今までそんなに気にしてなかった曲の中から好きになる曲が出来るからで、もちろん、その間に発売される新曲もあるし、これは…飽きないわけだ!と思いつつ、今日も「OPEN MUSIC CABINET」の「Mr.ジェロニモ」と「PRISON MANSION」を中心に見て楽しむのだった♪

| | コメント (0)

ロマンスポルノ'08のDVDが出るぞ!

昭仁のANN聞いてたら、不意にロマンスポルノ'08のDVDが出るって発表されたもんだから、深夜に嬉しくて叫んだ。そしたら、公式HPにも情報が出た。
ロマンスポルノ'08は初めて参加したポルノオンリーライブで、横浜も淡路もどっちも行っている。だからDVDになったら、どの回がDVDになっても私が参加しているライブってわけだし、ポルノのライブDVDはどれも何度も何度も見るぐらい最高なので、すごく楽しみにしている。それは、「夢のコント劇場」にも書いたように、夢に出てくるぐらい楽しみにしている。

横浜と淡路、どっちがDVDになるんだろう?と思ってて、そしたら淡路だって!初日なのか、最終日なのかが気になるが、淡路なのがすごく嬉しい♪もちろん、横浜は生まれて初めてポルノオンリーライブを経験した初日と、伝説になった雷雨ライブの二日目があり、どっちも忘れられないものになっているけど、淡路の楽しさはまた格別だった。

ロマンスポルノのDVDと言えば、横浜ロマンスポルノ'06があって、あれは全部入っている感があってすごく好きだ。今度出るDVDも全部入っているみたいだし、ナント!横浜二日目の伝説雷雨ライブも特典映像で入るようだ。だから、値段が高いけど盛りだくさんで、これは~出たらめちゃめちゃハードプレイになること間違いなしだ。ライブの思い出に浸りながら、ライブDVDを見るのは初めてなので、あの時の楽しさを思い出して涙とか出るぐらいなテンションになるんだろうなぁ。

ライブDVDって、遠くにしか見えなかったポルノが近くで見れるし、違う角度でライブが見れるし、会場全体が見えたりするしで、生とは違う楽しさがある。けど、生で見たものには勝てないとも思う。ハネウマでテープがぶわっと出て、タオル回すし、そのテープも回すし、前がタオルとテープしか見えなくなるあの感じは、生でしか感じられないものだ。
ま、それは瞬間的に感じるもので、DVDとは楽しみ方が違うとは思う。DVDは前が見えないとかそういう事は無いし、日焼けに脅えたり、雷雨にやられたりせずに家でリラックスして見れる。リラックスしつつ、もちろん興奮もするんだけどね(笑)

発売は来年1月28日!約二ヶ月先だ。DVDが発売されてからすぐにロイヤルストレートフラッシュの大阪公演がはじまるじゃないか~!今もイベント盛りだくさんで楽しいんだけど、来年からはもっと楽しい事が盛りだくさん。あー楽しみ楽しみ♪で仕方ないのだった。

| | コメント (0)

うたスキの野望

カラオケが大好きで、ストレスが溜まってくるととにかくカラオケに行きたくなる。カラオケと言っても、二次会でみんなでカラオケ~♪とは違う、もう歌うのみです。みたいな、盛り上がりとか、みんなで楽しもう!とか一切考えず、とにかく歌うカラオケが好きだ。

だから、とにかくいっぱい歌いたいから、少人数で長時間のカラオケに行くのが一番好きで、よくカラオケに付き合ってもらう友達と二人、8時間カラオケを二~三ヶ月に一回ぐらいの間隔で開催している。そのカラオケ大会を久々に開催して、お腹いっぱいカラオケを満喫♪でも最後の一時間ぐらいになると、友達もさすがにノドがやられちゃってきて、もう一人で歌って…みたいなテンションになり、申し訳ないなーと思いつつ、最後の一時間は一人で歌いまくったりする(笑)
何時間歌ってもノドがやられるどころか、歌えば歌うほど調子が出てきて、アドレナリン出まくりのものすごく楽しい気分になる私。歌う曲はもちろんポルノ!ポルノ!ポルノ祭りでございますが何か問題でも?というぐらいポルノばっかで、最初は声があまり出ないので、ポルノを歌うのがもったいなく、声が出るようになるまで違う人の曲を歌うんだけど、それ以外はずーっとポルノばっかだ。
長時間カラオケに付き合ってくれる友達はポルノをあまり知らないけど、他のアーティストが好きで、そればっか歌ったりする。だから、ポルノVSナンカとかになったりして、お互い歌っている曲を知らないけどそれはそれで気兼ねしなくていい。

それで、JOYSOUNDに「うたスキ」というのがあるんだけど、簡単な会員登録をすると、マイページが出来て、歌うと得点されて、うたスキに登録している人の中で、何位みたいなランキングが出る。ポルノの、特にシングル曲はやっぱり参加人数が多くて、一位とかになると、99.999点!みたいな、ある意味悔しい!みたいな点数の人になるんだけど、そんな得点出す人って、昭仁の他に誰よ!と、歌を本気出して聞きたくなってくる。
そんな中、うたスキに参加して、ポルノを歌ってランキングを見てると、よく目にする名前ってのを覚えてくる。ポルノはカップリング曲とか、結構マニアックなのに好きな曲が多いから、シングルに比べ、ランキング参加人数はぐっと減るんだけど、ポルノの何を歌っても絶対に上位三位以内に入っている人がいて、師匠!と呼びたい気持ちでいっぱいになる。

ポルノカラオケの中で一番良い点数が出たのが「冷たい手」で、同じ曲なのに「Search the best way」じゃないのは、「冷たい手」の方が英語部分が簡単だからか?私は歌うのは好きだけど、そんなに上手じゃないので、それでも89点ぐらいで、90点以上取ったことない。ポルノはどんな曲でも参加人数結構多いし、点数レベル高いから、そんなんじゃ全然平均点よりちょい上ぐらいになってしまう。悔しいからいつか三位以内に入りたいんだけど、どうやったらそんな点数取れるのか全くわからず…。

ってなわけで、いつか!いつかポルノで三位以内に入りたい!と、秘かな野望を抱いている。でもま、カラオケは楽しければオッケーっていうか、ポルノを歌いまくれればオッケーって感じなので、次のカラオケの計画を練るのだった♪

| | コメント (0)

夕陽と星空のような西新宿の夜景

東京には好きな所も嫌いな所もあるけど、好きな所の筆頭は、高層ビル群だったりする。私の生まれ育ったところはド田舎で、山と海と鮭の登る川があるけど、もちろんビルなんて無い。だから、東京に来たばっかの頃、高層ビルに度肝を抜かれて、口を開けてぽかーんと見上げていたら、一緒にいた人に必死で止められた(笑)

そんな私も今や東京に住んで長いことになるけど、未だに高層ビル群が好きで、会社がビルばっかある所なので、夜に何気なく歩いているとすごく楽しい。
会社でふいに外を見ると、ちょうど夕陽が落ちている時がある。そんな時はもちろん、「夕陽と星空と僕」の「もうすぐ夕暮れ高層ビルの向こう落ちる~♪」と、頭の中に流れてくる。そういえば、「夕陽と星空と僕」の、「五車線道路に架かる歩道橋の上で」という所を聞くと、銀座から築地方向に歩くとある、歩道橋から見た夕陽に染まったビル郡と道路を思い出す。そこは五車線じゃないけど、銀座からすぐなのに人が全然いなくて、のんびりと見れた景色がすごく印象的で忘れられない。

そんな高層ビル好きな私がイチオシするのは、西新宿だ。新宿って、東口はごみごみしてて嫌いだからあまり行かないんだけど、南口や西口はよく行く。特に西口からちょっと行くと、高層ビルばっかになる西新宿は大好きで、特に夜はすごくきれいだ。会社勤めの人が多く、落ち着いていて、人もそんなに多くないので、高層ビルの夜景を満喫しながらのんびり歩ける。

西新宿の高層ビルの上にはだいたいレストランなどがあって、高層ビルの最上階ってゆーと高いお店かと思いきや、結構気軽に行けるお店がある。だから、新宿のどこかで…みたいな飲み会の幹事をやると、東京タワーみたいにバカ高いお金を出さなくても夜景を楽しめる、高層ビルの上のお店を選んだりする。

今日もそんな飲み会の幹事だったので、やっぱり西新宿の最上階にある飲み屋にした。この時期の金曜はどのお店も中々予約が取れないんだけど、そこは窓際の予約が取れてラッキー!って感じで、思う存分大好きな西新宿の夜景を満喫しながら、楽しくお酒を飲んだ。

そんなわけで、会社では高層ビルに落ちる夕陽を満喫し、夜には、星空は見えないけど、星空のような東京の夜景を満喫し、「夕陽と星空と僕」な気分を満喫しまくった一日なのだった♪

| | コメント (0)

無性に楽器が弾きたい時

無性に楽器が弾きたい気持ちになる時がある。

「COMPOSER」を生で見た時、NACSの芝居を生で初めて見た…というか、洋ちゃん以外のNACSメンバーを生で初めて見た時でもあったから、その興奮たるや忘れられません。
それで、「COMPOSER」を見て以来クラシックに興味を持って、サントラを何度も聞いた。何度も聞いていたら、「悲愴」あたりをピアノで弾きたくなって、一時期本気でキーボード買うか、ピアノ教室に通うかを考えた。ま、時間もお金もスペースも無いので諦めたけど、たまに実家に帰るとピアノがあるので、それで我慢している。
ピアノは小学生の時に習ってて、今でも多少は弾ける…と思いきや、久々に弾いたらビックリするぐらい忘れてて、もうねこふんじゃったしか弾けない現状がある。

前に、新丸ビル行った時、大好きなドビュッシーのピアノ演奏してて、綺麗な旋律にうっとりしながら、あんなに見事に弾けたら最高だろうな~と思った。だからピアノは今でも弾きたいって思っている。

それで、ポルノにハマってから、無性にギターを弾きたいって思うようになった。
中学生の時、友達とバンドを組んで学園祭とかで演奏したんだけど、その時にギターを担当していた。ギターが楽しいというよりも、友達と毎日練習したりする事が楽しくてやってたから、全然上達しなかったし、高校生になったら全く弾かなくなった。今ではコードはもちろん、どれがドレミファなのかもわからなくなっている。
だから、ギターはピアノより全然ダメダメなんだけど、「今宵、月が見えずとも」でオリジナルピックとか出されると、これを機にいっちょ!と思ってしまう。でもギターってあの指の痛さに耐える覚悟がどうも…。

いつか、ゆっくりできる日々が送れるようになったら、それは老後とかすごい未来かもしれないけど、ドビュッシーを見事に弾けるぐらい、ピアノを練習したいなって思っている。ギターを練習する老後でも面白い(笑)
あー、でもこんな事を書いてたら、やっぱり無性に楽器を弾きたい気持ちが復活してきちゃったのだった!

| | コメント (0)

Hard Days, Hard Nightがやってくる

街には、クリスマスイルミネーション。会社では年末年始のお仕事の調整。あ~もう、今年も終わりだな~と思う近頃、頭に流れる曲はもちろん、「Hard Days, Holy Night」だ。
そんな今日は朝から、「猫も走るほど忙しいこの年末に~♪」夜ももちろん、「どいつが持ってきたんだろうクリスマスなんか~♪」
頭の中がもう「Hard Days, Holy Night」で占められている。

で、これから年末にかけての予定を見ると、結構ハードな事に最近気がついた。
NACSやポルノ関係のイベントが満載なのだ♪

取りあえず、N43°がやっと来週だ!もう、NACSの写真とか、色々見て、気になって見たくて仕方ない感じになっている。グッズにもネタバレがあるとかあったので、グッズすら調べてない。にしても、グッズにネタバレがあるなら、事前に何を買おうかな?とか考えられないし、終わってから買いに行くと思うんだけど、売り切れとかは無いのかな~。
そういや、地味にレイトン教授の新作発売がある。長いこと眠っていたDSの出番がやっとやってくる!
AAAでポルノを満喫しつつ…って、今年はNACS出演無いのね…。あわよくばと思っていたけど、ま、ポルノがあるからいっか!
琢ちゃんの「LOVE LETTERS」もあるし、待ちに待ったFCUW3東京がいよいよって感じだ。来週にはチケット届くのかな?東京は一次なので、ちょっとでも前の番号をと欲が出ちゃってるから、結構ドキドキだ。
そして、イナダ組のお芝居に、顕ちゃんがアフタートークするお芝居が続く。

…ああ、ナンテ満載♪

その上、それらの合間合間に、忘年会!忘年会!忘年会!これが正しい社会人的な年末だなとしみじみ。
年末になると、めったに会わない友達とか知り合いとかから、忘年会しよう!という連絡が来る。年に一回しか会わない人って結構いるんだな~と思いつつ、もちろん会社関係の忘年会も外せないので、お財布も肝臓も大変だ(笑)

遊びや飲み会の予定はどんと来い!って感じで、楽しみにしているから、仕事で忙しかったり、キリキリしてる中そんな予定があるとがんばれる今日この頃、やっぱり「Hard Days, Holy Night」を聞きつつ、Holyとはちょっと違うけど、Hardな日々を楽しもうと思うのだった♪

| | コメント (0)

口癖に、言うなー!

最近、妙に気になっている事がある。それは、一緒に働いている人たちの口癖だ。
口癖って自分では気付かないもので、だけど聞いている分にはすごく気になる。

報告を受けている時、「、」が入りそうな箇所で、100%「えーっと」と言う人がいて、例えばこんな感じ。
「ポルノのライブは、えーっと何だかよくわからないけど、えーっととにかく楽しすぎて、えーっとあの楽しさを、えーっと一度経験したら、えーっと止められない!もちろん、えーっとライブだけじゃなくて、えーっと曲も大好きなのが多いし、えーっとポルノは曲を聴くとテンション上がって、えーっと元気になったりするよね♪」
…これで、どんだけ気になるか分ってもらえたかと思う。
この人から今までにかけた「えーっと」の時間を抜いたら、一日分ぐらい浮くんじゃないだろうか?

よく間違った日本語の代表で、「~の方」って言われるけど、まさに「~の方」を連発する人もいる。例えばこんな感じ。
「NACSの方は、東京の方の仕事をするって決めてから、北海道の方の仕事、特にラジオの方が終わっちゃったりして、寂しいけど、東京の方の仕事をするようになってから、全国のテレビの方で見れる事も多くなったし、それはそれで嬉しいかな。でも、5人の方があまり集まらなくなって来てるから、今みたいにNACSの方が集まってくれると、それだけで何だ嬉しい気持ちの方になるよね♪」
…これで、どんだけ気になるか分ってもらえたかと思う。
この人から今までにかけた「~の方」の時間を抜いたら、やっぱり一日分ぐらい浮くんじゃないだろうか?

それで、上の二つは特殊な人の例だけど、最近特に気になっている口癖がある。それは、「要するに」だ。
何かを説明していて、合間合間に「要するに」を入れてくる人がいる。今まではあまり気にしてなかったんだけど、「A New Day」を聞いてから、やったら気になりはじめた。もちろん歌詞に、「要するに」とか「簡単に言うと」だとか言うなー!ってあるからだ。
それ以来、その人以外にも沢山の人が「要するに」を使っている事に気付いた。説明する時に、「つまり」という意味で使うのに、「要するに」は便利なのだろう。
でも、あまりにも「要するに」を連発する人には、やっぱり「要するに」とか「簡単に言うと」だとか言うなー!と思って、「無駄に思えても、後々重要になっていくんですよ?」と言いたくなる(笑)

ま、自分の口癖は気付かないので、私もいつの間にか使っている口癖があると思う。考えて思いつくのは「めんどくさい」だ。仕事の時なんかは、気軽に話せる人にだけど、「あーめんどくさい…」とよく言って苦笑を誘ったりしてる。でも、「めんどくさい」は良くない言葉なので、気をつけて言わないようにしようじゃないか!
って書きつつ、今日説明をしてたときに、「~の方」を使っていた自分にビックリした。連発はしてなかったと思うけど、これは完璧うつった…。

出来るならば、キレイな日本語を使いたいので、自分の話し言葉に気を付けつつ、うっかり「要するに」を使っちゃったら、自分に言うなー!と突っ込んでみようかと秘かに企んでいるポルノファンなのだった。

| | コメント (0)

最高な日

今日の東京は雨が降ったりやんだりなどんより天気。でも私の心は、雲ひとつ無い最高の晴天な日となった。

今日は、姉の家に久々に行った。可愛い甥と姪にも会いたかったし、北海道から父親も来ていた。父親はもうおじいちゃんという感じで、孫にデレデレ。そんな父親に習って、私も子供達にデレデレ。
甥は小学生なので、小学生らしくポケモンにハマってて、ポケモンのカードゲームの対戦を強要された。ピカチューしか知らない私は、悪戦苦闘しつつも本気で参戦!結果、惨敗!
姪はいつのまにか見事に言葉を話していて、はじめは「おいで」と言っても中々近寄らなかったが、そこは心は洋二!…じゃなくて、幼児!な私は、お友達として認定された。そういえば、前に先輩の家に行った時も、人見知りすると言われていた先輩の子供と遊ぶうち、お友達として認定されていた。

晴れて認定された私は、甥にNACSファンとして得た知識からプロレスを教え込んでいたら、姪も参加してきて、子供達にめちゃめちゃにされた。普段子供と触れ合う機会がないので、子供と遊ぶと疲れるけど最高に楽しい♪叔母さんという位置も気楽でいい。しつけとか、ぐずり出してなだめるのとかは母親の出番なので、私は本当にただ遊ぶだけ。
そんな中、輝いているR先輩から超グットニュース!うひょー!と、ものすごいテンションで叫んだ一時は、子供達と大人達に不思議そうな目で見られた(笑)

携帯を持っていたら、子供達はやっぱりストラップに興味を示す。私のストラップの一つには、未だにケン・タウロスがいる。これ、HONORで買って以来ずっとつけているので、ボロボロだけど、すごく気に入っているので外せない。それで、どれが一番好き?と聞いたら、満場一致でケン・タウロス…と言いたいところだが、愛媛で買った坊ちゃん団子のストラップが気に入ったようだ。ケン・タウロスを大プッシュしたのに…。

超グットニュースと、子供達と遊ぶ事で最高に幸せな気分になった今日は、それからご飯を兼ねて居酒屋的な所に行ったんだけど、いい気分で大好きな赤ワインをガブガブ。酔っぱらった私の目が怖かったらしく、それからは子供達は近寄って来なかった(笑)

そんな感じで、最高な日になったにちようび。明日からまた、キリキリする仕事の日々が始まるが、充電たっぷり!な気持ちになったのだった♪

| | コメント (0)

波乗りレストランロケ地めぐり

鎌倉と江ノ島に行ってきた。鎌倉は大好きなので、去年も行っていて、もちろん、おにぎりあたためますかの神奈川編で行ったビーフシチューのお店、「去来庵」もチェック済み。だから今回は、メインを江ノ島にして、波乗りレストランのロケ地めぐりとしゃれ込んだわけだ。

鎌倉は、紅葉はちょっと早かったみたいで、見事に色づいている木は少なかったんだけど、山茶花はきれいだった。観光客がすごくたくさんいて、特に、外国からの観光客が多くて、オー!ジャバニーズテンポービューテホー!と言ってるのかな?と思ったり思わなかったり。

で、メインの江ノ島だけど、初めての江ノ島だった。今日はちょっと雨が降ってきて、始終曇りだったので少し残念だったけど、人はすごく沢山いて、竹下通りみたいになってた。
波乗りレストランで洋ちゃんが食べてたしらす丼のお店の場所がわからず、うろうろしたけど、登ったり登ったり下ったりしながら見えてきた「江之島亭」の文字。もちろん入って、洋ちゃんが座ったであろう窓側の席に座り満足♪鎌倉で結構ハードなハイキングコースを歩いたので、お腹はぺこぺこで、がっつり食べた。
会計をする時に、波乗りレストランのロケ地ですよね?と聞いたら、ファイルにサインと写真があるよって教えてもらったので、ありがたく洋ちゃんのサインと写真を見せてもらう。そして、ファイルから取り出し、サインと写真を持たせてもらって、写真も撮れた♪お店のおばちゃんが、そんないい男?と言ってきたので、友達と、激しく洋ちゃんの魅力を話した(笑)最終的にその人は、スタイルは良いよねという事で落ち着いた。

それで、洋ちゃんがお参りしてた「奥津宮」に行ったら、もう日が沈みかけていて暗かったけど、それはそれで明かりが照らされてキレイ。
ロッキーとマドンナのお店、「見晴亭」を横目に見つつ、江ノ島の一番奥に行って、遠くに夜景が見える夜の海を見つつ、長いこと下ってきた長い階段を登る。今日は何だかハードだけど、四国の金比羅さんのながーい石段を思い出すと、まぁ、何てことないかな?
それで、ハーハー言いながら階段を登り終えた所にあるのが、洋ちゃんがビールを飲んでいた(たぶん)「魚見亭」。そこでもちろんビール!と言いたいところだが、ビールは苦手なので、可愛くクリームソーダーにした。ロケ地ですよね?とか聞きたかったけど、閉店時間で言えない雰囲気だったので断念。

江ノ島は猫が多くて、無類の猫好きとしてもまたらにゃかった江ノ島観光。無類の猫嫌いな洋ちゃんは、きっと猫に脅えながらロケをしていたのだろうと考えつつ、無事、ロケ地めぐりを出来たので満足♪満足♪なのだった。

| | コメント (2)

ありがたいな~

もリーダー!お誕生日おめでとうございます♪
モリって、何歳になったんだ?と考えて、さ、さんじゅうなな…か!と驚いた。NACSが四十台に突入し、大人の渋さ満載!となるのも見えてきた、見えてきたぞー。
そんな今日は、やっぱり何故かポルノの話題を…。

それはもちろん、ポルノ10thライヴサーキット「ロイヤル ストレート フラッシュ」のファンクラブ先行結果が出たからだ!
初めてのポルノツアー参戦!とあって、そりゃーもう気合いが入っていた昨日は、朝からソワソワして、結果が出る10時に打ち合わせが入っちゃってたもんだから、ああもう!みたいな感じで、打ち合わせ終わったらソッコー携帯持ち出してトイレにダッシュ。結果はまぁ、取れたり取れなかったりしたけど、おおむね順調!
ポルノのライブチケットって、ポルノファンになる前に、ポルノファンの友達がいる友達から、チケットすごく取りづらいらしいよって風の噂を聞いていたもんだから、今回はデカイ会場ばっかだけど、すごく不安だった。そしたら案外取れて、すごく嬉しかった♪なんだか、NACS関連のチケットが最近全然ヒットしない現状があるから、もうありがたいな~と、岩屋寺に行った時みたいな気持ちになった。

それで、サンクスかサークルKでの発券だったんだけど、ローソンやファミマみたいに、発券する機械があるとばかり思ってたのに、機械が無かったので店内をウロウロ。そこは小さなお店だったので、たまたまそんな機械が無かったのかな?と思いつつ、ちょっと歩いてサークルKへ。そこは広いお店だったんだけど、やっぱり機械が無くて、どうやって発券したらいいかわからなくて困った。で、店員さんに聞いたら、レジのディスプレイがタッチパネルになったので驚いた!学生時代にサンクスでバイトしてたのに…。
そんなわけで無事発券出来て、チケットを見たら、ホントに行けるんだ!と、やっぱりありがたいな~と。

ところで、ポルノ公式HP見たら、トップ画像が変わってた。そのお二人が劇画チックで、度肝を抜かれた(笑)
12月発売の「今宵、月が見えずとも」の画像や、初回特典などの詳細も出てて、やっぱりか!って感じで、初回特典は主題歌になっているアニメ映画のステッカーとかポスターだったんだけど、その中に、オリジナルピックとかあって、さり気なくポルノの特典があるのは憎い!ま、ギター弾かないから、ピックあっても仕方ないんだけど、ちょっとは気になる。通常仕様と200円ぐらいしか違わないので、アニメポスターに戸惑いながら、ピック欲しくて初回特典を買っちゃうかもな…。このアニメが好きな人が近くにいたら、プレゼントできるので探そうか…。

ってな感じで、「ロイヤル ストレート フラッシュ」第一回戦を終えた今は、とにかくありがたいな~と思いつつ、今からもうドキドキで、取れなかったトコのチケットを何とか獲得するために、第二回戦を始めようじゃないか!と気合いが入りまくりなのだった♪

| | コメント (0)

NACS一家

突然ある言葉や音楽が頭の中に浮かんできて、離れない事がよくある。音楽だったら大体ポルノで、朝起きた瞬間頭の中に音楽が流れ出す。家を出る時にMP3の電源をつけて今日は何を聞こう?と思った時は、朝一で頭に流れた音楽をまず始めに聞く事にしている。その日は仕事中も家にいる時もずっと頭の中はその音楽で占領されてて、その日一日のテーマ曲みたいになる。
音楽以外には、これまた突然頭の中にある言葉が浮かんできて、「何の言葉だっけ?」と考える。大体それは水曜どうでしょうの言葉だったり、NACS舞台のセリフだったりする。

で、今日は突然「NACS一家」という言葉が浮かんできた。
確か、LOOSERの稽古や東京進出のドキュメントみたいなのを北海道でやってて、その中でだと思うんだけど、「NACS一家」という言葉が出てきた。
仕事で、他のメンバーより舞台稽古に遅れてやってきた洋ちゃんが稽古場に入ったとき、NACSの4人がちゃぶ台みたいなのに囲んで座ってて、それを見た洋ちゃんは笑って「NACS一家」と言ったのだ。

CUEでは、社長が父親、モリが長男、顕ちゃんが次男…といった風によく、タレントを家族に例えたりしているんだけど、NACS一家という言葉が浮かんで離れない今は、NACSが家族だったら…という妄想に火がついた。

父親はモリ。テンションが高く、リーダーシップがあり、みんなを引っ張っていくんだけど、たまにみんなが付いていけない事がある。そんな父親を影で支えるのが母親の顕ちゃん。静かで、穏やかで、何考えてるかわからない所があり、独特の存在感がある。長男のシゲは、いつまでも子供みたいで、すぐに何かに夢中になり、家族のトラブルメーカー的存在。洋ちゃんは次男で、家族のムードメーカーで、面白い事言っていつもみんなを笑わせてるんだけど、肝心なところではしっかりしている。末っ子はもちろん琢ちゃんで、マイペースにゴーイングマイウェイなんだけど、家族のみんなから可愛がられている。

と、ここまで考えて、中々的を得ているんじゃ…と思うんだけど、母親の顕ちゃんは無理があるっか!(笑)

NACSは大学の入学順に1、2、3、ダー!!…じゃなくて、1番、2番、3番と番号が付いているのは、もちろんNACSファンの常識だが、顕ちゃんは現役、シゲは一浪、洋ちゃんは二浪しているから、2番~4番は同じ年齢で、二歳年下の琢ちゃんは洋ちゃんと同級生になる。NACS一家妄想は、単純にその番号順に家族を振り分けたんだけど、その同じ年齢の三人の誕生日は、入学順と真逆だから、4番の洋ちゃんが一番早く年を取る。シゲも誕生日が来て、顕ちゃんは12月生まれだから、年齢順として、現在二番目に年下なのが顕ちゃんってことになる。だから年齢と誕生日順に家族を振り分け直すと、父親のモリは同じ。母親は洋ちゃんって事になって、面白くてしっかりしていて、料理好きの母親。長男はシゲで、あ、変わらないや(笑)。次男の顕ちゃんは…やっぱり内容は変わらず。最後はペット…じゃなくて、ペットの魚…じゃなくて、ペット的存在の末っ子琢ちゃん。

と、ここまで考えて、中々的を得ているんじゃ…と思うんだけど、やっぱりシゲより下の顕ちゃんは無理があるっか!(笑)

ってなわけで、今日もどうでもいいことばっか考えてたんだけど、そんな楽しげな一家があったら家族ぐるみでお付き合いをしてみたいと思うのだった。

| | コメント (0)

寝坊が嫌な理由

この前、久々に寝坊した。会社に行く時に寝坊したのって、前はいつだったか思い出せなくて、多分、数年前とか前だろう。そのぐらい滅多に寝坊ってしないから、すごく驚いた。それも、一時間以上の寝坊だったので、思考回路が停止したもんだ。
満員電車を出来るだけ避けたいから、朝は早く出ている。その分起きるのも早くて、年々早起きが苦にならなくなってきたのは…歳か?!それで、急いだり焦ったりするのが嫌いなので、早起きしている分、朝はゆっくりしている。どのぐらいゆっくりかと言うと、ポルノのライブDVDとか、ポルノがテレビ出演した録画とかをのんびりと見ている程だ。朝からポルノだ!朝からポルノはテンション上がって元気になって、今日もいちにちのび~のびと♪という気持ちになるのでオススメ!

それで、目覚ましの携帯がマナーモードのままになっていて、予備目覚ましにしているテレビにヘッドホンのコードが入っていたので、何にも邪魔されること無く、ぐっすりと一時間も余計に寝たので、起きた時やけに頭がすっきりしていた。時計を見てたはずなのに、いつも起きる時間だと勘違いして、いつも通りゆっくりと準備をし出したんだけど、それが一時間間違っている事に気づいた時には…頭が真っ白になった。5秒ぐらいで計算し、10分後に家を出れば何とか間に合う!という結果をはじき出したので、いつになくものすごいスピードで準備をし、駅までダッシュだ。
そんな感じで、一時間以上も遅く起きたのに、会社には意外と余裕に着いて、あれ…一時間遅くても…間に合うんじゃ…などと思ったとか思わなかったとか。
でもその代わりダッシュの上、満員電車に長いこと乗る事になり、朝からめちゃめちゃ疲れたので、もう寝坊は嫌だ!

家から駅まで徒歩15分ぐらいかかるので、いつもポルノの曲がちょうど3曲で到着する。それが今朝は「惑星キミ」と「元素L」で着いた。むしろ「元素L」の途中で着いたぐらいなので、あれ…10分もかからず…駅に行けるんじゃ…などと思ったとか思わなかったとか。
でもその代わりこの時期にやけに汗かく上、「Mugen」まで行かなかった事が微妙に悔しいので、もう寝坊は嫌だ!

…などと思っていたら、今日、またまた寝坊をした。それも、前回を上回る二時間以上の寝坊!いつもならもう会社に到着し、のんびりとしている時間だ。起きた瞬間、あー良く寝た♪という満足感があって、おかしいぞ?!と思って時計を見た。もう二時間の寝坊ってなったら、ある程度諦め感が漂い、いつもなら午前休取るところだけど、午前中に外せない打合せが入っている事を思い出し、とにかく!と急いで家を出た。もちろん、朝からポルノDVDもなし。小走りに駅へ向かうそんな時にピッタリなのは、「ハネウマライダー」ってわけで、ハネウマ聞きながらまたまたダッシュだ。
寝坊とか、無駄な事に貴重な有給を使いたくないので、走りながら上司に電話して、何とか一時間シフト(遅く出勤の代わり、遅くまで働く、特殊な仕事がある時に使う技)にして欲しい!と懇願して、初めて遅刻したから今回だけって事でOKもらった。

そんな感じなので、朝からポルノ映像を見れないので、もう寝坊は嫌だ!…って、寝坊が嫌な理由がポルノに摩り替わってきたけど、それはもうポルノバカだから勘弁してください♪と思いつつ、寝坊はもうしないぞと誓うのだった。

| | コメント (0)

小説のような恋

ポルノの曲に、「小説のように」という名曲がある。シングル「黄昏ロマンス」のカップリングなんだけど、黄昏ロマンスだけじゃなく、どうもカップリング曲の方が好きな事が多い。多分、わかりやすいのは「愛が呼ぶほうへ」じゃないかと思っている。愛が呼ぶほうへもいい曲なんだけど、これはカップリングにすごい名曲が潜んでいるのだ…!と私は思っているんだけど、その曲はもちろん、「夕陽と星空と僕」。曲も歌詞も完璧すぎる。こんなにいい曲なのに、アルバムにもベストにも入ってないとはこれいかに。ってなわけでポルノはカップリングもお!と思う曲があるから、気が抜けない。

で、「小説のように」に話を戻すけど、どうしてこの曲をフューチャリングしたかと言うと、「小説のように」のような恋の話を聞いたからだ。

「小説のように」は、簡単に言うと、彼女の好きな小説があって、その小説の中で、恋人たちは別れてしまう。僕たちもその小説のようになってしまうの?という内容の歌詞になっている。悲しい別れの歌だ。

友人から、彼女と別れたという話を聞いた。前から彼女が中々会ってくれない。会っても彼女は冷めていて、お互いの気持ちのズレがどうしようもない所まで来ている気がする。自分はまだ好きなのに…みたいな事を言ってて、ある日、久々に彼女と会う。別れを切り出されそうで恐いと言っていた。それで翌日、やっぱり別れ話だったと。

その話を聞いた瞬間、不謹慎だとか思う間もなく、頭の中に「ああ~僕らも~小説の~ようになるの~」と、昭仁のいい声が流れて来ちゃったから困った。これはもう、ポルノファンだから仕方ない事で、友人には悪いんだけどどうしようもない。だからせめて、この曲を聞いて、気持ちを落ち着かせて…って言えるはずもなく、聞いたら間違いなく泣くだろうなぁ。

ってなわけで、「小説のように」のような恋の一端に触れました。ってことで、とりあえず「小説のように」を聞こうと思うのだった。

| | コメント (0)

やっぱりアフタートーク!

NACSがサポーターになる「東京劇団FES'08」のアフタートークが決まった。劇団フェスのサポーターがNACSになったって知ったとき、サポーターって何すんのよ?!と思っていて、考えてもアフタートークしか思いつかなかった。そしたらやっぱりアフタートークだった!

イナダ組は前々から生で見てみたくて、東京で見れる機会に恵まれたから早々にチケットをゲットしてた。それで、NACSのアフタートークがあたらラッキー!くらいに思っていて、秘かに、イナダ組と縁が深い、モリ、洋ちゃん、琢ちゃんの誰かが…とか期待してたんだけど、残念ながらイナダ組のときは、NACSのアフタートーク無いのね…。

アフタートークの日取りを見ると、シゲ琢コンビが「劇団あおきりみかん」、洋ちゃんが「グレコローマンスタイル」、顕ちゃんが「InnocentSphere」てーわけで、モリだけがいないのが気になるが、まさかサプライズでイナダに…とかないよなー。

で、そんなアフタートークの日取りを見て、私がどうしたかと言うと、もちろん顕ちゃんの出る日のチケットを早速ゲットだ♪日曜なのも丁度いい。洋ちゃんや、シゲ琢の出る日も行きたいなーと思ったら、ど平日なので諦めた。
チケットまだあるかな?と思って、見てみたらいっぱいある感じで、イナダ組は売り切れてた。だから、チケット売るために、あまってる日にアフタートークしたのかな?とちょっと思ったんだけど、スケジュールの都合などありそうだが、踊らされてる気が…。
ファンミに落選した今、今年は生でNACSと触れ合える機会がもう無いので、せめて生で見れる機会があると、行かないわけにはいかない!…踊らされてるなぁ~♪

ま、最近どうもキリキリしてる日が続いていたので、楽しみが増えるのは良いことだ!と自分に言い聞かせ、アフタートークって多分短いんだろうけど、顕ちゃんのトークを聞ける事を楽しみに待つのだった♪

| | コメント (0)

えーの世界

戸次重幸さま、お誕生日おめでとうございます♪
いやー、シゲの誕生日が来ると、NACS誕生日ラッシュが始まったと思うそんな今日は、何故か血液型の話を…。

この前の、昭仁のANNで、話の前後は忘れたが、「ア」が好きだと言っていた(アキヒトのアだから)。私も、名前に「ア」が入るので、地味に嬉しかった♪それと、無性にA型が出るという話もしてた。私もA型だから、やっぱり地味に嬉しかった♪

私のまわりには、日本人に一番多い血液型にも関わらず、何故かA型が少ない。O型とB型が圧倒的に多く、次にAB型という感じで、レア感のあるABよりもAが少ないとはこれいかに。特にBは、家族もほとんどBで、上司や先輩もほとんどBだったりするから、B型の押しの強さというか、奔放さには慣れていて、結構好きだったりする。
血液型性格診断とかすごく好きで、そんなの下らない…という人は多いけど、何故か好きで、初対面の人の血液型を当てるのが趣味だと言ってもいい。それが、正解率50%ぐらいのすごく普通な感じだから、得意!とは言えないのが悲しい。
そんな感じなので、まわりの人の血液型は大体知っていて、Aが少ないから、Aに出会うとおお!と嬉しくなる。A型はO型と愛称がいいとか聞くけど、やっぱりA型はA型が一番合う気がしているからだ。

水曜どうでしょうの、うれしーの日記で、かなり前だけどA型の話をしていた事があった。どうでしょう班は、ミスターO型、洋ちゃんB型、藤やんO型で、うれしーがA型な上、HTBの人もAが少ないって書いてたかな、たしか。それで、Aに会うとホッとすると。顕ちゃんがAだから、顕ちゃんに会うとホッとするって書いてて、なんだか嬉しくなった。
NACSは、モリO型、顕ちゃんA型、シゲO型、洋ちゃんB型、おぱんぽ…じゃなくて琢ちゃんO型。ここでもAは顕ちゃんのみ。

それで、顕ちゃんといい、ポルノといい、ここぞ!と好きになる人はA型が多いんだけど、それは芸能人に限らずそうだ。日常生活の中で、あーこの人好きだなーと思う時は、やっぱりA型の人が多い。A型と言っても、AぽくないAとかいっぱいいるけど、その中にもどっかにAっぽいのが潜んでいて、話しているとホッとする。もちろん、OとかBの人でも、話していてすごく楽しくなる人はいっぱいいるけど、というか、仲の良い人はだいたいBかOなんだけど、Aといるホッとした感じはない。だから、うれしーのA型の人に会うとホッとするという日記は、すごくうんうん!と思ったのだ。

O型の友達と話をしていた時、彼と性格が合わないという悩みを聞いていて、その彼はA型で、A型は細かすぎてどうもダメ!と言われてしまった。
自分は…と考えると、そんなに細かい性格じゃないと思いつつ、仕事とかを考えるとやっぱりすごく細かい。隅々までチェックしなきゃ気が済まないし、少しでも不明な点があればしつこく問い詰める(笑)なのに、生活の面を考えると、常に部屋をキレイニしているわけじゃないし、掃除も大雑把だ。だからA型でも、常にA型っぽく細かい感じじゃなくて、ココゾ!という時、無性にA型が出るから、話は最初に戻るが、昭仁の言っていたことがすごくよくわかった。

ってな感じで、血液型の話をしたわけだけど、血液型の次に、星座性格判断も好きで、でも星座はたくさんあるからイマイチ全部把握しきれてない。でも、血液型の次は星座だ!と、星座当てに最近ハマりつつあるのだった♪

| | コメント (0)

そして、私は途方に暮れる

女性アーティストでは、Charaとcoccoがダントツに好きで、ポルノにハマる前は、カラオケで歌う曲のメインになっていた。今ではポルノばっかり歌っている私だけれど、ポルノの合間にCharaやcoccoを入れたりする。
Charaのシングル「CHERRY CHERRY」のカップリングに、「そして僕は途方に暮れる」という曲が入っているんだけど、すごく好きだ。

Charaの「そして僕は途方に暮れる」はカバーで、原曲は大澤誉志幸の「そして僕は途方に暮れる」。私は大澤誉志幸も「そして僕は途方に暮れる」も知らなかったんだけど、いろんな人がカバーをしている曲なので、有名らしい。1985年にリリースし、カップヌードルのCMソングにもなった曲なので、もしかしたら原曲を知っている人は多いのでは?と思う。

そしたら、この曲を思わぬところで目にした。それは、CUEファンクラブの更新特典DVDで、洋ちゃんの「思い出の曲」に、大澤誉志幸の「そして僕は途方に暮れる」が入っていたのだ!そのDVDでは1992年当時の色んな事が書いていて、その頃洋ちゃんは浪人生真っ只中なので、この曲がピッタリきたのだろう。
洋ちゃんの思い出の曲が、カバーだけど私の好きな曲だってことが、何だか嬉しかった♪

で、どうしてこの曲を思い出したかというと、私が途方に暮れているからに他ならない。
仕事で、たまにあるんだけど、問い合わせ祭りの真っ只中なのだ。問い合わせがあると、それに回答する為に色々調べなきゃいけないし、やらなきゃいけない手持ちの仕事もあるので、結構大変だ。それも、一つじゃなくてうわー!と、各所からいっぱいくる。その回答の結果から仕事に発展するものも多くて、隣りを見ると新人が暇そうにしていて、仕事を与えなきゃ…と思うんだけど、ちょっと大変なものから、ものすごく大変なものまで、それはそれは山のようにあるものを与えたい気持ちでいっぱいだが、どうも新人に任せられる丁度良い仕事じゃない。
それで、とにかく急ぐものから徐々に片付けていっている中、後回しにしていた仕事に問題がおきたりして、焦ってそれを調べなおしたりして、キリキリしている。

そんな時、すごく悲しい事があった。新人の頃からずーっと仲良くしている同期が、今日最終出社日だったのだ。彼女は、同期の中でも一番初めに会った子で、新人時代に配属された部署も一緒で、途中から違うチームになったけど、変わらずお昼に楽しい話をしていた。
それまでも、大好きな人とか、仲の良い人とか、同じチームの人とか、辞めたり、違う場所に異動したりして何度も悲しい思いをしてるんだけど、今日のは一番ぐっときた。
仲の良い人たちとお昼に雑談するのが、キリキリする仕事の合間、何よりの楽しみになっていて、その中の一人だったし、付き合いが長いから、明日からもう会社に来ないんだって今でも信じられない。彼女が特別ってわけじゃなくて、同じように大好きな人はいっぱいいるんだけど、一緒にいた時間が走馬灯のように駆け巡って、涙がとまらなかった。

それが、問い合わせ祭りでキリキリしていた時とたまたま重なっちゃって、最後の挨拶とか、お別れとか忙しくてちゃんと聞いたり言ったりできなかった。最後に彼女が帰るとき、ちゃんと話をしようとしたんだけど、ものすごくグッときてしまって、号泣しちゃいそうだったから、最後の話もちゃんと出来ず…。それがすごく悔しい。

それから、問い合わせ祭りの対応で残業してたら、ポロポロ涙が出てきて、泣きながら仕事をするって…どんなよ!って感じなので、堪えてたんだけど、どうも涙もろい性分なのでやっぱりポロポロしちゃってた。バレないように隠れて何とか仕事をしてたんだけど、その姿見られてたら、仕事でものすごい大変な事があったんじゃないか?!と余計な心配をかけるところだった。

ま、彼女がいない事に徐々に慣れていくだろうし、仕事はいつか終わるものだ。NACSやポルノなどの趣味で、楽しい事がこれからも沢山待っているわけだし、真面目に働いて、精一杯遊ぶ毎日は変わらない。ただ、明日会社に行くと、彼女はいないし、仕事は山積みだし、とにかく、私は今、途方に暮れているのだった。

| | コメント (0)

からかわれる日々

何かにハマッたり、すごく夢中になったりすると、それを言わずにはいられない性質を持っている。だから当然、NACSやポルノにハマッているという話をよくするんだけど、それは会社でもそうだ。
NACSの話は前々からしていて、仲の良い同期などはNACSを把握するほどになっている。だけどやっぱり一般的にはNACSの知名度はまだまだで、大泉洋あたりは知っているけど…という人が多い。だからなんだろうけど、NACSを理由にからかわれる事は滅多になかった。
それが最近、めちゃめちゃからかわれる。それは、ポルノにハマッてからだ!ポルノはやっぱりみんなそれなりに知っているから、話題にも出しやすいのだろう。

FCUW3横浜に行くべく半休を取った時、一緒に仕事をしている人に、今日半休貰うので午後はいませんと言ったら、チケット取れたときめちゃめちゃ嬉しくて取れた~!と言っていたせいか、半休の理由を覚えていて、「アポロ」歌ったら帰っていいと言われてしまった。…マジで迷った。
それで、大興奮のFCUW3を終えた翌日、会社行ったら、ものすごい笑顔で「ぼっくらーがうまれてくーるー♪」と歌いながら近づいてこられた。(笑)
昨日のライブどうだった?と聞かれたり、ポルノの話が出来るのは嬉しいんだけど、どうも最近、ポルノを理由にからかわれる事が多い。
NACSの時はこんな事なかったのに…おかしい。

で、今日の業後、人を待っている間後輩と雑談してたら、いつの間にかポルノの話になっていた。その人は洋楽しか聞かない人なので、邦楽はあまり知らないらしく、あの!「アポロ」でさえタイトルしか知らなかった。「アポロ」ってこんな歌でしたっけ?と言って、「アポロ~アポロ、アッポッロ~♪」と歌い出した。それは、「さる~ごりら、ちんぱんじ~♪」だ!
そなるともう「ポルノバカにしてるだろ~!」と、持っていたタバコを投げつけてやろうかと思った!

前の昭仁のANNで、ポルノをえっちな方のポルノだと勘違いされたというお便りを紹介してて、わしらもまだまだだ~みたいな事を言ってたんだけど、それと同じことがあった。
FCUW3横浜で半休取った時、あれ?○○さん(私の名前)帰ったの?という話題になったらしい。ポルノのライブに行ったと知っている人が、ポルノだよと言ったら、えっちなポルノ映画を見に行ったんだと勘違したんだって…。そんなアホな~。
ポルノゆうたら、ポルノグラフィティだろー!と突っ込んだら、いや、ポルノゆうたら、ポルノ映画のポルノですよ!と返された。だから、わしらもまだまだだ~というのを実感した一時だった。

そんな状態なので、これからNACS関連で半休取ることもあるんだけど、絶対にポルノだと思われそうだ。そんなに何回もポルノライブ無いわ!って感じなんだけど、来年2月から休み取ること多くなりますと言った時、ベスト出たんだよね、ベストのツアー?と言ってくれたりして、わかってるなー!という心ある人もいるし、趣味はライブとお芝居と旅行ですと言った時、女の子らしい趣味だねと優しく言ってくれる人もいる。ま、大多数がポルノを理由にからかってくるんだけど、それはそれで満更でもないので、いっか!と思いつつ、これからも積極的に!ポルノの話をして行くのだった。

| | コメント (0)

ワンツーワンツー♪

今日からN43°が始まった!…らしい。というのも、私の行く東京はまだまだ先だ~からだ。なので、今日は取りあえず、仙台の方向を見て指をくわえている事しか出来ない。仙台に当日券情報が出た時には、行ってやろうかと思ったぐらいだ。あー気になる…気になる…。でもネタバレ絶対嫌だから、東京までじーっと待つしかない!

ところで、も日記を見たら、「顕さんとサシ飲み」と。も、モリになりたい…と思った事は秘密にして、確かハナタレ沖縄でも、ワンツーで出かけてなかったか?とふと思った。シゲ、洋ちゃん、琢ちゃんの三人は大好きなゴルフに行き、ゴルフに興味のないモリ、顕ちゃんはぶらりワンツーの旅してなかったか?

何だか近頃仲の良いワンツー。NACSは5人でいると一番面白いけど、誰かと誰かみたいな、コンビでも楽しめる。5人もいるから、コンビのバリエーションもたくさんあって、たまにおお!と思う、珍しいコンビで何かをやってくれるとすごく新鮮で楽しめる。
私の中で、ワンツーはその珍しいコンビに入っていて、二人での仕事とかあまり見ない…というか、見たことないかもしれない。そんなワンツーが近頃二人でお出かけしたり、飲んだりしたって聞くと、何だか嬉しくなるなぁ!

そんなワンツーのお出かけと聞いて思い浮かべるのが、もちろん「ぶらりワンツー万博博覧会」だ。これは、CUEのファンクラブ冊子2005年9月号に載っていて、メチャメチャ面白い。CUEファンクラブ冊子に限らず、雑誌でもそうなんだけど、入手した事に満足して中身をちゃんと読まなかったりする。ざっと写真をみて、今度読むか…と思いつつそのままな事が多い。でも、この「ぶらりワンツー万博博覧会」はあまりの面白さに、何度も何度も読んでいるぐらいお気に入りで、CUEファンクラブ冊子の中で一番好きだ。

「ぶらりワンツー万博博覧会」は、COMPOSER名古屋公演の休館日にモリと顕ちゃんで愛知万博に行ったというお話。文章も写真もモリ担当なので、モリが見た顕ちゃんの不可解な行動…といった内容だ。その顕ちゃんの行動が本当に不思議ですごく面白いし、顕ちゃんに気を使うモリの様子も目に浮かぶようで、何度も言うけどとにかく面白い。そのワンツー万博では、二人のみょ~な気の使いようというか、壁みたいなものを感じるんだけど、最近よく二人で…という話を聞くと、仲良くなったんだな~と思えて、微笑ましくなる。

などと思ったりしながら、やっぱり仙台の方向を見て、どんな感じだろう、早く行きたいな~と指をくわえる。なんで東京最後なのよ!と思わずにはいられないが、それは仕方ないし、何日か寝ればN43°がやってくるわけだし、もういい大人なので、大人ならば大人らしくどかっと構えて待とうじゃないか!と、今からソワソワワクワクしているのだった♪

| | コメント (0)

どうバカは思う

私はNACSファンであり、ポルノファンでもあるが、どうバカという一面も、もちろんある。
NACSにハマった切っ掛けも、水曜どうでしょうのDVDを同僚に借りた所から始まっているし、HTBや高台公園に何度も行き、真駒内でやったどうでしょう祭りにも行って楽しくて発狂しそうになったし、渋谷でやったどうでしょう小祭りにも行っている。渋谷小祭りと言えば、並んでたら藤やんがいたので、一緒に写真写って下さいとお願いしつつ、本物の藤やんに感動し、顔を見てたら何故かすごく笑えて来た。それで、今考えたら失礼かもしれないけど、藤やんを見ながら爆笑してたら、藤やんもあの!爆笑を返してきて、お前、何でも面白いんだろ?とか言われ、軽くどつかれたりして、それはそれはもう感動のひとときだった。うれしーに会えなかったのが少し残念だったけど。

そんなどうバカの中でもエリートな私は、もちろんどうでしょうを何度も何度も見ていて、何かの企画の言葉を言われると、すぐに何の企画の言葉か大体わかるのはもちろん、頭の中にふと言葉が浮かんできて、何の企画の言葉かどれだけ早い時間で答えが出せるかという、自分の心の中だけの遊びをときたましている。
…などと書いたが、最近全然見ていない。それは、見すぎてさすがに飽きたというのもあるが、新作の!全然動きが!ない!現状が!あるからだ!
まあ、歓喜の歌をやってたので、それに全力投球してたらしいが、それにしても!次のDVD発売に動いているらしいが、それにしても!大泉洋が忙しいのはわかるが、それにしても!

ま、グチはこの辺にしておいて、久々にどうでしょう公式HP見に行ったら、DVD第11弾の発売が来年4/15だって書いてた。相変わらずながいなぁ~。4/15ゆうたら、NACS本公演が終わりに差し掛かり、ポルノツアーも終わりに差し掛かり、もうすぐこの楽しみは終わってしまうのか…とちょっと寂しい気持ちになっている予感がしている。

次回のDVDに入るのって、「桜前線捕獲大作戦」と「十勝二十番勝負」そして、「サイコロ5」か…?桜前線も好きだけど、注目すべきはもちろん!十勝二十番勝負!なんたって、顕ちゃん(onちゃん)が初めてどうでしょうに出演した企画なのだ~♪顕ちゃんが出演したどうでしょうがDVDになると言えば…副音声にも出演するかもと、今からワクワクだ!これで出なかったらすごくガッカリなんだが…。
これの始まり方もすごく好きで、ラジオ途中でどうでしょうに連れて行かれる洋ちゃん。このラジオ、ゴルゴなんだな!だからその場に顕ちゃんもいて、ついでに…って感じで連れてかれ、何故か顔出しNGで、onになる。安田さん=onちゃんという構図がココで出来上がり、洋ちゃんVSonちゃんという構図もココで出来上がる。いやー改めてみたら、ものすごく若いなぁ~。
この回のゴルゴすごく聞きたいんだけど、ものすごく昔だから無理か…。この頃、たぶんまだ北海道にいたはずなので、昔の自分に言いたい。何故ラジオ聞いてないんだ!

そして、「サイコロ5」だけど、サイコロシリーズの中で、一番スキかもしれない。はかた号に何回乗るのよ!って感じだし、ツバメ~!も好きだし、奄美に行っちゃうし、見所満載で、サイコロにこなれて来たどうでしょう班もいい味出している。

この頃はまだ、私の中ではどうでしょう初期。そして最高に面白いどうでしょう中期にそろそろ差し掛かるところ…といった感じで、これから待ちに待った最高に面白いDVDがどんどん出てくる!長年待った…そしてまたしばらく待つわけだが、新作をやってもやらなくても、やっぱりどうでしょうは最高♪と、久しぶりにまたどうでしょうを見るのだった。

| | コメント (0)

月が見えないサタデーグラフティ

昨日…というか今日だけど、昭仁のANNで、12/10リリースの新曲「今宵、月が見えずとも」が聞けた。疾走感のあるノリの良い曲で、かっこいい。これ、好きだ!と今から宣言だ。

「今宵、月が見えずとも」は、アニメ映画の主題歌で、そのアニメは良く知らないからちょっと調べたら、ジャンプの漫画が原作みたいだ。会社で、その漫画知ってる?と聞いたら何人か知ってて、映画になるぐらいだからそれなりに人気なんだろうけど、やっぱり一番気になるのは、この映画主題歌が効果的かという事だ。だから、人気あるの?と聞いたら、あるんじゃない?と言われたから、これは効果的だって事にしておく。

これ聞く前から、タイトルとか作曲が昭仁、作詞が晴一だって事とかから、かなり期待していた。何となくバラードという可能性も…と思っていたけど、ノリの良い曲でよかった♪カップリングに新曲が入ってないのがちょっと不満だが…。
ただ、初回特典がそのアニメとコラボしたみたいな感じなので、詳細出るまでなんとも言えないけど、今回の初回特典はスルーしそうな予感がマンマンだ。

話は変わるが、昨日の土曜日、前日に夜なべでHDD整理作業をしていた結果、まったく起きれず、一度起きては寝て…起きては寝て…を繰り返し、はっきり覚醒したのが18時になっていた。人間寝る気になればいくらでも寝れるのか…と愕然としつつ、そのままダラダラすごし、今日一日何も食べてない事に気づいたけど、食べることさえめんどくさくなって食べなかった。だから昨日はホント、何したの?と言われれば、寝てた…あえて言えば、空気を吸っていた…としか言えない酷い状態だった。
そうなるともちろん気分は、リアル「ワールド☆サタデーグラフティ」だ。予定のない土曜日、ここは東京。スローに家でダラダラ過ごす。雨だけは降っていなかったけど、私だけを残して地球は廻る…。

そんな昨日を一言で表すならば、「今宵、月が見えずとも」を聞いたわけだし、今宵、月が見えずとも、リアルワールド☆サタデーグラフティな一日だった♪って感じで、そう聞くと何やら楽しげだが、すごく一日を無駄に過ごした気分でいっぱいなので、そんな一日はしばらくゴメンだ!と思うのだった(笑)

| | コメント (0)

「the波乗りレストラン」始まった!

いよいよ始まった「the波乗りレストラン」。放送がランダムだから、ちゃんと予約しなきゃ…と思いつつ公式HPを見たら、最初はズームイン内で放送で、こういう情報番組ってやたら長いから、すごく困る。
そこで、ポルノ公式も見に行ったら、ナント!めざましと王様のブランチに出演情報が出てて、叫んだ。かぶってる上に、どれもやったら長い番組じゃーん!そこで昨日は夜なべでHDDレコーダーの要領減らすべく編集!編集!編集!祭りだ。HDDレコーダーの半分を占めている「瞳」を何とかしたいが…それには夜なべでも間に合わないから、見てないものとか泣く泣く消したりして、編集作業にぐったりした。

そんなわけで、無事にどっちも録画成功して、早速「the波乗りレストラン」を見た。
一回9分の短いドラマだから、まだ二回しかやってないわけだし、これから三回目なんだけど、とりあえず二回分では、大泉洋と西村雅彦の夢の共演!って感じだった。
西村雅彦は、洋ちゃんと共演して欲しいと思っていた役者さんで、それがこうも二人芝居っぽい感じでやってくれると面白くないわけがなく、これからもっと色んな人が出てくるとは思われるが、もう面白い事決定!なドラマだ。

そういえば、これまた共演して欲しいと思っていた、阿部サダヲと、前にやった「あの日僕たちの命はトイレットペーパーより軽かった」で共演したし、共演して欲しくてまだ共演してない役者さんを探すのが大変になってきた。「あの日僕たちの命はトイレットペーパーより軽かった」すごく良かったなぁ~。ドラマ自体も良かったけど、洋ちゃんがすごく良かった…。ものすごく良かった!あれは、洋ちゃんが出演した今までのドラマの中で、一番イイと思えるドラマだった。

で、「the波乗りレストラン」に話を戻すが、宣伝番組みたいの見ると、さりげなくシゲと顕ちゃんも映ってて、特に顕ちゃんはすごく少しっぽい感じを受けるけど、いつ出るかワクワクしている。これからもスッキリ内で放送!とか、容量が…と泣きたくなる放送スケジュールだって事はなんとかするとして、やっぱり一回9分ってのは短い。でも短い分だけ、すごく次が見たくなるから、中々良い作戦だとは思う。

キャストを見ると、前に見たときよりいっぱい増えてて、深津絵里とか福山雅治とか、マジっすか?!と言いたくなるぐらい、豪華な面々がさりげなく入っている。こんな豪華な面々が出るドラマの主役って…恐ろしくなるぐらい乗りに乗ってる洋ちゃんだが、嬉しい反面、ちょっと…という気持ちが少なからずあるのは…東京のドラマ出始める前からのファンだから仕方ないっか?
ま、それはドラマだからいいとして、「ベストフォーマリスト」ってやつを受賞したニュースを見たときはとりあえず爆笑しつつ、なんで?!って思った。そんなにフォーマルな格好してるってイメージ無いんですが…。こんなのを受賞するのは、やっぱり売れてきた証拠ってテンションを感じるが、う~ん…。

そんな感じで、洋ちゃんの売れてきたテンションを存分に感じるドラマだが、ドラマ自体は、これは面白そうだぞ!と二回分を見てワクワクしているので、ランダムで情報番組内でも放送される事に負けずにがんばりつつ、楽しんで見ようと思うのだった♪

| | コメント (0)

« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »