« 「BITTER SWEET MUSIC BIZ」DVD | トップページ | ホットな話題 »

「SWITCH」DVD

今日は、「SWITCH」の感想を。

「SWITCH」は、「夢のコント劇場」にも書いたように、夢に出てくるぐらい気になっていたDVDだ。ポルノのDVDは、ほぼ新しい順で見ていたんだけど、この「SWITCH」だけは後回しになっていたので、それも気になっていた理由の一つになっている。

「SWITCH」を後回しにしていたのは、ライブだけではなく、合間にメイキングが入り、ライブとメイキングが別々だったら良かったのに、ライブの途中にメイキングが入るから微妙…。と事前に聞いていたからだ。

それで、期待半分、不安半分で見てみたら、はじめに、サポートメンバー含め、一人一人の映像が出る。みんなかっこつけた感じなんだけど、ピストル持った昭仁の映像に度肝を抜かれた!
このライブの始まり方は、「稲妻サンダー99」がスイッチオン!というかけ声になって始まり、すごくかっこいい。観客が一緒になって叫ぶので、もしこのライブに行っていたら、叫んでいるうちに、ライブが始まるぞ~というテンションが上がってきていたと思う。

一緒に購入して、たまたま同時に見た「BITTER SWEET MUSIC BIZ」と同じ武道館で、「BITTER SWEET MUSIC BIZ」は2002年、「SWITCH」は2005年で、3年しか違わないんだけど、何だかもう全然違う。今のポルノって感じがする。

で、「Heart Beat」の途中でいきなりメイキング映像が入ってきたので、やっぱりか!と思った。「SWITCH」は長い間、色んな所にいったツアーらしいので、その各所のメイキングが入ってるんだけど、思ったより長い。すごく長い。ポルノのメイキングってすごく新鮮だし、それぞれのキャラが見えて嬉しいんだけど、やっぱりライブDVDの、ライブの合間に入れるものではないな~とは思う。2枚組みで、ライブとメイキングに分ければいいのに…。

ポルノのライブDVDで一番初めに見たのが、「横浜ロマンスポルノ'06」で、ほとんどのライブDVDを見た今でも、ライブDVDの作りとして「横浜ロマンスポルノ'06」が一番良いと思う。ライブをそのまま、MCもそのまま、その日のライブが全部詰まってる感じがする。ライブDVDはやっぱりかっこいい映像作品としてではなく、ライブを疑似体験出来る様なものを望んでいるので、そういった意味で、「横浜ロマンスポルノ'06」は理想的だ!
だから尚更、ライブの途中にメイキングが入る「SWITCH」は、ライブにのめり込もうとしても、突然メイキングが入るもんだから肩透かしくらっちゃって、どうもライブにのめり込めない。メイキングの分、ライブ楽曲が減っているのもすごく残念だ。ライブはライブ映像だけでいいのに…。

そんな余計な感じがするメイキングだけど、そんな事を言いつつやっぱり新鮮で嬉しい。晴一は、明るく皆でワイワイしているイメージ。昭仁は、長いツアーだからか、ノドとか体を休めたり鍛えたりしているイメージ。札幌での椅子遊びはすごく気になった(笑)
にしても、晴一のカメラ好きとか、カギを無くした所とか、某シゲを感じるのは私だけか…?

「DON'T CALL ME CRAZY」はやっぱりかっこよくて、ライブ栄えする曲だ。特にこの「SWITCH」では、「せめて他人と距離をとる」の所、昭仁の手つきがすごく気になる!
昨日の日記にも書いたけど、ライブDVDで見て好きになる曲は多い。「SWITCH」では「Free and Freedom」がめちゃめちゃきた!「Free and Freedom」は、「ジョバイロ」「DON'T CALL ME CRAZY」の両A面シングルのカップリングだし、「DON'T CALL ME CRAZY」が好きすぎるから、私の中では印象の薄い曲で、聞き流してた感じなんだけど、これ見て、えっ?と思った。こんないい曲だったっけ?と。歌詞も秀逸。「SWITCH」見てからというものの、「Free and Freedom」ブームがやってきて、外にいる間ずっとこればっか聞いてて、仕事している間もずっと「アウトロー気取りのアイツのハイヒールを~盗め♪」って流れてて、ハイヒールって事は女だよな?と思って、それもハイヒールはく女は結構大人だよな?と思って、大人の女がアウトロー気取りってどんなよ?と思って、そもそもアウトローってなんだよ?と思って、止まらなくなった(笑)

そんな「Free and Freedom」の後に、猫が良い味出してる「何度も」を挟んで、一番楽しみにしていた名曲「Twilght, トワイライト」になる。
「Twilght, トワイライト」は、聞いてくうちに徐々に好きになった曲の一つ。曲はもちろん、歌詞も物悲しくて好きだ。戦争をモチーフにってのは後で知ったんだけど、それを知ってからますます好きになった。ライブではその戦争のニュースが流れて始まり、おお!と思った。「Twilght, トワイライト」の世界が綺麗に表現されている。
「Twilght, トワイライト」は、最初~サビに入る前の部分が一番好きなんだけど、サビの「Twilght~トワイライト♪」の部分が長くて、このライブではアレンジされて尚更長い。ものすごく長い。でもそれがまたイイ!こういうの見せられると、3年も前だから仕方ないけど、このライブに行ってない事が悔しくなる。生で聞きたかった…。
メイキングでも、こうも各所のライブ模様を見せられると、どこもすごく楽しそうで、昭仁の体調が悪いとかもあって、色々あったんだなぁ~と思って、もう、このツアーに参加していない自分を責める!くそー!

ロマンスポルノ'08は、各ツアーの本編最後の曲をやっていったので、「We Love Us」はこれだったか~。CDを聞いているだけでは、「We Love Us」ってあまり印象に残らなくて、何のアルバムに入ってるっけ?と思うぐらいだったんだけど、ライブで聴くとこれ格別。今更だけど、ライブDVD一通り見てからロマンスポルノ'08行けばよかった…。
オナジミ!ジレンマでは、思わずおい!って突っ込んだ。途中からじゃないか!なんでやねーん。

ってな感じで、ライブDVDとしては微妙。でも、メイキングもたっぷりで、これはこれでお気に入りになった「SWITCH」DVD。もう残りが「Tour 08452」と「Porno Graffitti Visual Works OPENING LAP」になってしまったので、一緒に買った「BITTER SWEET MUSIC BIZ」と共に、大切に何度も見ようと思うのだった♪

|

« 「BITTER SWEET MUSIC BIZ」DVD | トップページ | ホットな話題 »

ポルノライブ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「BITTER SWEET MUSIC BIZ」DVD | トップページ | ホットな話題 »