« 1×8いこうよ!DVDについて | トップページ | ベストが聞きたい興奮状態が続いている »

「PURPLE'S」DVD 副音声

「PURPLE'S」DVD感想に引き続き、今回は「PURPLE'S」DVD副音声の感想を。ライブDVDに副音声がついてるなんて驚きで、しかも教えてもらうまで知らなかったんだけど、副音声の字幕まで出るのだ!だから、副音声を聞きながら字幕を追う事はもちろん、ライブの主音声に、副音声の字幕っていう事も出来て、楽しみが満載だ。

副音声って、やたらと面白い事が多いので大好きなんだけど、この「PURPLE'S」の副音声もすごく面白い。ポルノファン歴浅い身としては、NACS舞台音楽でオナジミのNAOTOさん以外のサポートメンバーまで把握しきれてなかったんだけど、この副音声聞いて、この副音声に参加している人たちは大体覚えられた。キャラとか、関係性とかわかるとすごく面白い。
ロマンスポルノ横浜で、初めてポルノ単独ライブを経験した時、ポルノファンじゃない友人と見に行ったら、その友人が「なんちゃん」って誰?って聞いてきた。多分、どこかから「なんちゃーん!」っていう歓声が聞こえてきたからだと思うんだけど、そんなの当時の私にわかるはずもなく、でも素直に「わからない」と答えるのが悔しかったので、NAOTOさんは知っていたし、ベースとドラムじゃない事は何となくわかったので、キーボードかパーカッション!とか適当な事答えたら全然違ってた(笑)
でも、さすがに声だけじゃ、昭仁と晴一以外は誰なのかわからなくて、だからその点、字幕機能がすごくありがたい。

ポルノの二人と、サポートメンバー五人で、総勢七人の副音声収録となっている。サポートメンバーは、「PURPLE'S」に参加した、ただすけ、nang-chang、ポンプ、もりお、NAOTOの五名。
副音声としては多いなーと思って、ポルノの二人の発言が減っちゃうんじゃ…と思ったりしたんだけど、これ、お酒を飲みながらだからワイワイという感じで、ポルノの発言が減るとか考える間もなく、とっても面白かった♪
意外だったのは、プロのミュージシャンでも、やっぱり緊張するものなんだと知って、プロって何度も経験があるから緊張しないものだと思ってたんだけど、人間だものというみつお的発見があって興味深い。
「PURPLE'S」は一曲目の「ミュージック・アワー」が真ん中のステージでやるから、当然観客はポルノがいる真ん中ステージを見るわけで、だからメインステージにいるサポートメンバーは気が楽だったらしい。で、これの前のツアーである「74ers」は、始まりが「ヴォイス」で、ウワー!と盛り上がる曲ではないから、すごく緊張したらしい。「74ers」は前のツアーだからよく副音声で比較されているけど、「PURPLE'S」と一緒に買って一緒に見たDVDだからよくわかってラッキー!「PURPLE'S」の副音声は、「74ers」を見てからの方が良いですよ♪とお勧めしとく。

もちろんだけど、同じ映像を見ながら副音声がついているので、観客席が映ると、それに対してのコメントがあったりする。観客が盛り上がっているの見ると嬉しいとか。で、みんな盛り上がっている中で、一人だけ盛り上がっていない人がいると気になるとの晴一の言葉に対して、NAOTOさんが感動しすぎると表情なくなるらしいと言ってたんだけど、これ本当にそうだと思う。止まっているからと言って、楽しんでないわけじゃない。感動しすぎたり、大好きすぎる曲の時などは、集中しているので、動きが止まる。手拍子とかすらしなくて、ピタと止まって、体全体で音を受け止めようとしているイメージ。そういう時は、動きが気になる人とか、マナーがなってない人とか、まわりの気になる観客の事など全く目に入らず、音と、ポルノしか頭になくて、すごく気持ちいい。多分、そういう精神状態が、最高に楽しめる状態なんだろうけど、そこに行き着く事は中々出来ないから、そういう精神状態になると、その日のライブはものすごく楽しくて満喫したものになる。もちろん、大好きな曲でも、うわーと盛り上がる曲は、飛び跳ねたりするけれど!

昭仁が「メリッサ」で、銀テープ出た時に真ん中にいるのに、みんな銀テープとる事に必死で、誰も自分の事を見てないって言ってたんだけど、これすごくわかる。ロマンスポルノの時は「ハネウマライダー」の時だったが、何でかあの銀テープが出てくると「取らなきゃ!」みたいな気持ちになって、銀テープ取るのに意識が行く。大好きなハネウマなのに、あれって本当に不思議だ。それで銀テープ取れるとすごく嬉しくて、夢中で振ったりする。

「PURPLE'S」DVDのアンコールは2曲で短いんだけど、その副音声は昭仁と晴一の二人になる。ポルノって二人で話しているのをあまり聞く機会が無いので、二人になるのはすごく嬉しい。それで、これも指摘されてから気づいたんだけど、ここで二人の声と字幕の名前が逆になる箇所があるので注目!
ラストの「ジレンマ」が終了した所で副音声は終わるんだけど、この副音声の終わり方がまた傑作だ。晴一は「ありがとう!」とちゃんとシメっぽい事を言っているのに、昭仁は映像で自分が飛んでいる姿を見て、「すげぇ、俺、飛行ポイントが高い」とか自画自賛して、そのコメントに晴一の突っ込みはなく、そのまま終わる(笑)
その自画自賛コメントの後にも副音声があると思っていたので、副音声が聞こえなくなって、え?まさか終わり?と驚いたのは、この副音声を聞いた人ほとんどの感想だろう。

ってなわけで、また長くなっちゃったけど、副音声でも楽しめる「PURPLE'S」DVDはとってもイイ!ので、また副音声やってくれないかなーと思うのだった♪

|

« 1×8いこうよ!DVDについて | トップページ | ベストが聞きたい興奮状態が続いている »

ポルノライブ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 1×8いこうよ!DVDについて | トップページ | ベストが聞きたい興奮状態が続いている »