« 横浜・淡路ロマンスポルノ’08 ~10イヤーズ ギフト~ 感想 | トップページ | N43°なのダッタ »

NACS新作お芝居ダー!

大興奮のポルノライブin淡路島から帰ってきたっけ、CUEから会報届いてて、開いたら「下荒井兄弟のスプリング、ハズ、カム。」というチラシが目に飛び込んできた。下荒井?ハテ?オクラのコントか何かかな?と思ったら、次の瞬間に、「TEAM NACS 第13回公演」という言葉が目に飛び込んできて、おお!と同時に、あれ?~Rじゃねぇ!とビックリした。そしたら、また次の瞬間に、「脚本・演出:大泉洋」と書いてたもんだから、「うへぇ~!!!」と変な叫びが出た!

そう!NACSの2009年新作本公演は、作・演出がナント!ご存知・大泉洋なのである!!

これ、全国、全世界のNACSファンも「うへぇ~!!!」的な事を言っちゃったんじゃないだろうか。マサカ、モリじゃないなんて!しかも洋ちゃんがなんて!予想外です、SoftBank以上に予想外です!

NACS本公演と言えば、「FOUR」と「ミハル」以外は全部モリが作・演出してて、前回の「HONOR」は好きすぎて、サスガ!付いていくっす、リーダー付いていくっす、先輩は風っす、自分は岩っす!みたいな、そんな感じになっていたから、次回のモリの脚本はどんなのだろう?とワクワクしていたものだ。モリ作・演出じゃないなんて、少しも考えてなかった。そしたら!ナントもサプライズ!…いいや、全く持ってがっかりではない。がっかりなどしていない!これだけは言っておこう。

洋ちゃんのNACS公演脚本と言えば、もちろんFOURでの「ナックスハリケーン」があり、ナックスハリケーンは舞台の枠を飛び越えて、今やジャンボリーのメインになる活躍ぶりになっているんだけど、元ネタの舞台はコントでございますが何か問題でも?みたいな作品だから、ナックスハリケーンは基準にしちゃいけない気がしている。
内容は面白いに決まっているから、その辺は心配していないんだけど、やっぱり心配するのは、書けるのか?!というか、間に合うのか?!といったもので、主にドラバラから見る傾向からすると、その心配はもちろん、当然のもの。会報にある洋ちゃんのコメントにもそんなニュアンスが感じ取られ、「やっぱり!」と思うが、まぁ、2006年ジャンボリーの作・演出も洋ちゃんが担当しているし、あれすごく好きだったから、期待感が膨らむ。

で、内容は、下荒井さんという兄弟がおりまして、春よ来い!と言っている…とは単純な発想で微笑ましい限りだが、どうも映画の「間宮兄弟」が思い浮かんでしまい、ダメダメな兄弟が彼女を作ろうとがんばってドタバタ…みたいな、そんなのを想像してしまう。が!きっと予想を裏切ってくれ、基準にしちゃ行けないと言いつつ、ハリケーンみたいな伝説が生まれる!かもしれない!

ってなわけで、最近、驚く事が多くて、軽くパニック状態なんだけど、その分楽しみも凄く沢山増えて、嬉しくて目まいがしそうだ。そう言えば、琢ちゃん結婚情報にも「うへぇ~!!!」となった。あれは、ロマンスポルノ淡路の一日目が終了し、興奮そのままに電車に乗っていた時だった。届いた一通のメール!そこに結婚との情報が!その瞬間、「うへぇ~!!!」と叫んでいた。私はその時一人で、まわりはポルノファンだらけな状況だったんだけど、すごい見られた(笑)でもそんな情報見せられて、叫び声一つ上げない程情熱を捨ててはいない!いやー!おめでとうございます!!
そして、この新作サプライズもその一つだから、スプリング、ハズ、カム!と、新作公演が始まる春(東京は晩冬だが…)を下荒井兄弟じゃなくても言ってみたくなるのだった♪

|

« 横浜・淡路ロマンスポルノ’08 ~10イヤーズ ギフト~ 感想 | トップページ | N43°なのダッタ »

NACS芝居」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 横浜・淡路ロマンスポルノ’08 ~10イヤーズ ギフト~ 感想 | トップページ | N43°なのダッタ »